FC2ブログ

「サスペリア(2018)」 前作へのリスペクトに溢れるリメイク

当時、やっと日本公開という事で、ちょうど帰国のタイミングとあったことから、満を持して見に行きました。オリジナルのファンとしては、やはり押さえておかないといけないという事で。2018年の映画で、イタリア・アメリカ合作。監督は、ルカ・グァダニーノです。ヴェネツィア国際映画祭にてノミネートされ、主要部門では受賞はなりませんでしたが、作曲及び特殊効果の関連で受賞しています。

あらすじ
ベルリンではドイツ赤軍のテロが頻発する1977年、スージー・バニヨン(ダコタ・ジョンソン)は舞踊団マルコス・ダンス・グループのオーディションを受けにアメリカからやってきました。そして、天才的な才能を発揮し、カリスマ振付師マダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)から入団を許可されます。その頃舞踏団では、主要メンバーの一人であるパトリシア(クロエ・グレース・モレッツ)が姿を消していました。彼女は失踪の直前、舞踊団が魔女たちによって運営されているとカウンセラーのクレンペラー博士(ルッツ・エバースドルフ)に訴えていましたが、彼は妄想だと分析していたのです。

マダム・ブランは、リードのオルガ(エレナ・フォキナ)の降板に、代役としてスージーを抜擢します。外が嵐へと変わるなかで、スージーが激しい舞踏を披露していたころ、屋敷を出ようとしていたオルガは、鏡張りの部屋に閉じ込められ、スージーの舞踏に合わせて彼女は打ち付けられ、手足や首はあらぬ方向に折り曲げらていきました。死んだオルガを見たアカデミーの女性たちは、彼女の体を引きずって運び、女性たちは、次は誰が魔女集会のリーダーとなるのか話し合うのでした。スージーはダンサー仲間のサラ(ミア・ゴス)とも仲良くなりますが、毎晩悪夢を見るようになります。

次回作の練習が進むなか、サラはアカデミーの秘密を探りに訪れたクレンペラーに魔女の話を聞きます。オルガやパトリシアの件もあり、好奇心を抱いたサラは屋敷内を探検、秘密の階段を発見しました。そこにはブランなどの肖像画や不気味な器具がありました。そして迎えた公演の日、クレンペラーも公演を見にやってきます。屋敷を再び探検していたサラは、失踪したパトリシアを発見、彼女の体は原型をとどめていませんでした。サラも骨折してしまい逃げ出そうとしますが、監督たちに見つかってしまいます。そして公演が始まり、魔力で足を治療されたサラも参加しましたが、最高潮に達したころ、サラは骨折で再び崩れ落ち、公演はそこまでとなりました。

その翌日、クレンペラーは、魔女の力で亡き妻に会わされたのち、アカデミーに引き込まれます。気が付くと、裸のダンサーたちが踊り狂う儀式が行われていました。それを膨れ上がった異形の魔女、マルコス夫人が見つめていました。そこへ現れたのは、マルコス夫人の乗り移る予定のスージー。ブランは異常を感じ儀式を中断しようとしますが、首が割れて大量出血。スージーは自分が“嘆きの母”であり、マルコス夫人と腐敗したアカデミーを根絶しに来たことを明かします。そして、マルコス夫人以下の参加者を根絶し、生贄となって体が破壊されたサラ、パトリシア、オルガに死のキスで与えます。翌日。アカデミーの生徒たちはすでに記憶がなく、ブランが去ったことを伝えられました。そして現在。ごく普通の家庭の家に、マルコス・ダンス・アカデミーの紋章が見えてくるのでした….



サスペリア2018

さて、旧作サスペリアの大ファンとして、ずいぶん期待していた映画を見ることができました。こういったリメイクは、ちょっと見るのが怖いところもありますが、なかなか満足のいくものでした。旧作のポイントは3つあると思います。こだわりの赤・高いホラー度・そして新女帝誕生の物語り。この中で、赤については鮮烈な赤からより現実的な赤に変わりましたが、舞踏の衣装など、赤が登場します。ホラー度は今回はありません。それも、恐怖の場面は、幻想や夢想の中なので、現実的な恐怖にならないからだと思います。そして、新女帝誕生の物語というのは、今回がより明確にクローズアップされました。

旧作では、この部分はそれほど明確ではなく、バレエ学校の悪魔を斃した後の、ジェシカ・ハーバーの笑み(不敵な)にすべて集約されていたと思いますが、今回のダコタ・ジョンソンは、最初からところどころで強気なところをちらつかせていきます。という訳て前半で確信し、安心して見ていました。ちょっとオーバーですが、きっとダコタ・ジョンソンがすべてを支配し、世界に君臨するのだなと…。そうなれば大船に乗った感じで話が進んでいきます。最後の舞踏は、民族という表の舞踏、そして、最後は地下世界の舞踏。幻想と夢想の中で、ダコタ・ジョンソンが旧悪を排除し、この世に君臨していくのでした。

この物語は、旧作にない世相の話など盛り込まれていますが、大筋に大きく関連するわけでも無いので、端折ってしまえば、旧作と非常に似た感じとなってきます。新作は、旧作の骨格に一定の解釈を加え、膨らんだ形になったと思います。これが新作の自己主張。ドイツ赤軍の件は、パトリシアの事件と絡むだけですが、アンケの話は、端折ってしまうとジェシカ・ハーバーが消えてしまうので、これは必須ですね(笑)。怖いという意味では、クレンペラー教授が舞踏学校の前で拉致されるところは、びくっとしました。ここは油断していた…。というわけで、ダコタ・ジョンソンはカリスマ舞踏家として、過去の世界に蠢くものと、記憶まで消し去り、新しい世界に君臨するのでした。旧作に対するリスペクト満載でとても楽しかったです。

2019.2.6 シネプレックス海浜幕張にて
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR