FC2ブログ

「夏の庭 The Friends」 夏休みで成長する子供たちと別れのドラマ

昔、新潮文庫で読んだ夏の庭。いい話だったという記憶がありますが、細かくは覚えていませんでした。でも、いい印象だったので、きっと映画もいいだろうということで鑑賞を開始しました。湯本香樹実の原作による映画は、最近公開された、岸辺の旅やポプラの秋もしっかり見ております。イメージはポプラの秋に近いかな?1994年の日本映画。相米慎二監督によるものです。

あらすじ
人間の死に興味を持った小学生の3人組は、夏休みに近所に住む死にそうな独居老人の観察を始めることにした。老人の喜八は最初は怒っていたが、やがて子供たちと打ち解け、崩れそうなあばら家や、荒れ果てた庭を子供たちの手によって整理してもらい、やがて自分の身の上を語り始める。喜八は戦争で、心に深い傷を負っていたのだった。



小学生のサッカー仲間、木山諄(坂田直樹)、河辺(王泰貴)、山下(牧野憲一)の3人は、葬式に出たことをきっかけに、人の死について興味を抱きました。そして、近所の草ぼうぼうの崩れかけた家に、一人で住む老人である、傳法喜八(三國連太郎)に目をつけ、どんな死に方をするか見張ることにします。観察する様子に気づいた喜八は怒り出しますが、やがて喜八と3人の交流が始まりました。まずは、老人の指示に従い、生い茂った庭をきれいにし、家のペンキ塗りや補修を行い、庭にはコスモスの種を巻いて、見違えるように綺麗な家になります。

落ち着いたら、子供たちは喜八のことについていろいろと話を聞き始めます。喜八は古香弥生(淡島千景)という名の女性と、かつて結婚していたとの話や、戦争中にジャングルの小さな村で、やむを得ず妊娠している女性を殺してしまった話などを聞きました。3人は喜八の別れた奥さんを探し出すことにし、それらしい人を老人ホームに訪ねてみると、部屋には担任の静香先生(戸田菜穂)がいました。先生は何と弥生の孫だったのです。弥生は夫は死んだと答えるばかりでしたが、静香は喜八は自分の祖父に違いないと確信し、彼を訪ねます。

喜八は人違いだと言い張っていましたが、やがて会いに行く決心をし、準備を始めます。しかし、その当日、子供たちが喜八の家に寄ってみると、部屋の中で息絶えていました。そして、葬儀の日。3人の子供たちや、遺産のことばかり気にする甥の見守る中で、静香に連れられ弥生が現れます。じっと棺の中の喜八の顔を見つめていた弥生は、その場で正座して、「お帰りなさいまし」とお辞儀をしたのでした。数日後、老人の家を訪ねた子供たちは、暗い井戸の底からトンボや蝶、ホタルが次々と飛んでいくのを目撃します。それはまるでおじいさんが別れの挨拶をしているかのようでした。

夏の庭

小説で読んだことはありますが、すっかり内容を忘れていました。でも、ほんわりとしたいい話だったという印象があります。今回映画で見て、雰囲気は思った通り。しかし、想像以上に深みがあったことも事実です。年寄りの一人住まいで、偏屈になったおじさんを少しづつ解きほぐしているさまが微笑ましく、やはり人間一人で閉じこもってはいけないなと思った次第。子供に元気を分けてもらうという表現は、そのまま物語にするとこういうことなのでしょう。

やはり、夏休みと言えばいろいろと面白いものです。実際過ごしていた頃はそうでもなかったのですが、大人になって観ると、妙に懐かしい。大人になって、「ぼくのなつやすみ」というゲームをやりました(笑)。夏の庭は、草ぼうぼうの状況からあっさり片付けられてしまいましたが、たぶんムカデだとか、ダンゴムシとか、いろんなものが出てきて面白いはずです。実際どうだったんでしょうか。

相米慎二さんの映像は、なんか合わないなぁという印象がありましたが、今回はストレスなく見られてOKでした。三國連太郎さんも老境になり、長い間こういった役をやられていましたが、さすがに名優だったと思います。最初の方で、河辺が橋の上に乗る場面は、とてもひやひやしましたが、どうやって撮ったんでしょう。三国廉太郎が若き日に犯した大罪。それで人生を棒に振った訳ですが、戦争中とはいえ許されることでは無く、最後まで背負って行ってしまいました。そのあたりにこの物語の良心があると思いました。

2019.2.6 自宅にてNHKBSプレミアムより録画鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR