FC2ブログ

「ニッポン無責任野郎」 気楽に楽しみながら思い出に浸る

BSで放送された映画がたくさんHDに納まっていて、なかなか見きれないのですが、今回はその中の一本を消化です。といっても、植木等の映画は素直に楽しめるので、期待して見ました。1962年の映画で、東宝の制作、監督は古沢憲吾です。

あらすじ
無責任男源等(植木等)は、街角で知り合った明音楽器営業部長の長谷川(ハナ肇)から会社の派閥争いの話を聞き、さっそく取り入って入社。そこで、同僚の丸山英子(団令子)の預金を見つけた彼は、大ぼらを吹いて結婚を申しこみ、これも成功。両派閥を巧みに渡り歩き、未収金取り立て係に廻されると、会社の金を使って取り立てて回り、自分名義で預金してしまう。今度は、アメリカのスミス楽器の御曹子(ジェリー伊藤)が技術提携をしたいとでっち上げ、これに乗せられた派閥の頭の専務(犬塚弘)と常務(人見明)はまんまと乗せられ、リベート合戦を展開。すべては等の懐絵はいっていくが、結局すっかりばれて首になってしまう。それでも負けない等は再び復活してくるのだった…。



東急の5000系がホームに到着、自由が丘駅のシーンでこの映画は始まります。駅前で源等はいろいろやらかしつつ、長谷川に出会い、調子よく長谷川の懇意なマダム静子(草笛光子)のいる店へ。そこでいろいろと話を聞き出し、面白そうだと思うとすぐに行動開始しました。まずは、次期社長を巡って専務派常務派が対立する明音楽器への入社から。等は病気ということで入院している現社長・宮前(由利徹)を訪ね、見舞いの果物籠をもらってくると、それを常務のところに社長就任祝いとして届け、口から出まかせを言いながら様子を探り、翌日、明音楽器を訪ね、うまくはぐらかして自らの入社を認めさせてしまいました。

営業部の丸山英子の預金通帳を確認すると、さっそく英子をデートに誘い、大ボラを吹きながらついに結婚にこぎつけます。そして、英子のルームメイトの石沢厚子(藤山陽子)に、会社の中込晴夫(谷啓)が想いを寄せているのを知り、相談にのると見せかけてそのまま中込家の下宿人になってしまいました。英子はちゃっかりしていて、のせられて結婚したものの、食事も生活費も割り勘。そして、中込家の母・中込うめ(浦辺粂子)は、等たちの提案で、庭を駐車場にしてしまい、うめも働き甲斐を見つけて活き活きとしてくるのでした。

その後、等はサックス吹きのゲーリー(ジェリー伊藤)を、技術提携をしたいアメリカ・スミス楽器の御曹子に仕立て上げ、次期社長を狙う専務・常務両派からそれぞれリベートを取ります。これはばれてしまい、等は会社を解雇されてしまいました。しかし、明音楽器次期社長は結局、専務・常務どちらも選ばれず、北海物産から平均が社長としてやってきて、秘書は源等、ということでこの映画は幕を閉じました。

ニッポン無責任野郎

という訳で、あらすじはだいぶん端折っていますが、まぁこんなもんでしょう。ほかにいろいろとエピソードや小ネタが満載です。どこをとっても笑える映画なので、気軽に見るにはいいと思いました。やることは現実離れしていますが、それを通用させてしまうのが、植木等ならではということでしょう。これに付き合う団令子もなかなか負けてはいません。銀行のただのお茶でデートとか、新婚旅行は、近くの遊園地とか(船橋ヘルスセンター)、考えられないような冷遇ですが、そもそも現実派なので、そこは大きなマイナスポイントにはならなかったようです。

もう一つの無責任映画、日本無責任時代は、ラストで平均が北海物産の社長になるので、ここで源等が秘書になり、2つの話が繋がるのですが、無責任のお話はこれでおしまい。あと無責任の名のついた映画が一つありますが、あちらは花のお江戸の話なので、これとは繋がらないようです。これ以降、植木等の映画としては、日本一シリーズがたくさん作られていきます。いずれにしても、ネタが満載で、コントを見るような雰囲気もあり、楽しめるものだと思います。

この時代の映画のもう一つの愉しみである、かつての風物を見てノスタルジーに浸るという点ですが、やはり一番は東急5000系。私が東京に出た時はすでに東横線からは撤退していて、目蒲線で乗った記憶があります。地方に譲渡されたものは、いくつか乗ったことがあると思うのですが、上田交通とか、松本電鉄とかは記憶に残っています。もう一つは船橋ヘルスセンターなのですが、私が東京に出た時はすでにららぽーとでした。近くに谷津遊園はかろうじて残っていましたが、これもすぐになくなってしまいました。ちょっとした昔語りです。

2018.11.23 BSプレミアムの録画を自宅にて鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR