FC2ブログ

「怪物団 フリークス」 サーカス出身のトッド・ブラウニングだから描けた名作

前世紀の終わりに、一度レンタルして見たことがありました。当時、それほどインパクトを感じていなかったのですが、語り継がれる名画なので、たまたま見つけたことから、もう一度確かめてみようと再見しました。1932年のアメリカ映画です。

あらすじ
サーカス団の一員である小人のハンスは、婚約相手がありながら美貌の軽業師クレオパトラに誘惑される。ハンスが資産家であることを知ったクレオパトラは、ハンスと結婚した後で、彼を亡きものにしようとたくらむが…。



サーカス団の一員である小人のハンス(ハリー・アールス)は、小人の曲芸師のフリーダ(デイジー・アールス)と婚約していました。ところがハンスはサーカスの花形の軽業師クレオパトラ(オルガ・バクラノヴァ)に魅せられていきます。クレオは最初はハンスをからかうつもりでちょっかいを出していましたが、ハンスが莫大な資産を相続していることを知ったクレオは、情人のヘラクレス(ヘンリー・ヴィクター)と共謀し、金目当てに彼を誘惑、ハンスはクレオパトラに騙されたまま、結婚を決めてしまいました。クレオはハンスに毒薬を飲ませて弱らせ、資産をすべて自分の物にしようという算段でした。

婚約者を奪われて悲嘆にくれるフリーダを、一座の仲間のフロソ(ウォーレス・フォード)とヴィーナス(リーラ・ハイアムス)は心配して慰めます。結婚式の祝宴では、クレオはハンスと一座の小人の見世物仲間を侮辱し、彼女の真意を知ったハンスは後悔しますが、自分たちに対する侮辱や毒殺計画を知った一座の仲間たちは激怒し、クレオを追い詰めて罰を下したのでした。その後ハンスはサーカス団をはなれ、資産家として生活していましたが、失意のフリーダはずっと後悔していたハンスと、フロソとヴィーナスの仲介で再会し、再び結ばれることとなりました。

怪物団 フリークス

昔、一度見たことがありました。当時、何かの記事でカルトムービーだということを知って、キワ物的な映画だと思い込み、レンタルビデオを借りてきたということです。実際見ると、想像とはかなり違ったということでした。今回、は改めての再見です。そして改めていい映画だったと思いました。まずは、サーカスの小人たちが、自然に活き活きと描かれているのが大変新鮮です。あるがままの素直さで、かつ前向きに。この普通さの感覚がすごいと思います。これは、サーカスで育ったトッド・ブラウニングだから描けた世界だと思いました。

一方で、健常者であるクレオとヘラクレスは、徹底的に醜悪な精神を持つものとして描かれています。クレオの結婚式の日の、酒の入ったバカ笑いの連続は凄まじい迫力でした。そして、ストーリーの中で、いろいろと見世物的にエピソードが挟まれていきますが、ヒルトン姉妹のエピソードとか面白かったです。全体としては、人は外見よりもその心ということが込められています。

この映画は、公開当時は世間に大変なショックを与え、論争の的となった結果、トッド・ブラウニングにはその後、まともな仕事は回されなくなり、事実上映画作家としてのキャリアの終焉を迎えてしまいました。これには、当時の社会良識や価値観によるものと思われますが、奇形の人間は見世物どまり。それが、健常者を復讐で奇形に変えてしまうなどけしからん、ということでしょうか。

2019.4.6HCMC自宅にて、Amazon Prime よりパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR