FC2ブログ

「街の灯」 久しぶりにチャップリンを見て昔の記憶を呼び覚ます

先日、英国映画協会の2012版批評家ベスト100について調べてみましたが、そのついでに見た映画です。やはり、名画は見ておくべきと思いまして。ただし、名画ばかり見ていると、また飽きも来るし偏っても来ますので、ぼちぼちというところです。チャールズ・チャップリンの名作。1931年の映画です。

あらすじ
浮浪者の小男は、街で盲目の花売娘に出会い、彼女の純真さに惹かれ世話を焼き始める。一方で、酔っぱらいの億万長者を助けたことから、男との奇妙な交際が始まる。ある日彼は、娘が家賃の滞納で立退きを迫られていることを知り、娘を助けようと金策に街を彷徨い始めるが…。



街の中心での、銅像除幕式のシーンから。盛装し厳粛な紳士淑女の前で幕が下ろされると、その像の上に一人の小男の浮浪者(チャールズ・チャップリン)が眠っていました。会場は騒然とし、なんとか彼はその場を逃げ出します。そして彼は、行く当てもなく街を彷徨っていると、街角で盲目の花売娘(ヴァージニア・チェリル)に出会い、胸をときめかせたのでした。その夜水辺で彼は一人の酔っぱらいの自殺志願者(ハリー・マイアーズ)に出会います。散々格闘した上で自殺を思いとどまらせると、酔っぱらいの男の家に招待されます。男は実は億万長者。家で飲んでもまだ足りないようで、高級クラブへ繰り出し、朝帰りしますが、酔いがさめると男は彼のことは覚えておらず、追い出されました。

彼は、男から金を手に入れると娘から花を買い、純真な娘の姿を見て幸せそうにしていました。そして、その為に清掃作業員の職を見つけ働きに出ますが、何かとうまくいかず首になり、その上娘が病気になってしまいました。娘の家に看病に行くと、そこに家賃の滞納による彼女への立退通告の手紙を見つけ、そして金を出せば盲目を治癒することができるという医師の新聞記事を発見すると、大切な恋人の為に大金を得ようと町に出ます。賞金目当てにボクシングに飛び入りしますが、さすがに歯が立たず、失意の中で街を歩いていると、再び酔っぱらい状態の彼の男に遭遇。男の家に再び招待され、相談すると気前よく1千ドルの大金を渡してくれました。しかし、そこに強盗が押し入ってきて、彼は警察に連絡したものの、警察が現れた時は既に強盗が不在。持っていた1千ドルは彼が盗んだとされてしまいました。

彼は隙を見て逃亡、娘に1千ドルを渡し、その場を立ち去ります。そしてその後逮捕され、投獄されてしまいました。時がたち釈放された彼は、以前よりはるかにみすぼらしい浮浪者となり、トボトボと街を歩いていると、娘が花屋で働いているのを見かけます。すでに、すっかり目が良くなった彼女は明るく輝いた女性になっていました。娘は、いつまでも店の前に立っている彼を見て、物乞いの男だと思い、小銭を渡そうと彼の前に出ます。そうして彼に小銭を渡すために、彼の手に触れた時、その感触が記憶を呼び覚まし、自分を助けてくれた彼のことを思い出すのでした。そして、2人はじっとお互いの顔を見つめ合いました。

街の灯

チャップリンと言えば、ほぼ若い時に見た記憶しかありません。テレビで見る映画は、民放では新しい作品を放送していましたが、NHKでは古い作品がよく流されていました。そしてその中にはたくさんのチャップリンの作品がありました。今では何を見たのかさえ忘れています。しかし、コメディとペーソスや風刺の入った作品群は、どんな作品を見ても面白いと思われ、放送されるたびに見ていたと思います。その中に、たぶんこの話もあったのではないかと思っています。

会社に入って、レーザーディスクを購入、まだ少ないソフトのカタログから選んで買ったのが、「モダンタイムズ」。超有名作品です。そして、ある時放送されていた「ライムライト」を見て感動しました。子供の頃見ていたチャップリンとは違う雰囲気。彼がアメリカで作った最後の映画で、その後も作品はありますが、その内容からも、これがチャップリンのフィナーレと感じました。そしてその後ずっと、チャップリンの作品を、積極的に見る機会がありませんでした。

久しぶりにチャップリンの映画を見て、そのようなことを思い出します。街の灯とライムライトは、話の筋立てが似ているところがあると思います。久しぶりにこの映画を見たことで、ライムライトで止まっていたチャップリン体験が、お互いの作品を連想させる、よりチャップリンの原点に近いところにあるこの映画が、再びチャップリンの世界に誘ってくれたように思いました。もう一度一つ一つ見直していきますか…。

2019.3.24 HCMC自宅にてパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR