FC2ブログ

「嗤う分身」 ドストエフスキー × レトロな近未来画像

ドストエフスキーの「二重人格」を原作としたサスペンスということで、どんなものが飛び出してくるのかと興味津々で鑑賞しました。つまり、ロシア文学のプロットと近代的な映像という組み合わせがどんな感じになるものかという事で、結構自分にとって刺激的なのです。2013年のイギリス映画になります。

あらすじ
厳しい管理社会で会社勤めをしている、気弱で目立たない男のサイモンは、コピー係のハナを想い、日々望遠鏡でハナの部屋を覗く毎日だった。ところが、ある日ハナの部屋の上階からの飛び降り自殺を目撃、その日からサイモンと全く瓜二つのジェームズが出現。社交的で何につけても要領良いジェームズは次第にサイモンの存在すら奪っていく…。



サイモン・ジェームズ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、弱気で目立たない男でした。2人しか乗っていない電車内で席を譲らされ、荷物の搬入に邪魔されて電車からなかなか降りられず、結局出勤にも支障が出る始末。サイモンの住む世界は厳しい管理社会になっており、会社は「大佐」に支配され、従業員は個性のないコマとして扱われています。コピー係のハナ(ミア・ワシコウスカ)に思いを寄せており、毎日窓から望遠鏡でハナの部屋を見るのが日課でした。ある晩、ハナの部屋の上階から男が飛び降りるのを目撃します。警察の聴取に立ち会った彼は、もう少し位置がずれていたらネットに引っかかって助かったのだがと知らされました。その男は、ハナに付きまとっていたようで、前の晩ハナが目的を問い詰めたところ自殺してしまったという事でした。

その事件の後、会社期待の新人として入社してきたジェームズ・サイモン(ジェシー・アイゼンバーグ:2役)は、背格好も服装もサイモンの全くのコピーでした。周囲の同僚はそれを全く気に留めない様子ですが、サイモンは一時激しく動揺します、ジェームズはサイモンのコピーながらも、正反対の性格。要領がよく社交的で、押しも強く、瞬く間に会社になじんでいきます。サイモンは当初ジェームズの助けを借りながら、なんとかハナとの関係を進展させようとしていましたが、やがてジェームズに仕事の功績もハナもすべて奪われてしまい、ついには自身の存在が会社のデータから消えてなくなってしまいました。

会社から出されて家に帰ると、母の訃報が届いていました。慌てて葬儀の場に駆け付けたサイモンは、そこにジェームズがいるのを見つけます。葬儀の場にまで自分に成りすましているジェームズに切れたサイモンは、ジェームズに殴りかかります。ところが、殴った効果が自分に帰ってくることから、ジェームズも自分の一部だと悟りました。サイモンは家に帰ると、すでに寝ていたジェームズを固定。ジェームズを消すため、先の自殺者の飛び降りた位置から、微妙にずらせて自殺を敢行。ネットにかかり怪我を追いましたが一命をとりとめたジェームズは、病院に運ばれます。気が付くとベットの脇に大佐とハナがいました。サイモンは大佐に君は特別な人だと言われるのでした。

嗤う分身

この映画は、好きです。好きだなぁと思う映画は時々現れますが、いろいろと回想するにつけだんだん良く思えてきて、大好きな部類に入っていく。そんな映画の一つでした。まず雰囲気が素晴らしい。レトロかつ近未来的な映像風景でまず心が反応します。雰囲気は、1984年のようなディストピア。そして、ジェシー・アイゼンバーグの妙にハマった名演技。ミア・ワシコウスカの微妙な雰囲気も素晴らしい。見るのはイノセント・ガーデン以来ですが、なかなかいい雰囲気の女優さんです。そして、なによりストーリー展開がなかなか凝っていると思いました。

ストーリーを見て再構築すると、たぶんこの会社の中で、元々サイモンとジェームズが交互に出現していたものと思われます。周りから見たジェームズへの無関心や、奇妙な態度をとる守衛の行動、意外と進んで行くハナとの関係など、微妙な動きから見て取れます。しかし、サイモンの立場から見た映像のみで構成される前半部からは、見ている方はそれと判りません。それがある時からジェームズが分離し、サイモンの目にジェームズとして見えるようになってしまう。そんな状況で悲喜劇が展開していきます。

その仕掛けをオブラートに包むためにも、管理社会の一種異様な情景が一役買っているようです。こういう社会の雰囲気なので、見ている方は仕掛けに気づきづらい。うまく隠されていきます。最後に皆同じ人間という、一般大衆向けのプロパガンダから、そこから抜け出し特別な人になることでこの映画は幕を閉じる。ドストエフスキーの原作も、プロットを拝借した以上に、そういった階級社会へのアイロニーもしっかり取り入れて完結させました。映像や雰囲気にプラスして、いろいろな仕掛けやそれをうまく見せていることなど、いろいろと細かく充実していて、見た後まで楽しめる大変楽しい作品でした。

2019.6.1 HCMC自宅にて、Amazon Primeからのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR