FC2ブログ

「巴里のアメリカ人」 美しい夢を見せてくれる映画だと思います

買い置きDVDの章かです。これは、中古を大量買いしたDVDにあった一枚。1950年代のアメリカのミュージカル映画の名作の一つですが、この手の映画いろいろあるのですけど、ほとんど見ていません。西部劇はよく見たのですがね。ということで、1951年のアメリカ映画になります。ちなみに、アカデミー賞受賞作品です。

あらすじ

ジェリー・ムリガン(ジーン・ケリー)は、一人前の絵描きになることを夢見てパリに滞在、仲間は、売れないピアニスト、アダム(オスカー・レヴァント)や、成功している歌手アンリ(ジョルジュ・ゲタリー)たちである。ある日、ジェリーの絵を買い求め、パトロンになるという貴婦人ミロ(ニナ・フォック)が現れ、なにかと世話をやくが、ジェリーはバーで見かけた、清楚なパリ娘リズ(レスリー・キャロン)に惹かれてしまい、強引に彼女に会ううちに、お互いに愛し合う仲となった。しかし、リズはお世話になって恩義のあるアンリと結婚することが判明、ジェリーはそれを知り絶望のどん底に突き落とされるが…。



一流の画家を目指す、気さくなアメリア人のジェリーは、セーヌ河畔の小さなアパートに住んでいました。同じアパートには、なかなか芽の出ないピアニストのアダムが住んでおり、二人は懇意にしています。そして、この二人に、フランスの有名な歌手アンリも、仲の良い友達として、いつも一緒に行動していました。そんなある日、ジェリーが街頭に並べている絵をみかけた貴婦人のミロが、ジェリーの絵を見染め、パトロンになると申し出ます。どうも、絵よりももっぱらジェリー自身に興味があるようです。

ミロと一緒に行ったキャバレーで、ジェリーは清楚な娘リズを見かけ一目ぼれしてしまいました。ミロは怒りますが、それに構わず強引にリズの連絡先を聞き出し、翌日からアタック攻勢をかけます。最初はその気の無かったリズですが、いつの間にか相思相愛の仲に。リズとの関係を深めるためにアンリに手ほどきを乞うジェリー。しかし、リズはアンリが戦争中に両親を亡くした彼女をずっと世話をしてきて、結婚の約束までしているのでした。お互いにそれと知らず、手ほどきをするアンリ、そしてリズにさらにアタックするジェリー。しかしその夜、ジェリーはリズからアンリとの結婚が決まっていることを打ち明けられ失意のどん底に沈みます。

美術学校の卒業パーティーに勢ぞろいした登場人物たち。失意のジェリーはミロを連れて出かけます。しかし、そこでリズを見つめるジェリーの視線に気づいたミロは、すべてを悟り身を引きます。静かなバルコニーで一人佇み物思いにふけるジェリーのところへ、リズが最後のお別れにやってきて、別れを惜しみますが、それを立ち聞きしてしまったアンリは、これまたすべてを悟り、一旦はリズと一緒に車に乗り込みますが、再び戻ってきてリズを解き放ち、リズはジェリーのもとに向かうのでした。

巴里のアメリカ人

異国で羽目を外すアメリカ人のお話という先入観で見始めました。それは、楽しくもあり、本人的には悩みも多く、はた目にはどう映るのかといろいろと考え、手放しで楽しんでいいのかな?というような感想で見始めたということです。パリにおけるアメリカ人の位置づけがどうなのかはよくわからないのですが、映画や文学で、いろいろと語られています。内容は、そういう部分を考えなければ、普通のラブストーリー。ストーリーとしては、ある程度抑制されたセンスのいいもので、特に後半に至っては非常に好感が持てるものでした。

音楽は、有名なガーシュウィンの曲がふんだんに使われています。パリのアメリカ人は、昔からいろんな場面で良く聞き込んだ曲ではあるのですが、今までレコードやCDで聞いていた印象は、ラプソディ・イン・ブルーのB面の曲。しかし、初めて映画とセットで聞いてみると、効果的ないい曲であることがわかります。ピアノ協奏曲も、アダムの夢想のシーンで使用されていました。その他もすべてガーシュウインの作曲によるもの。そして、ジーン・ケリーの歌とダンス、レスリー・キャロンのバレエが印象的でした。

やはり、圧巻はラストのジェリーの夢想シーンでしょう。いろいろな絵画の場面から、歌と踊りにつなげていく。ここは、何度見ても堪能できるシーンと思います。ここまでくると、美しいものは美しいだろうと、どんどん迫ってくる感じ。いかにもアメリカのショービジネスをそのまま体現している感じですが、やはり文字通り、美しいものは美しいし、楽しいものは楽しいのでした。そして、その最高の物は夢想のシーンにあるわけです。夢を見せてくれているのですね。この時代のミュージカルはほぼ見ていないので、映画をまだまだ無限に楽しめそうです。

2019.01.08 HCMC自宅にて、DVDをパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR