FC2ブログ

「悪魔の秘め事」 セレブがセレブを演じる静かなサスペンス

久しぶりのGYAO!鑑賞は、上映時間が短く、ロザムンド・パイクが出ているという、私にとって何かとプラスポイントがある映画でした。こういう尺なので、当然大作とは考えられず、何かワンポイント面白い映画ではなかろうかと思っての鑑賞です。2013年の映画で、監督はジェームズ・オークリーです。
原題:The Devil You Know (2013)

あらすじ
女優ゾーイの母キャサリンは、伝説の名女優。しかし、夫が何者かに殺されて以来活動を休止し、今や若手脚本家とも再婚してセレブな生活を送っていた。一方、ゾーイは出られるのはインディペンデント映画ばかりで、いつも母を話題に出され、大きなコンプレックスを抱き、精神的にも不安定な状態が続いていた。そんな折、キャサリンは女優復帰を宣言、娘との確執が大きくなる中で、ある日1通の脅迫状がキャサリンのもとに届く…。



林を背景に演じるゾーイ(ロザムンド・パイク)のシーンからスタート。それは、映画の撮影シーンでした。そこに母のキャサリン(レナ・オリン)が現れます。キャサリンは伝説の大女優。夫の死をきっかけに活動を休止していましたが、脚本家のジェイク(ディーン・ウインタース)との再婚を機に自伝を出版、女優としての復帰を計画していました。ゾーイは母に対するコンプレックスとメジャー作品の出演が無いことから、母に対してコンプレックスを持っている様子でした。キャサリンの夫の死に関しては、彼女が関与しているという疑惑もあったようです。

キャサリンの新作を主役を獲得したとの報せに、ゾーイは穏やかではありませんでした。キャサリンはさっさと出演契約をすませ、披露パーティーへ。キャサリン、ジェイク、ゾーイの3人は注目の的ですが、周囲は何やら不穏な動きを見せています。ゾーイも新作のオーディションを受けますが、落選した上に母と比較されてしまいます。そのあとで向かった母とジェイクの待つレストランで、当選したと強がった挙句母と口論になり、ゾーイは一人街を彷徨います。そしてジェイクを誘惑、一方、キャサリンが帰宅すると、玄関に「人殺し」とだけ書かれた手紙がありました。キャサリンはゾーイの仕業だと考え、問い詰めますが、ゾーイは否定します。

母娘の良い関係を装いながらも、お互い酒と薬に依存するようになっていきます。そして、再び「秘密を守りたければ別荘に来るように」という内容の手紙が届き、別荘に付き人のエディ(モリ―・プライス)、キャサリン、ゾーイ、ジェイクの4人がそれぞれ向かいました。全員脅迫状を出したのは自分ではないと主張する中で、幻想の場面として、若き日のゾーイ(ジェニファー・ローレンス)と母の元夫が現れます。ゾーイは母の元夫を誘惑、そして別荘に転がる彼の死体。そんな中で、別荘に銃声が響き、倒れているゾーイの横で、関係をばらすとゾーイに迫られ、ジェイクが撃ったとエディが証言。ジェイクはこれを否定します。そこに現れた死んだはずのゾーイが、「ママが殺すと思っていた」と言いつつ、ジェイクを射殺。キャサリンはもう前回のようには守れないとゾーイに言い渡します。そして時間が経過、キャサリンの新作は、夫の不審死を乗り越えて好調にスタートしていたのでした。

悪魔の秘め事

ゆったりした雰囲気で、セリフが少なく、ナレーションもなく、じっくり演技で見せていくスタイルでした。そういう意味で、ロザムンド・パイクとレナ・オリン、そしてモリ―・プライスの独壇場。ロザムンド・パイクがお気に入りの私としては、とても見どころのある映画です。それも、セレブがセレブを演じるだけに、板についたもの。服装もいろいろあって、普段着から来客を迎える服装、パーティードレスなど様々。かなりセクシーな衣装もありました。そういう意味で、見ているだけでも満足のできる映画でした。

ロザムンド・パイクは、こういった役は似合っていると思いますので、そつなく演じています。レナ・オリンの方は、一日の長があるかという感じでした。いずれもなかなかの見ものです。ディーン・ウインタースはまずまず。女優たちが主役の映画の中にあって、どう演じるか難しいところです。全体的な雰囲気にはマッチしていると思いました。ジェニファー・ローレンスは少しだけの出演ですね。女優としては、すでにオスカー女優。ただし、ひと世代違います。

ストーリーとしては、それだけ見れば可もなく不可もなくというところでしょうか。セレブな女優たちにとって、男の価値なんてこんな物という内容です。事件によって、さらに女優度を上げていったという感じです。途中でストーカーみたいなファンが出現しますが、鼻であしらう価値もないという描かれ方。ここまで徹底すれば大したものです。一般常識からみれば、甚だ感心しかねる映画ではありますが、ロザムンド・パイクとレナ・オリンの競演を見て納得してしまうのも、彼女たちの魅力ということですかね。

2019.2.17 HCMC自宅にてGAYO!動画をパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR