FC2ブログ

「団鬼六 生贄姉妹」 久々に団鬼六もののロマンポルノを鑑賞

随分長い間、日活の団鬼六ものを見ていないなぁと思い、数年ぶりの鑑賞です。古めの作品の方が情緒があるかもと思いつつも、今回はかなり末期の生贄姉妹を選びました。1987年制作、西村昭五郎監督になるものです。ヒロインは小川美那子になります。すでにAVの時代になっている最後期にあっても、団鬼六ものは人気だったようです。

あらすじ
老舗旅館の主人亡き後、使用人の三郎と直江は、盲目の娘雪路を幽閉し、旅館を我が物にしようとする。彼らはヤクザの岡田社長と結託し、旅館に帰ってきた長女雅子と雪路姉妹を商品化するべく徹底的に調教。三郎は、旅館の権利書を岡田に売却し、直江と悠々自適の生活をすることを計画するが…。



老舗の高級旅館の庭園を前に琴を弾く雪路(松本美幸)は盲目のようです。そして、その主人の臨終の席。主人は使用人の三郎(下元史朗)に旅館のすべてを任せて世を去ってしまいます。数日後、雪路の部屋ですべてを任されたからと突然雪路を襲う三郎ですが、雪路が大きな声を出したので女中の直江(水木薫)が来てしまいます。逃げ出す雪路。残された三郎と直江は、実はこの旅館の全財産を狙っているようでした。夜になると、直江は風呂が壊れたからと別の部屋に雪路を誘導します。しかし、そこは地下の調教部屋で、雪路は檻の中に閉じ込められてしまいました。

旅館の客として宴会場で興じる岡田社長(港雄一)以下の面々は、堅気ではないようです。そこに帰ってきた雪路の姉の雅子(小川美那子)は、旅館の変わりように不審をいだき直江を問い詰めますが、つれない返事。岡田社長は三郎の案内で雪路を犯し、そのあと、雅子は直江のあとをつけて地下室へ。そこでは雪路が縛られ、宴会場の面々が取り巻いていました。雅子は妹の身代わりにということで裸になりますが、結局二人とも犯されてしまいます。そして、監禁の日々が始まりました。ある日雅子は宴会場に連れ出されて浣腸されますが、その後雅子は、宴会も終わって抜け駆けで調教部屋に降りてきた、太鼓持ちの下山(橘家二三蔵)を陥れ脱走を企てます。しかし、これはすぐに捕まってしまい、さらなる調教の日々が始まりました。岡田社長たちは、完全に調教して二人を売り飛ばそうという算段です。

すべての準備が整い、権利書と金の受け渡しが三郎と岡田社長の間で取り交わされます。しかし、三郎が出ていったあとに現れた直江は、実は岡田社長と結託して全部2人のものにしようと話をつけていたようです。それを知らず最後の別れにと、雅子・雪路を犯しに降りてきた三郎は、行為の最中に岡田の部下に刺されてしまいます。すべてを手に入れ、有頂天で逃走する岡田や直江とその部下たち、しかしそこには警察の非常線が張られていました。三郎が虫の息で警察に通報したようです。警察の検分でトラックの荷台の梱包が開かれると、そこにはすっかり調教され、檻の中でお互いを求めあう雅子と雪路がいました。

団鬼六 生贄姉妹

それほど、普通の演技をする場面は多くは無いのですが、冒頭からちょっと演技がたどたどしい感じ。まぁ、この時期仕方がないかなと思いつつ見ていましたら、だんだん慣れてきました。後半の調教は、ある意味パターンですが、結構既視感ありです。それほど見ている訳ではないですが、思い出すのは「花と蛇 究極縄調教」かな?あれも調教部屋にシーソーみたいなのがありました。構造は違いますが…。最後にすっかり調教されてしまうのも、お決まりのパターンで。まぁ、そういう意味では安定感はあります。

出演者の中で、現時点でも活躍中なのは、下元史朗と水木薫ですかね。小川美那子はむしろ文才ありで、文芸賞をとったりしてますので、俳優業だけでなくいろいろな方面で活躍されたようです。あとは、港雄一が怪演というか、頑張っております。橘家二三蔵も個性的な役で太鼓持ちぶりが面白い。その他クレジットされている出演者は、梵天金剛 天津良 門脇三郎ですが、どの人か良く解りません。松本美幸は新人という事ですが、他に出演作があるのでしょうか。

プレイで印象的なのは、排泄のシーンですか。二色の水が流れております。妙に感心しました。で、結局一番色っぽいのは、最後の警察が開封してからの2人のキスですかね。SM路線では、見慣れたパターンではありますが…。また気が向いたらこの路線も見てみたいと思いますが、団鬼六ものはこの時期になっても、昔の名残を感じますが、やはり少し前の時代の作品の方が、優雅でいいかなとも思いました。

【リスト】 ① 裸のエロスを見る作品

2018.12.2 HCMC自宅にて Amazon Prime Video からのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR