FC2ブログ

「噂の女」 1954年作品 廓の物語から普遍的な人間性を追求

最近、古めの日本映画が気になって立て続けに見ていますが、昭和40-60年代の日本映画が多く、その時代の風物を楽しみながら、その時代に思いをはせております。今回は、1954年溝口健二監督の「噂の女」。京都の置屋の風物から、当時の社会情勢がうかがわれる作品でした。54年(昭和29年)大映製作です。

あらすじ
京都島原にある廓の、太夫の置屋とお茶屋を兼ねた井筒屋の女将初子(田中絹代)のもとに、東京の音楽学校にいた一人娘の雪子(久我美子)が、傷心からの自殺未遂で帰ってくる。初子は通いの医師である的場(大谷友右衛門)に雪子の診察を頼んだが、彼女は頑なにそれを拒むのだった。雪子は、母の商売が自分の恋の破局の原因であると考え、廓の中で孤立していたが、ある日、太夫の一人が病に伏すと、献身的に看病をし始める。一方、初子は的場に思いをよせ、的場のために財産もすべて掲げようとしていたが、的場はいつしかその娘の雪子に思いを寄せるようになってしまう…。



女たちが夜の仕事の準備を始める頃、井筒屋で忙しげに動き回る女将初子。そこに、夫亡き後彼女が育て上げた一人娘の雪子が帰ってきます。廓の和装の女たちの中に、洋装で帰ってくる雪子は、物憂げでしたが美しく、異彩を放っていました。雪子は東京の学校に通っていましたが、傷心の末自殺未遂を起こし実家に帰ってきたとの事で、初子は通いの医者の的場に問診を頼みました。的場も雪子の美しさに目を奪われた様子。彼女を落ち着かせようと熱心に話しかけます。しかし、雪子は頑なで、自殺の原因となった別離はここの母の商売が原因であったことから、この廓を忌み嫌っている様子でした。

その夜、太夫の一人が病に倒れ、大夫たちの前では冷たい女のように振舞っていた雪子は、病床の大夫を優しく看病し、他の大夫たちも雪子の優しい姿を見て打ち解けていきます。一方で初子は的場に思いを寄せており、店も財産も投げうって開業医になるよう、資金を出そうと申し出ます。的場は言い寄る初子に対し、つかず離れずの返事。そんな中で、的場の心は雪子に傾いていき、関係を深めていこうとします。初子は店を抵当に入れてまで借金をして、的場に渡そうとしますが、すでに雪子と将来の約束までこぎつけた的場は、初子につらく当たり、初子はその金だけを渡して身を引こうとしました。

そんな母と的場の現場を見てしまった雪子は、的場の性根を知り、的場に絶交を言い渡し、母の金も取り返して的場を追い出してしまいます。母の初子は的場を失ったショックから病床に伏してしまい、雪子は看病しながらお茶屋を切り回す決心をします。そして、母の心配もよそに、雪子は大夫たちの信頼も得て、元気よく店の中を仕切り始め、一方で、廓から出勤していく大夫が、姉をここで病気で亡くし、代わりに自分が働き始めた妹を見て、この商売はいつになったら無いようになるんだろう。と語る言葉で結ばれるのでした

噂の女

主なストーリーは、田中絹代と久我美子の母娘の恋の確執というところでしょうか。その間で母から娘に乗り換えてしまう的場の軽薄な打算。この話を軸に映画は進んでいきました。そしてその中で描かれるのは、この時代の社会と廓の存在。久我美子の口から語られる、この商売の汚さを卑下する言葉は、最初は東京に出ていったインテリの理想主義的な言葉でした。そして、大夫の病気と死。田舎から姉を引き取りに来た妹との会話から、徐々に世の中のことを理解していく様子が描かれています。

最初は好青年風に見えた的場は、だんだん女性に対して目移りしていく様子や、田中絹代に対するつれない態度。物語が進行するに従って馬脚を現し、ただの軽薄で自己中な男になっていきます。そして、廓の社会のことについては、ある意味現状を受け入れつつ、そこで働かざるを得ない境遇を嘆く言葉で結ばれます。出てくる男は、ただ遊び惚けている姿か、身勝手で都合よく女性をものにしたい人たち、それに対して女性は境遇を受け入れ、あるいはその中で逞しく生きていく姿として描かれていました。

島原の廓にまつわるいろいろな人々を描きながら、それぞれの視線で見た登場人物の言動として、廓と彼らの人間性が語られていきますが、それは物語の中で変化もし、成長もしという感じです。内容的には大変普遍的なこととして描き出され、いかにも人情味にかけるような言葉も、さりげなく語られ、人間性を追求していくところは見事だと思いました。見ているうちは、身勝手なセリフや上から目線など失笑したくなるところもあるのですが、考えてみれば故意に言わせているようにも思えてきて、最終的にはうまく作っているなと思い至ります。あくまでもさりげなく積み重ねられていき、作品全体を通してまとまり、立派な高みに達しているような気がしました。

2018.11.11 HCMC自宅にて、パソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR