FC2ブログ

「イメージの本」 思考を鍛えなさいと言われても…

元々、渋谷で古い映画をいくつか見ようと向かっていたのですが、数寄屋橋から銀座線に乗るために銀座四丁目に移動中、シネスイッチをチェックしたら、ちょうどこの映画をやっていたので立ち寄ってしまいました。ゴダールの最新作ということでちょっと興味が湧いたものですから…。2018年カンヌ映画祭で彼の為に設定された「スペシャル・パルムドール」というものを受賞しています。

あらすじ
かつて私たちがどうやって思考を鍛えていたか?にはじまり、手のひらを形作る5つの指に相当する思考と、その集約された幸福のアラビアと題した物語を、たくさんの映画、絵画、文学などをつなげて、思考を形作っていく…。



かつて私たちがどうやって思考を鍛えていたか?
手のひらを形作る5本の指。その5本の指にあたるもので映画はスタートしていきます。
1.リメイク
映画はいろいろなもののリメイクされたもので、現実の世界もリメイクが繰り返されます。
2.ペテルブルグ夜話
メーストルのペテルブルグ夜話で語られる戦争論を主題に思考が展開されていきます。
3.線路の間の花々は旅の迷い風に揺れて
列車の映像を主体に思考が組み立てられていきます。
4.法の精神
モンテスキューの法の精神をベースに、暴力を裁く法と、法の持つ暴力性について述べられます。
5.中央地帯
男性と女性の間の愛がテーマとなっているようです。

そして、この5本の指の集まる手として、後半部を構成する長い話に入ります。
幸福のアラビア
エジプトの作家、アルベール・コスリーによる「砂漠の中の野望」という小説をベースに、産油国に囲まれた石油を産出しないアラブの架空の小国ドーファの、内外に渦巻く権力闘争や陰謀を映像をつなぎ合わせて語っていきます。

といった内容になりますが、一見しただけなので現時点では十分に理解していないのです。(爆)

イメージの本

この作品は、過去の芸術作品、映画を中心に絵画や文学などの断片をつなぎ合わせて一つに構成された形となっていました。イメージ:映像の本という、題名そのものです。おびただしい作品数で、映画をそんなに多くは見ていない私としては、見てあの作品だとわかるのはポツポツという感じ。「ソドムの市」とか、「アンダルシアの犬」とか、解りやすいのですぐに目につきますが…。そして、前半が手を構成する5本の指という観点からの5つの哲学的なエピソード、後半がアラブを中心にしたストーリーという形で構成されます。

映像は、大半は、現代の技術を駆使した、HD画像や4Kといったものではなく、視覚効果も狙ってか、いろいろな方向で加工されているようで、いかにも過去の映像を見ているという年代感が出ていました。その中で鮮やかな映像なども織り込まれて、視覚効果を出していきます。音楽は、いくつかのモチーフが繰り返し使われますので、自然と耳についてきます。クラシック音楽を基調に、ロマンチックなピアノ協奏曲と、不安を表すような近代の管弦楽曲の断片。そういった形で、最後まで続き、エンドロール的に使用された映像の紹介がされる中で、もう一押し映像が続き、という感じで終わりました。

というわけで、過去の映像を組み合わせつつ、リメイクで表せるような、映画の内容の連続性や、社会の連続性、戦争論、法律にまつわる議論等が、断片的な映像と言葉で織り成されるその理論については、哲学的かつ学術的で、体感的に理解しづらいものも多く、ついていけないところが多くあります。というわけで見ていくうちに、引用されている古今の名作に興味が移ってきた次第です。最後の方で、その日の朝家で見ていた市民ケーンの冒頭の場面が出現。たまたま同じ映像を1日のうちで2回見たことになったのでした。

「思考を鍛える」ためには、一度見ただけではダメなのでしょう…。

2019.4.21 シネスイッチ銀座にて
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR