FC2ブログ

「シミュレーション」 アバンギャルドなイラン映画を鑑賞

ネット配信のみのイラン映画。ちょっと半信半疑で見ていましたが、結局最後まで見きってしまいました。途中でやめると不安になるような映画です。しかし、結構気に障るようなところがあるのと、字幕がグジャグジャなので、おすすめはしません。2017年イラン製作で、Abed Abestの初監督ということです。

あらすじ
すべてが緑色の小道具と間仕切りのドアのみがならぶ舞台で行なわれる会話劇。警察に連行された4人の証言はすれ違っているが、事実はどうだったのか…。



冒頭は、緑色の幕を背景に、静かな登場人物紹介でスタート。そして、紹介されなかった3人の男、アベド(Abed Abest)、ヴァヒド(Vahid Rad)、アリス(Majid Yousefi) が車に乗り込みます。そして、場面が変り警察署に3人とエスィー(Daniyal Khojasteh)が連行されてきます。裏庭での事情聴取を行っているうちに、3人はエスィーの家で楽しく酒を飲んでいたと証言するものの、突如エスィーが、3人が押し入り盗みを働こうとしたので喧嘩になったと主張。長引くので家族に連絡を取るアベド。しかし、取り調べは乱闘になる中で、警察の一人が負傷し、救急車を呼び、アベドからの連絡で現れた家族の車の中で寝ていた娘が起きだしてきて、救急車にはねられるという事態が起こってしまいました。

場面は変わって、エスィーの家に入ろうとする3人。中に入った3人は、今来客として税関が来ているよいうことで、倉庫の中で3人は1時間待たされます、知り合いということで3人は押しかけていますが、少しすれ違った程度の様です。やがて3人は部屋に迎え入れられ、他愛もないが、お互いに作り笑いをしながらのピリピリした話が酒と共に進みます。その中で、エスィーがイラクとの戦争中に海外に住んでいたことを話し、国を出た原因は警察に拘束された時に家族が警察が来て救急車に娘がはねられたという、冒頭に起こった現象と同じ話をします。その後、酒を飲みながら音楽をかけて騒ぐ4人でしたが、音楽がうるさいので止めようとした男が、ナイフで配線を切断しようとしたため、喧嘩騒ぎになり警察に踏み込まれました。

場面は変わって3人は車の中で、エスィーの家に行こうとしています。アベドがエスィーに連絡をとり、3人は困るというエスィーに対し、一人で行くと安心させるアベド。とにかく門の前まで3人で行って入り込もうという作戦です。途中で家に寄るアベドは父と妻と娘に会い、水を飲みたいというアリスの為に水を持ってきます。そして、一緒に行きたいという娘を振り切り、3人は車に乗り込みました。

シミュレーション

というお話で、前衛的な舞台のように、緑色の小道具のみ。あと、CGの装飾も入っています。音楽は少なめですが、クラブミュージックのような、アヴァンギャルドな感じです。それで時系列を遡りながら、会話中心の劇が進みます。この映画というか、配信の欠点は、日本語訳がかなり酷いこと。なんとか意味を類推しながら見ていかないといけません。翻訳ソフトでそのまま訳したみたいな感じがします。

実際、3人がなぜエシィーの家を訪ねたのか、その目的がはっきり判りませんでした。単なる一夜の遊びなのか、何か盗むとか貰うとか目的があったのか?ただ、出てくる会話は、笑顔を見せながら、半ば無礼に怒りながら延々と続き、緊張感がありますが、どうも神経に触るような感じで、見ているとかなり居心地が悪くなりました。そんな感じなので、途中で放棄する訳にもいかず、最後まで見てしまったという訳です。そのあたりがこの映画のポイントなのでしょうか。ストーリー自体は悲劇の原因を探っていくようなもの。それは、つまらない原因によって起こった悲劇の無常観が出ていますが、そのストーリーだけがこの映画のテーマでも無いように思います。

この映画は、いくつかの映画界に出品され、コンペティションでは、トランシルヴァニア国際映画祭で作品賞のノミネートまで行っています。ベルリン、トロント、サンダンスなど多数の映画祭に出品されていますが、これはコンペティション外も含まれます。確かに、映画祭向きではあります。トリアーのドッグヴィルは床に書かれた区分けだけで演じられていましたが、これはドアと必要な家財道具だけで、壁はありません。その上すべて緑色という舞台です。ここまでのアヴァンギャルドが普通に作られているイラン映画の層の厚さを感じました。さすが映画に伝統のある国だと思いました。

2019.5.17 HCMC自宅にてAmazon Prime からのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR