FC2ブログ

「幸福の罪」 人間の罪を重層的に暴き出していく重い映画

チェコの映画は、かなり久しぶりです。というか、見たのは1本だけ。前回は「乙女の汚れた裸」という何かよく解らない映画だったので、今回は再挑戦です。さて、どうなんでしょうか。2011年製作の映画で、いくつかの賞も受賞しています。

あらすじ
信頼のあるリハビリ医トマシュは、少女への性的虐待容疑で拘束される。この捜査を担当したのは刑事ラダは、トマシュの幼馴染で、妻のミラダの別れた元夫であった。トマシュが拘置所にいる間、彼女はラダを私怨による逮捕だと非難するが…。



リハビリ医のトマシュ(オンドジェイ・ヴェトヒー)は、妻のミラダ(Zita Morávková)と、妻と前夫の間にできた障害をもった息子、娘、そして妻の父と妹リダ(アナ・ガイスレロヴァ)という家族の中で生活していました。家族は医者の家系のようですが、リダは歯科大学を中退し、病院や老人ホームを回ってボランティアで見世物をやっていました。障害を持った息子は、元夫のラダ(ヒネク・チェルマーク)も共同で施設への送り迎えや世話をしていました。彼は刑事で、トマシュとも幼馴染です。しかし、妻も子供もトマシュに取られてしまっているのでした。それでもラダは、トマシュの家族とも良好な関係を築いていました。

ある日、患者の14歳のオリンカ(アナ・リンハルトヴァ)が、退院を嫌がり病院に残りたいといい始めます。同僚の話から、オリンカは文才があるようで、トマシュの家に届いていた謎の卑猥なメールはオリンカが送っていたものと解ります。オリンカは、トマシュを好きになってしまい、迷惑行為に至ったようです。トマシュはオリンカを言い聞かせ退院させますが、オリンカの性的虐待を受けたという告発により、トマシュは警察に拘束されます。その捜査にあたっていたのがラダ。ミラダはこの拘束は、ラダの逆恨みだと考え抗議しますが、ラダはすべて公平に扱い、オリンカが処女であったこともわかり、釈放されました。

その釈放の日、トマシュとミラダが再会を喜び合う中で、妹のリダが堰を切ったように騒ぎ始めます。そして数日後、湖畔のコテージで落ち合うトマシュとリダ。2人の関係はリダが14歳の時から続いていたようです。一緒になれないまま姉と一緒に生活し、トマシュとの関係を続けてきたリダは、セックスの後で、今回のオリンカとの関係の真実を問いただしますが、トマシュは相手にしません。激しい喧嘩の後でトマシュは一人で帰り、残されて下着姿で一人湖に入るリダ。そしてリダは水死体となって発見され、リダの体に残された性交や格闘の痕跡から、他殺と判断されトマシュは再び逮捕されることになるのでした。

そしてオリンカはより大人っぽくなり、刑務所にいるトマシュへの想いを手紙にしていました…。

幸福の罪

思い返すにつけ、重い題材の映画でした。前半は、夫が未成年者への猥褻行為で捕まってしまい、それを捜査するのは別れた元夫。しかも、別れた夫との間に設けた障害を持った男の子を、お互いに介護する関係。未成年者への猥褻行為については、少女の虚偽の告発による冤罪とわかり、一瞬の解決が見られますが、問題はここから。夫と妻の妹には、夫婦が付き合い始めた時から続く不倫関係があり、それは妹に強いコンプレックスを植え付け、その後の彼女の人生も変えてしまっていました。妻のいる家で妻には触れず、隠れて用を足すように妹とセックスする夫。そして、大いなる破局に向かい、もはや夫は何も抗弁することも信頼も無い…。

最後の方で、妹と夫の不倫関係を見ているうちは、この男は危険な状況の中で、上手くやっているな…。というイメージさえ湧いてくるのですが、それをすべて葬り去ってしまう、強力な破局が待っていました。こうまで見せられると、不倫とかという在りがちな言葉を超えて男女の関係や人間の生き方に対する、抵抗し難い無力感を感じ、いかに社会がリスクに対応していろいろな戒律を作っているかということを考えてしまいます。原題のチェコ語Nevinnostを英訳するとイノセンス。つまり無罪、無垢ということです。確かに男は刑事上無罪に見えますが、それ以上の遥かに重い罪を負ってしまいました。

この映画は、ほとんど明るい色を感じません。妹の扮する道化の鼻の色が一番鮮やか。全体的に暗い色調なのは、東欧の映画ならではと思っていたのですが、ストーリー自体が重層的に暗いのです。そして、生活感満載の登場人物。例えば「万引き家族」とか、暗い生活感が良く出ていますが、あのような作られたものではなく、普通の生活を送っている中での、それぞれの登場人物の持つコンプレックスや置かれた現状がどうしようもない生活感としてのしかかってきます。ここまで描き切って、何とも言えない虚脱感を与えて終わる映画。なんとも形容しがたい映画でした。

2019.4.6 HCMC自宅にて、Amazon Prime よりパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR