FC2ブログ

「昭和歌謡大全集」 平成の文学と映像を令和に見る

Amazon Prime で見つけた昭和歌謡大全集。その内容は、題名とは想像できない、ブラックでシュールで、鮮烈なものでした。そして、同世代のアイドルたちのその時点の姿が見られるのも、一つの楽しみでもあります。2003年、村上龍原作、篠原哲雄監督の映画です。

あらすじ
調布に住む6人の若者グループは、定期的にカラオケ・パーティーを開く仲間。ある日、警戒心が強くいつもナイフを持ち歩いていたスギオカが、道ですれ違った主婦、ヤナギモトミドリを殺してしまう。彼女はメンバー全員がバツイチでミドリという名の「ミドリ会」の会員。メンバーは、死んだヤナギモトを弔うために復讐することを誓う…。



夜に防波堤に立ち、コスプレでカラオケにふける若者グループ。そんなグループの一人であるスギオカ(安藤政信)が、町ですれ違ったオバサンのヤナギモトミドリ(内田春菊)をナイフで喉をかき切って殺害します。ヤナギモトはオバサンたちのグループである、ミドリ会に所属。それは、ミドリという共通の名前を持つバツイチのグループでした。オバサングループは復讐を誓い、犯人を探索し、スギオカのことを突き止めます。そして、グループの一人のイワタミドリ(鈴木砂羽)がダスキンの棒の先につけたナイフでスギオカの喉を一突きし、殺害しました。

スギオカが殺された場所の近くの寮に住む、奇妙な女子短大生(市川実和子)は、双方のグループに目撃情報を与えます。その情報によりミドリ会のことを知った若者たちは、トカレフを手に入れると、若い男にオバサン扱いされて悲しんでいるイワタを、若者仲間のヤノ(斉藤陽一郎)が、トカレフで頭を撃ち抜きました。ミドリ会の残った4人は、リーダー格のスズキミドリ(樋口可南子)の知り合いの坂口という男から、米軍が残していったというバズーカを貰いうけます。そして、堤防でカラオケを楽しむ若者たちをバズーカで直撃。生き残った二人のうち、ノブエ(池内博之)はヘンミミドリ(岸本加世子)に刺し殺され、イシハラ(松田龍平)だけが残りました。

イシハラは精神に異常をきたし入院しましたが、やがて回復し、以前にトカレフを買った金物店へ行って、原爆が欲しいと頼みます。金物店の主人(原田芳雄)は、イシハラに核爆弾の作り方を教え、イシハラはそれを製造。出来上がった爆弾を持って、撮影と称してヘリコプターに乗り込み、オバサンたちの暮らす調布上空へ。イシハラはヘリから核兵器を落とすと、調布上空で核爆発が発生。イシハラはヘリの操縦士を撃ち、さらに自分も撃とうとしましたが、弾は一発しかくれなかったんだよなとつぶやき、空を滑空するヘリの中で目を閉じるのでした…。

昭和歌謡大全集

村上龍の、象徴的な文芸作品の映画化です。昭和歌謡大全集という題名から、中身は全く想像できないものですが、平成に映画化された昭和歌謡を令和の時代に映画で見るというのも、それぞれの時代を過ごしてきた者としては、なかなか感慨深いものがあります。そういう繋がりで、それぞれの時代を振り返ることにもなるのですが、この映画の作られた平成という時代には、こういったゲーム化した殺人が、いろいろ小説にも描かれる一方で、現実の事件も一種異様なものが出現していたようにも思います。そういった意味で、この時代ならではの暴力性の表現とも見られなくもないでしょう。

原作の意図した象徴的な内容は、そのままストレートに持ってこられていると思いますが、やはりこの映画には、映像の強い日常感と、この殺人劇の対比に面白さがあるのだと思います。そのあたりはうまく表現できていると思いました。ただ、こういった小説は、読んで頭で映像を構築して、それぞれ個人が消化していくもの。映像化に関しては、それを消化し、そこから何を意図するかということだと思いますが、そのあたりは明確には解りませんでした。

オバサン役の俳優陣が豪華というか、往年の…という表現が当てはまりそうな女優さんもちらほら…。岸本加世子、樋口可南子、鈴木砂羽、細川ふみえ、森尾由美、内田春菊と、こういう風に集まるとそれぞれの時代と個性を感じます。松田龍平の雰囲気は松田優作とも被るような気がしました。いろいろと壊れた人の多い映画で、独特の雰囲気があり、見どころの多い映画ではあると思います。

2019.6.20 HCMC自宅にてAmazon Primeよりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR