FC2ブログ

「空飛ぶタイヤ」 記憶の中のリコール隠し事件、会社でも話題でした

三菱自動車リコール隠し事件を扱った、池井戸潤の小説の映画化です。この事件は、同時代に東京で中堅サラリーマン生活をしていたため、身近な事件として興味深く見ていたのですが、この映画を見て久しぶりに当時の状況を思い出した次第です。現在では、コンプライアンス遵守が叫ばれ、事件は減っていることと思いますが、人間のやることですので、再び発生する可能性は大きく、教訓として見ておきたい映画でもあります。2018年の映画で松竹配給、監督は本木克英です。

あらすじ
晴れた日の午後、トラックが起こした事故で歩行中の主婦が死亡。運送会社社長の赤松徳郎(長瀬智也)は、走行中のトラックから突然タイヤが外れたことによる事故だと警察から聞かされる。整備不良を疑われ、マスコミからバッシングを受ける日々のなか、赤松はトラック自体に欠陥があった可能性を追求、メーカーであるホープ自動車販売課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)へ調査を要求する。同じ頃、ホープ銀行本店営業本部・井崎(高橋一生)は、ホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自調査を開始していた。赤松は自ら事故のあったいくつかの運送会社に足を運び調査を始めるが、大企業が画策する隠ぺいの壁が立ちはだかる…。



中小のトラック会社、赤松運輸の社長赤松徳郎(長瀬智也)のもとに、自社のトラックのタイヤが走行中に突然外れ、歩行者の母子を直撃し、母親が即死したという連絡が届きました。警察からは整備不調を問われ、若手整備士の門田(阿部顕嵐)が疑われますが、彼は真摯に細かいチェックをしていたことを知ると、他の原因はなかったかと探し始め、製造元のホープ自動車の営業課長沢田悠太(ディーン・フジオカ)に面会を求めます。沢田は、赤松の要求に当初応えませんでしたが、同僚の小牧(ムロツヨシ)から社内の品質保証部の一連の異常な行動の情報を得ました。

ホープ自動車の公式な検査結果は赤松運輸の整備不良という結論でしたが、警察の捜査では整備不良の証拠が出ず、そんな中で時間が過ぎていき、赤松運送はバッシングに会い、顧客からの取引も断られ、会社が立ち行かなくなっていきます。ホープ自動車がまともに取り合ってくれないと感じた赤松は、自ら過去の事故を調査し、情報収集を積み重ねていきます。そして、赤松はホープ自動車のリコール隠しの噂をあちこちで聞くようになりました。一方、ホープ自動車に融資しているホープ銀行の井崎(高橋一生)も、上層部の癒着をはねのけ、独自調査を進めていきます。そして、沢田も社内権力闘争を視野に、内部告発を行いました。

ホープ自動車の上層部は、一連の事象を担当者レベルの話として甘く見ていました。そんな中で、赤松運送は資金繰りに詰まり、沢田も冷遇を受けます。赤松は最後の手段として、独自調査結果を警察に送り、同時期に沢田も状況を逆転すべく、リコール隠しの証拠となるPCを警察に提出しました。そして、この証拠をもとに、警察はホープ自動車上層部の関与人物を逮捕。ホープ自動車は経営難に陥り、ホープ銀行主導の改革を受け入れるしかありませんでした。これにより、沢田は一線に復帰するとともに、赤松も会社としての信用を取り戻し、赤松運送は立ち直ります。そして一年後、事故現場で花を手向ける赤松のもとに、同じく供花を持つ沢田が歩み寄ってきました。

空飛ぶタイヤ

あらすじをたどってみれば、ニュースのようなストーリーになりますが、実際のストーリーはいろいろなエピソードを積み重ねた重厚なものになっていると思います。赤松社長とその周辺にしても、それぞれの従業員たち、疑われた整備工、番頭、などなどそれぞれにしっかりした性格を持たせています。そして、それに対峙する形になる警察、また被害者の家族、そして、赤松社長がヒアリングしてまわる、各地の運送会社の責任者たち。きっちりと描き分けられて立派だと思いました。最後の方で、決め手となっている北陸の準大手の運送会社の整備責任者など、描き方がうまいと思います。それぞれの業務にあたる人、立場にいる人の行動様式が、さらに、その人の歴史をも表して、良く研究され、練られている感じがしました。

さて、企業ぐるみの組織犯罪ということですが、大企業であればあるほど、責任の所在が不明確で、ストレートに勧善懲悪を描くのが難しいと思います。勿論現実の世界でも同じだと思います。結局は、組織風土、社風ということでしょうから、会社自体がおとりつぶしにならないと、どうしようもなくなります。個人や中小企業であれば、誰だということが明確になりますが、大企業の場合は会社そのもので、社会的制裁という形で会社が葬り去られ、救済合併みたいな事例が時々ありますが、それしかないのでしょう。また、新入社員からそういう社風で育ってしまうと、なかなか習慣が抜けないと思います。

そういったところで、いろいろと考えるところのある映画だったと思います。原作を読みたいなと思っていたところなのですが、映画を先に見ることになってしまいました。俳優陣は誰がということが無いですが、男の俳優さんたちが目立つ映画ですね。主役級のたくさんの俳優さんたちの中で、笹野高史岸部一徳さんも光っています。女優では、深田恭子さんも久しぶりに見ましたが、小池栄子さんがいい役でした。いずれにしても、なかなか気合の入った映画だと思いました。

2018.11.25 JAL759 にて機内鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR