FC2ブログ

「時計じかけのオレンジ」 未見にも係らず思い出の多い映画

勿論、この映画は超有名な映画で、学生時代から耳のタコができるくらい、人から話を聞き、本などでもその紹介を読んできた映画の一つです。だから、面白いことは間違いないと思うのですが、未だ見ていませんでした。ということで、そんなもやもやを解消すべく鑑賞です。言わずもがなですが、1971年スタンリー・キューブリックの手になる作品です。

あらすじ
アレックスは、ロンドンの夜を支配する少年ギャング団の一人として3人の仲間を率い、暴力の限りを尽くしていた。そんな彼も、ある時仲間の裏切りから逮捕されてしまい、自由を得るため更生の実験台を願い出る。無事世間に出ることができたアレックスだが、処置の影響が彼の体に変調を起こしていく…。



近未来のロンドン。治安状態は悪化し、道徳も退廃していました。夜の街は少年ギャングが跋扈。その一人であるアレックス(マルコム・マクドウェル)は、3人の手下を従え、毎夜ミルクバーでドラッグ入りミルクをやった後、町に繰り出します。その夜は手始めに、酔いつぶれている老浮浪者に殴る蹴るの暴行を加え、荒れはてたカジノの舞台では、別のグループと大乱闘。そして、郊外の邸宅にやって来ると、その家の主人の作家(パトリック・マギー)を縛り、目の前で奥さんを凌辱。こうした一晩を過ごした後、アレックスは好きなベートーベンの第九を聴きながら眠りにつくのでした。

ある日、ささいなことから手下の反抗にあい、それでも強引にわからせて金持ちの家に押し入ったものの、肝心なところで裏切りにあって、アレックス1人逮捕されます。アレックスは、刑務所では牧師に取り入り、聖書を読む模範囚となって過ごしていました。その頃、政府は凶悪な犯罪者の人格を人工的に矯正する治療法を開発していて、その噂を知ったアレックスは自ら志願。その実験の第一号となります。それは特殊な薬品を注射した上で、暴力的な映像を見せ続け、生理的に暴力やセックスに耐えられないように矯正するものでした。その結果、アレックスは暴力とセックスに吐き気を催すようになり、おまけに動画に使われていた第九にも反応するようになってしまいました。

無害な人間になって家に帰ると、彼の部屋は辛辣な下宿人に占領され、仕方なく家を出ます。町に出るとアレックスは、かつて暴行を働いた浮浪者たちに袋叩き似合い、その後今は警官となっているかつての手下にも暴行されました。なんとかたどり着いたのは、これもかつて押し入った作家の家。その事件後彼の妻は自殺、自分も半身不随となってしまっていました。作家は自分の属している反政府運動の道具にのアレックスを使おうと、活動家を呼びます。そして、アレックスに第九を聞かせると、アレックスは拒絶反応でたまらず窓から飛びおり重傷を負います。作家の狙いは、アレックスの自殺と非人道的矯正への糾弾による現政府の失脚でした。アレックスは一命を取りとめ、内務大臣(アンソニー・シャープ)は、アレックスを元どおりの人間に戻すこと発表し、やがてアレックスは、ベートーベンの第九に再び歓喜するのでした。

時計じかけのオレンジ

自分的には、今更見ているのが気恥ずかしい映画の一つです。中高生時代にこの映画の信奉者がいて、サントラまで買い求めいつも聞いている人がいました。彼は、アレックスが劇中で使う小型テープレコーダーも買い求め、それで音楽を聴くという徹底ぶり。そんな影響もあって、この映画に出てくる音楽は当時すべて覚えました。これはシャイニングも同様ですが、あちらの方はなかなか覚えづらい…。そういう訳で、何となく懐かしい思い出もある映画なのですが、なぜか見るのは初めてです。いろいろと聞かされていたので、見たつもりの気分ということかもしれません。

で結果としては、大変面白かったです。最初からこの映画の世界に引き込まれていきます。さすがキューブリック監督という感じでした。映像や音楽がとても凝っていて旨いと思います。金持ちの女をペニス型の置物で殴る場面の突然のアニメーション。ぶっ飛ぶぐらい強烈でした。そんな感じなので、ある程度デフォルメされ、エロは若干ありますが、暴力物のわりに、強烈なグロはありません。あえて言えば、瞬きできないようにして、執拗に目薬を差すところはちょっとグロい…。

前半は、町中で暴力をふるう側で、後半はリベンジされる側に回っています。自宅の部屋に居座っている下宿人がなかなか辛辣です。最終的には、それもこれも政治利用されるという寓話となってこの物語は終わるのですが、すっかりマインドコントロールから解放されたアレックスは、再び社会に出てどういう行動をとるのだろうか?というところでこの映画は終わり。イギリス版の原作の方では、もう1章後日談があるようです。しかし、それもこれも、キューブリックの映像やアイデアにまいりました、という感じでこの映画を堪能しました。

2019.4.27 HCMC自宅にて、Amazon Prime よりパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR