FC2ブログ

「万引き家族」 心を打つラストにその先の未来を信じる

機内エンターテインメントに今年の邦画の話題作が2本。カンヌ受賞のこの映画と、カメラを止めるな、ですが、こちらの方が体力が入りそうなので、まず元気なうちにと、万引き家族から見始めました。2018年カンヌ国際映画祭にて、パルム・ドール受賞作品です。

あらすじ
東京のどこかに残された古い住宅に暮らす一家。日雇いの父・治(リリー・フランキー)と息子の祥太(城桧吏)は、生活のために万引きに励んでいる。その帰りに、凍えている幼い女の子を見つけ、思わず家に連れて帰ってきてしまい、妻・信代(安藤サクラ)は文句を言うが、その娘・ゆり(佐々木みゆ)の体が傷だらけなことを発見、面倒を見ることにした。祖母・初枝(樹木希林)の年金を頼りに暮らす一家は、風俗店でバイトをしている信代の妹・亜紀(松岡茉優)に、新しい家族のゆりも加わり、貧しいながらも平穏に暮らしていたが、ある日、テレビのワイドショーでゆりの失踪が報道されてしまい…。



街角のスーパーで、治と祥太は買い物をするふりをしながら、連携して次々と商品を万引きしていました。そして帰り道、団地のベランダで寒空に部屋から閉め出されている少女に出会い、かわいそうに思って連れて家に帰ってしまいます。家には祖母の初枝、妻の信代、信代の妹の亜紀が暮らしていました。彼女を連れて来たことを責められた治は、返しに団地に戻りますが、部屋の中から聞こえてきた母親の声を聴いて、ゆりを残していけず、再び連れ戻ってしまいました。

治は日雇いの工事現場、信代はクリーニング工場、祥太とゆりは近所で万引き、初枝は月々の年金を下ろしに銀行へ、そして、亜紀は風俗店に出勤という一日が繰り返されますが、ある日、テレビでゆりの誘拐のニュースが流れ、すでに家族の一員となっていたゆりの存在に、一家は困惑してしまいます。そして、日が経ち、治は現場で怪我をしてしまい、仕事に出なくなり、信代はリストラされ、亜紀は常連さんと交流を持つようになっていました。貧しさの中でも明るく生きる家族ですが、祥太は自分の仕事である万引きに疑問を抱くようになっていきます。

ある朝、初枝が老衰で死亡しましたが、死亡届も出さずに家の地下に遺体を埋めてしまいます。さらに、祥太は万引きでつかまりそうになったゆりを庇うために、わざと捕まったことから、一家は警察に身柄を拘束されてしまいました。そして、そもそもこの家族は、疑似家族であったことも明らかになり、それぞれの隠された事情もお互いに解ってきます。警察の取り調べを受け、家族は解体され、それぞれのいるべき所に返されていきました。自分の家に戻ったゆりは、相変わらず母のネグレクトの中で、一人でベランダで外を眺めているのでした。

万引き家族

パルムドール受賞という色眼鏡で、ハードルを上げて見ているのかもしれませんが、素晴らしいという手放しで賛同するまでには至らなかったというのが正直なところでした。しかし、これほど評価の高い映画に欠点をあげつらうという勇気も自信もなくというのがこれまた正直なところです。見終わって、結局何を表現したかったのでしょうというところが、今一つ伝わってきません。こちらの感性不足かもしれません。血のつながった家族、他人の寄り集まった家族、それぞれのありようと、家族の絆でしょうか。しかし、すべて劇中で語られきっていて、見て納得という以上のものになりませんでした。

疑似家族ものでは、「at Home アットホーム」とか、全体評価は別にして、家族の関係がストレートで面白かったし、貧困や家族の絆であれば、たくさんの映画で描かれてきたし、この映画エピソードが本当に高いレベルで、いろいろ詰まっているけど、これと言ってとびぬけたところが無くて、もどかしい気がします。そして、最後に謎解き後日談的にいろいろと語られるスタイルもあまり好きではありません。できれば物語の中で消化して欲しい。とまぁ、いろいろと消化不良で終わってしまいました。

それで、最も良かったのは、家に戻されたゆりが、ベランダから外を眺めるラストかな。きっと、この場面が最高の場面で、この話はここに尽きるのかなと思いました。何も言わない彼女の行動がすべてを語っているという素晴らしい場面でした。その先には、今まで語られてきたような物語でなく、素晴らしい未来が見えていると信じたいと思います。ここのインパクトだけで評価すると、一発芸の映画みたいですが、そこは水準が高い映像の中で、とびぬけて心に飛び込んでくる場面ということで捉えておきましょう。

2019.11.25 JAL759 機内エンターテインメントで鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR