FC2ブログ

「ライフ・イズ・ミラクル」 戦時下の美しいラブロマンス

昔買ったDVDを開封するシリーズ。今日取り出したのは、「ライフ・イズ・ミラクル」。2004年のフランス制作ですが、実質は旧ユーゴスラビア地域の紛争に題材をとった作品です。ユーゴスラビアの解体と紛争は泥沼化し、激しい戦闘が続きましたが、そんな中での一コマという設定。カンヌはじめ、いくつかの賞を受賞しています。

あらすじ
1992年、内戦勃発直後のボスニア。セルビアとの国境に近い村に家族と共にやってきた鉄道技師のルカ(スラヴコ・スティマチ)は、のんびりしたここでの暮らしを満喫していた。しかしそんな彼にも、内戦と無縁ではいられなくなる日が来る。最愛の息子ミロシュ(ヴク・コスティッチ)は兵隊に取られ、都会の生活が忘れられないオペラ歌手の妻ヤドランカ(ヴェスナ・トリヴァリッチ)はハンガリー人のミュージシャンと駈け落ち。さらに、前線に派遣された息子は敵側の捕虜になってしまう。そんな中でルカは、息子の捕虜交換要員として捕らえられたムスリム女性のサバーハ(ナターシャ・ソラック)を、家で人質として預かることになる。奇妙な同居生活を送るうち、彼女とルカの間にはいつしか愛が芽生えていく。だが二人の夢のような幸福の時は長く続かなかった…



あらすじは、途中まで上記の通りで、戦争前夜とは思えない、明るい山中の小さな村の生活が描かれています。自慢の息子ミロシュは、サッカー選手としてプロリーグに招聘されるところまで行きますが、ここで招集、そして開戦の報が入ると捕虜になったという一報が。そして、ルカの勤務する山中の駅でも、砲撃が止まない毎日です。そこに連れてこられたサバーハは、名士の娘ということで捕虜交換要員となると思われて確保されたのですが、それは大きな誤解で普通の女性だったことが判明。ルカとサバーハの間は愛憎が絡み合う複雑な関係が続きますが、やがて愛し合う間柄に。

戦時下のことですし、ましてや補給路である鉄道を維持管理している訳ですからいろんな事件が起こりますが、それらを超えて二人が愛を確かめ合ったところのラブシーンは最高です。キスをしながら野に出て枯野を転げまわる2人。数あるラブシーンの中でも素晴らしいシーンだと思いました。

その後の捕虜交換は、最愛の彼女を敵方に渡し、捕虜になった息子を受け取るというシーン。これは相当な葛藤というか、映画でも文章でも描き切れないような、戦争映画の中でも、かなりシビアな心情を現したシーンだと思います。比較的淡々と描かれていますが、これで希望を失ったルカは自殺を図ろうとし、そこでミラクルとなる訳です。筋を追えばこんな感じですが、それ以上にたくさんのエピソードが入り、とうてい語りつくせないような映画になっています。

ライフイズミラクル

この映画のいいところは、内戦の悲惨な状況が周りにあり、それは言葉だけで語られますが、実際登場人物の周りで起こっていることは、ほのぼのしてとても明るい事。希望を失わない映画になっている事です。サバーハも連れてこられる時に同僚の看護婦は殺されているようですが、話として少しだけ語られています。でも、この戦火の中で彼らは生きていく。普段と同じ山中の生活を試みている。それをこの映画はとても明るく描いています。

物語の進行で、重要な役割を果たしているのは一つは、ロバです。恋煩いをして自殺願望があり、線路の上にくると頑として動かないロバとして語られます。物語の当初はまだ開通前ですので、列車は来ませんが、折々の節目に登場し、ラストでは彼がミラクルを起こしてくれます。立派な狂言回し役です。
もう一人は、郵便配達です。彼は町と村を行き来しており、いろいろな情報を先取りしてルカに伝えてくれます。それによって彼は行動を考えて準備していきます。

クリストリッツァ監督の映画は初めてで、「アンダーグラウンド」も未見なので、多くを語ると失敗しそうですが、このボスニア紛争を描いた映画としては、「ノー・マンズ・ランド」は見ました。あれもまた強烈なメッセージを持った映画でした。キリスト教、ギリシャ正教、イスラム教の信者と民族が入り混じって暮らすこの地域ですが、それぞれが土地を追われ殺し合いという悲劇が長く続いたのはつい昨日のことです。それをラブ・ロマンスという形で、美しいボスニアの自然と共に、明るく希望をもって描かれた映画。いつまでも記憶に残しておきたい素晴らしい映画だと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR