FC2ブログ

「この世界の片隅に」 またまた日本の名作アニメの誕生

予告編を一目見て、この映画は絶対いいと思ったのですが、見ませんでしたねぇ…。なかなか。得てしてそういう時こそなかなか見ないものなのです。自分で勝手に想像を膨らませたりして。そういった映画でまだ見てない映画、結構あります。それもついに年貢を納めて鑑賞しました。この映画は2016年に製作されました。

あらすじ
昭和19年、18歳のすずは、故郷の広島市を離れ、呉に嫁いできた。、物資が不足する中、すずは工夫をこらして生活していくが、呉は何度も空襲に遭い、いつも眺めていた軍艦が消え、街は破壊されてゆく。すずが大切に思っていた身近なものが奪われていく中で、日々の営みは続く…。



広島市の浦野家は、長男の要一、長女のすず、次女のすみの3人兄弟です。天真爛漫なすずは、妖怪やお化けに遭遇するなど不思議一面もありました。また、中学生の時に幼馴染の水原の代わりに描いた絵が入選するなど、絵がとても得意でした。すずは18歳になると、軍港があった呉に住む北條周作から求婚されます。すずと周作は、子供の頃に一度だけお使いの途中で出会ったことがあったのです。北条家には、義姉の径子が娘の晴美を連れて出戻ってきており、何かとつらく当たってきますが、晴美にはよくなつかれて、楽しく日々を送っていたのでした。

戦局は悪化し、空襲が激しくなってきます。義父の円太郎が空襲で大怪我をして入院したので、すずは晴美を連れて義父の見舞いに行きますが、帰り道、すずは爆撃を受けて晴美と自分の右手を失ってしまいました。娘を失った径子には、始終責められ、ますます激しくなる空襲の中で、すずは周作に「広島に帰りたい」と訴えますが、周作はそばにいてほしいと答えます。そして、8月6日の朝、すずは径子に許され、一瞬心の重荷がとれましたが、激しい爆音とともに、広島に原爆が投下されたのでした。

終戦を迎え、北条家では皆で玉音放送を聞きながら、今までの苦労を思い泣き崩れます。すずの広島の実家では、父も母も原爆で死亡、妹のすみだけが原爆の後遺症で苦しみながらも生きていました。そして翌年、呉の街で周作とすずは、死んだ母親にすがり付いている、戦災孤児の「ようこ」に出会います。すずは、ようこにおにぎりを与えると、彼女はそのまま後をついてきました。北条家では晴美の生まれ変わりのように、ようこを新しい家族として迎え入れるのでした。

この世界の片隅に

この映画の公開された年は、映画をたくさん見たのですが、なぜかこれ見ていたかったんですね。君の名は。も同じ年だっと思います。あちらは見ました。予告編を見て、絶対これは面白いはずと思っていたのですが、数ある機会を逸してしまい、今さら見ております。で、感想はやはり良かったとしか言いようがありません。もう少し、アニメっぽく、見る者に媚びた感じになっているかとも思っていましたが、想像以上にリアルでした、そして、その背後にあるいろいろな悲劇を描かずに表現してしまっているとも思います。

この高台の家は、いろいろな悲劇の中心からちょっと離れています。その視点がとても日常感があります。自然災害でも直撃を受ければそれは悲劇にしかならない。戦禍もきっと同じようなことがあるのでしょう。この大変な事が起こっている中での日常感は、かなり大変な事、いつの間にか取り返しのつかないようになっていることもあるのです。大変な事が起こっていても、自分の体感できるのは、本当に狭い範囲。それが日常的な事実であり、その感じが良く出ていると思います。そのあたりがとてもリアルでした。

すずは、右手を失い、一緒にいた晴美を守れなかった責任を感じます。これが大変な直接的な災厄。でも、お互いに助け合って生きていかなければならない。そして、あくまでも前向きな日常が続いていきます。鈴の姿の中に、人間の力強さや生命力といったものを感じます。

この映画、いろんな有識者から語りつくされていますので、ちょっと書くのが気恥ずかしいところもあります。この辺で…。

2019.3.16 HCMC自宅にてAmazon Prime よりパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR