FC2ブログ

「雨月物語」 幻想的な世界観を持つ日本映画の名品

いろいろな世界のベスト選出で常連の日本映画。もちろん、東京物語や羅生門もありますが、今日はこれです。今まで見ていませんでした。溝口健二監督の映画も、あまり多くを見ていません。そういった意味でも、これで世界に入っていこうという寸法です。1953年の大映の作品になります。

あらすじ
戦国時代の湖北。焼物で一儲けを図る源十郎と、侍になって出世したい義弟の藤兵衛は、それぞれの妻の制止を振り切り、大溝城下へと出かていく。藤兵衛は手柄を立て、源十郎の焼物も売れるが、源十郎は若狭という姫君に惹かれ、二人とも大切なものを失っていく…。



羽柴と柴田の軍勢がせめぎ合う頃の湖北の村。源十郎(森雅之)は、畑の世話をしながら焼物を作って町で売っていました。羽柴の軍勢のものとなった長浜が賑わっているとを知った源十郎は、侍になりたいという義弟の藤兵衛(小沢栄)とともに、焼物を載せた車を引いて長浜へ向かい、大金を得て帰ってきます。一方、藤兵衛は仕官しようとしますが、具足と槍を持って来てからだとあしらわれていました。源十郎は更に次の焼物を焼き、村を襲う柴田の軍勢もなんとかやり過ごして、今度はできた焼物をもって、家族と藤兵衛とその妻も連れて、琵琶湖対岸の丹羽氏の城下・大溝へ向かいます。途中海賊出没の噂を聞き、妻の宮木(田中絹代)と息子を帰して、3人で大溝に着きました。

大溝でも焼物はどんどん売れ、分け前を手に入れた藤兵衛は、妻の阿浜(水戸光子)を振り切って具足と槍を買い、軍勢に入り込みます。しかし、藤兵衛を探し疲れた阿浜は、兵の集団に強姦されてしまいました。源十郎は市に現れた高貴な女性に焼物を届けるように頼まれ、届けに上がると、若狭(京マチ子)と名乗る姫君から座敷へ上げられ、そのまま屋敷に居ついてしまいます。そのころ、帰路を急ぐ宮木と息子は落武者に襲われ、宮木は殺されてしまいました。藤兵衛は敵将の首をうまく拾って手柄とし、家来も授かって凱旋しようとする途中で寄った宿で、遊女に身を堕とした阿浜に出会い、必死で許しを乞いました。源十郎は屋敷を出て町に寄った帰り道、神官から死相を告げられ、体中に呪文を書いてもらいます。そして、屋敷に戻り暇乞いをする源十郎を、若狭は引きとめようとしますが、呪文のために体に触れることができず、屋敷も消えてなくなってしまいました。

源十郎は、金も侍に奪われて無一文になると湖北の家に帰りましたが、家々は荒れはてていました。源十郎は囲炉裏で飯の用意をする妻の宮木や息子と久しぶりの団欒を過ごしましたが、翌朝になると宮木の姿が見えません。やってきた村人から宮木は途中で殺されたと知らされると、自らの過ちを悟り、やがて帰ってきた藤兵衛と阿浜とともに、農業や焼物づくりに専念。仕事場の横には宮木の墓があり、宮木はいつまでも源十郎に語り掛け、源十郎と息子を見守っているのでした。

雨月物語

力作だと思いました。そして、田中絹江がいいですね。亡霊になって出てくるラストの場面は感動的でした。また、最後に3人が忙しく働く仕事場の横に墓があるという構図は、普通は墓はそのような所にはないもの。この一体となって生活している感じが不思議でもあり、亡霊と共に生活している世界観になっています。これも家族の一つの形でしょうか。この映画は力作だけに、内容はいろいろ詰め込み過ぎた印象で、少々目まぐるしくも感じます。もう少しスムーズに流れていけば、そうまで感じなかったかもしれません。

その中で、いろいろ興味深い場面も多い映画だと思いました。最近見た、ゴダールのイメージの本にでてくる映像は、阿浜が襲われる場面だったのですね。正直に言いますと、京マチ子ってきつい感じがして、あまり好きなタイプではないのですが、この映画の源十郎によりかかるような凄惨さは凄いと思います。日本的な怪奇譚らしさがでています。また、落武者や、戦国武将に対する容赦のない描き方が鮮烈で、この映画の基調になっていると思います。村を襲う柴田の軍勢、船の上で息絶える船頭、阿浜を襲う集団、切腹して果てる大将、宮木を刺してしまう落武者。どれもこれも、非情なリアルさを持っています。この執拗さの上に立って、幽玄な怪奇譚がある、独特の作品世界を作っています。

筋を追えば、普通の戦国時代の話にも見えてしまいますが、そのような独特な幻想譚として、構成を見てみると、戦国時代の異常な日常と隣り合わせにある、妖しくも美しい世界が湧き上がって来るようです。いろいろとベスト100とかに登場する映画ですが、これは、日本でしか作りえない映画であり、日本が世界に誇る作品の一つでもあると思います。

2019.4.28 HCMC自宅にて、パソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR