FC2ブログ

「大阪の宿」 サラリーマン生活を続けた身として複雑な感慨を覚える

古い日本の映画を見ていますが、今回は「大阪の宿」。1954年の映画で、五所平之助監督、新東宝制作の映画になります。当時のサラリーマンを主人公に据えた大阪の物語ですが、どんなお話でしょう。これは、全く予備知識なしで鑑賞です。

あらすじ
重役を殴ったことにより、大阪に左遷された三田は、旅館酔月荘を宿とし新生活をスタートする。いわばエリート社員の三田は、周囲の生活苦にあえぐ人々と一線を画した生活をしているが、徐々になじんでいく。そんな中で街角で見染めた気になる女性が、親友の友人の娘と判明、ひそかに想いを寄せるが、三田の会社の取り立てにより、彼女の父親が自殺してしまう…。



保険会社に勤める三田(佐野周二)は、重役を殴った為左遷されて大阪に転勤してきました。大阪では親友の田原(細川俊夫)と歓談しながら下宿探し。偶然探し当てた酔月荘は、周囲の旅館が次々と連れ込み宿に鞍替えする中で、亡き夫の信念を曲げず守っている女将が経営しており、おりか(水戸光子)、おつぎ(川崎弘子)、お米(左幸子)という三人の女中が働いていました。三田は大阪の店に出勤しますが、重役を殴った件でいろいろと嫌味を言われるので、少々居づらい感じで、田原との懇談や芸者うわばみ(乙羽信子)とのやり取りなどで気を紛らわせています。しかし、三田自身も大阪の下町の生活になじんでいるわけではなく、孤高の暮らしをしているようでした。

三田の周囲では、それほど裕福でない人たちの暮らしから発生する、いろいろな事件が起きます。親の病気の為、金が必要になり、酔月荘の客に体を売ってしまった洋裁屋の娘。甲斐性のない亭主を持つ女中のおりかは同宿の人の金を盗んだことがばれ、酔月荘を追われ、同じく女中のおつぎは忙しく使われて子供にも会いに行けず、ついに女将に反旗を翻す。お米はしきりに独身の三田を誘惑する。などなど。そんな中で、芸者のうわばみは、三田にすっかり惚れてしまい、時々酒を抱えて酔月荘にやってくるようになりました。

三田は実は街角でかねてから心惹かれている女性がいました。彼女は、井元貴美子(恵ミチ子)といって、田原の先輩で大洋々行を経営する井元(北沢彪)の娘ということがわかりましたが、その後、井本は三田の上司に借金を取り立てられて自殺。貴美子の消息も分からなくなってしまいます。三田は上司に酒席に誘われますが、席上でも厳しい顔を崩さす、そこに登場したうわばみも同調して、宴席で支店長以下を糾弾してしまいます。これがもとで三田は東京に追い出されることになりました。酔月荘も経営難に勝てず、連れ込み宿に転向、おつぎも追い出されました。そして、三田の送別会には、おつぎ、おりか、うわばみたちが集まり、三田は感慨深く大阪を去るのでした。

大阪の宿

情緒のあるドラマでした。東京から来たエリート社員が、大阪の下宿で始める新生活。その中での出会いと別れというストーリーです。原作の水上瀧太郎は、戦前の小説家ですが、三田文学を主宰しながら、本業では明治生命の役員に上り詰めた人物。この物語は大阪に赴任した時代の体験をもとに書かれたものでした。いろいろな苦労を背負った人々と交流する東京のエリート社員という構図ですが、現在でも通ずる普遍的な課題でもあります。

当時のこの格差感は、一億総中流と言われた時代を経た現在とはだいぶニュアンスが違うと思いますが、いろいろな意味で根強く存在していると思います。東南アジアに赴任している身としては、やはり同じようなことを考えさせられます。むしろこの映画の感覚に、より近いかもしれません。三田のいわば上から目線の考え方。普段は態度に出す訳ではありませんが、生活は周囲の人々と一線を画しており、また、周囲から見れば別格の存在の為、困った時の相談相手になってしまうという感じでした。

乙羽信子が素晴らしいと思いました。三田の「君と僕では住む世界が違う」という、極めつけの上から目線のセリフに対し、「私は同じだと思っていた」と返す場面や、井元を自殺に追い込んだ支店長の前で啖呵を切る場面など、なかなか雰囲気が出て、爽快でもあります。この映画、基本的に三田は味わいの乏しい性格なので、乙羽信子が主人公サイドで一番カラーを出していると思います。そして、最後の送別会、いかにも東京から転勤してきたサラリーマンが帰っていくという雰囲気が大変よく出ていて、幾度も経験してきた身としても、妙に感慨深いものがあったのでした。

2018.11.18 HCMC自宅にてパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR