FC2ブログ

「彼岸花」 大映の山本富士子が良いアクセントでした

テレビ放送を録画しておいた彼岸花を見ました。録画したのはかなり昔ですが、便利な時代になったものです。この映画は、小津安二郎監督の初のカラー作品になっております。いつもの小津節を期待です。1958年の映画で松竹大船製作です。

あらすじ
大和商事会社の取締役平山は、年ごろの娘節子に良縁をもたらそうと、思い悩んでいた。そんなある日、友人である三上が、娘が家出して男と同棲していると聞き、わが子のことに心配が募っていく。そしてある日、節子の恋人谷口という男が、節子を嫁に欲しいと訪ねてきた。徹底的に反対する平山であったが、周囲の友人と話すうちに平山の心は動いていく…。



大和商事の役員の平山渉(佐分利信)は、中学の同窓の三上(笠智衆)が、友人河合(中村伸郎)の娘の結婚式に来なかったことを心配していました。その後、平山の会社に現れた三上は、娘の文子(久我美子)が家を出て男と同棲しているのに気を病んでいるということを知ります。平山も、年頃の娘の節子(有馬稲子)がいる身で、他人事とは思えず、節子の結婚相手探しがますます気になり始めます。その頃、平山が行きつけの京都の旅館の女将初(浪花千栄子)が年頃の娘幸子(山本富士子)を医師に嫁がせようと、上京して来ますが、どうやらこの話は初の独り相撲の感があったようです。

平山は、部下の近藤(高橋貞二)を伴い、文子の働くバーを訪れます。その結果文子が真剣に結婚を考えていることに安堵を感じました。一方、節子と結婚させてくださいと突然平山を訪れた青年谷口正彦(佐田啓二)に対しては、わが子のことということで拒否反応を示し、節子と谷口の結婚には断固反対。妻の清子(田中絹代)も取り付く島もありません。再び上京した幸子は、自分の境遇と似ている節子の為に、ひと肌ぬごうと決め、話術で平山にトラップをしかけ見事結婚を許す言質を取ってしまいます。それは、他人の娘と自分の娘に対する言動の違いを突いたものでした。そして、結婚式の準備が本格的に進められていきます。

面白くない平山は、それでも頑固に結婚式にも披露宴にも出ないと言い張っていましたが、ついに前日結婚式に出ると宣言しました。これで、平山家の一同安堵し、結婚式の前日の気ぜわしくも寂しげな夜を迎えることができました。その数日後、クラス会の宴会で、仲間たちと子供との付き合い方の談義の後、京都に立寄った平山は、幸子から父が最後まで笑顔を見せてくれなかったことを唯一の心残りにしていたと聞かされて、娘のことを思う平山はさすがに反省し、その足で娘夫婦の住む広島に向かうのでした。

彼岸花

久しぶりに見る小津作品です。毎度安定なのですが、今回も見て良かったという感想が残りました。この作品は、小津安二郎の初のカラー作品とのこと、ストーリーは、娘の結婚と親の葛藤を描いたもので、戦前の映画から何度も描かれてきた、普遍的なお話です。やはり、ほのぼのとしたタッチで描きながら、小津監督ならではの独特の緊張感があり、さすがだなぁと思います。

そんな中で、異彩を放っているのが山本富士子。大映のトップスターですので、松竹映画には普通は現れないはずですが。でも、山本富士子の出演がこの映画をより面白くしていると思いました。いつもの松竹の伝統とちょっと違う輝きの様なオーラが出ていて、演技に違ったインパクトがあり、それが見事に役に嵌っていると思いました。

田中絹代は流石としか言いようがありません。母として妻としての微妙な立ち居振る舞いを見事に演じていると思います。あとは、妹役の桑野みゆきが、明るく活発でなかなかよろしい。ほかにも、初のカラー作品を盛り上げる名優勢ぞろいです。そういう意味では松竹の名優ぞろいの、豪華な映画でもありました。まだ少々、テレビから録画している小津安二郎の作品が残っているので、また次の楽しみにしたいと思います。

2019.2.10 自宅にてNHKBSプレミアムから録画視聴
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR