FC2ブログ

「影なき声」 影なき声に盛り上がる恐怖感と往年のスターたち

最近「8時間の恐怖」を見たので、その流れで見つけたこの映画が気になって見てしまいました。あちらでは、清太郎のクレジットでしたが、今回は鈴木清順のクレジットになっています。1年の間のことなので、57年から58年の間のことですので、この間に変わったようです。1958年映画で、日活スコープの映像です。

あらすじ
毎朝新聞の交換手朝子(南田洋子)は、偶然電話の向こうの殺人犯の声を聴いてしまう。しかし、その事件は迷宮入りし3年を経たある日、その偶然のきっかけともなった、毎朝新聞の事件記者の石川(二谷英明)は、ある日結婚して退社し、所帯じみた朝子を、街中で見かけた。朝子は、小谷(高原駿雄)と結婚したが、小谷は小心者で、浜崎(宍戸錠)の経営する広告店の付き合いということで、自分の部屋を毎日得意先との麻雀に使わせていたのだ。ある日浜崎が来るのが遅いので、朝子に電話をかけさせたところ、その声に朝子に三年前の記憶が蘇り、浜崎の印象が悪夢の様に彼女の頭から離れなくなる…。



毎朝新聞の電話交換手朝子は、職業柄300人の声を聴き分けられるという特技を持っていました。ある晩、事件記者石川の依頼で繋いだ先から、奇妙な高笑いを聞いてしまいます。そして、その先とはまさに殺人現場だったのでした。このことが公になった朝子は、検証のためたくさんの容疑者の声を聴かされることになりましたが、事件は迷宮入り、新聞社も結婚退職して、小谷という小心だが優しい男と暮らしているのでした。3年後のある日、石川はたまたま路上で朝子を見つけ、朝子の住むさびれたアパートに時の流れを感じます。そして、その頃小谷の上司の浜崎は、小谷に川井(金子信雄)という新しい客が見つかったから、麻雀の為部屋を貸すようにと命令します。

この日から小谷の部屋では、小谷、薬局を経営する川井、ビリヤード店経営の村岡(芦田伸介)、上司の浜崎の4人で、毎日麻雀が続けられることになります。ある日浜崎が来るのが遅いので、朝子は小谷に頼まれ浜崎に電話すると、朝子の頭に3年前の声が蘇りました。生では解らなかった声が、受話器を通じることによって蘇ってきたのです。そして、朝子は浜崎を見るたびに怯え、妄想を抱くようになります。数日後、小谷は浜崎と喧嘩をして血だらけで帰ってきます。そして、その翌日浜崎は小平で死体として発見され、小谷は容疑者として拘留されてしまいました。事件記者として気になり始めた石川は、朝子を訪ねて事情を聞き、この事件の本格的な調査に乗り出しました。

石川はまず川井を訪ね、川井は浜崎から恐喝されており、小谷に浜崎と手を切ることを勧めたと証言します。そして、犯行時間はずっとバーで飲んでいたというアリバイがありました。村岡を訪ねた石川は村岡の子分の明(野呂圭介)から、村岡の家は浜崎が発見された現場近くに住んでいることを聞き出します。村岡には、犯行時間帯付近で、ちょうど20分のアリバイが無いことを発見、彼への疑いを強めますが、浜崎の服についていた石炭などから、殺人現場は田端駅近くの貯炭場であり、村岡のいた小平からは20分で往復できる場所ではないという事実が立ちふさがります。そのうちに警察の尋問に朦朧となった小谷が犯行を認めてしまいますが、朝子は夫の無実を信じ、石川は朝子に友達以上のものを感じながら、二人で更に調査を進めていくことになりました…。

影なき声

暗い夜の場面が多く、かつ白黒映画ですので、パソコンの画面で見るのがちょっと辛かったという印象がありましたが、なかなか見せ場のあるサスペンスでした。特に前半、導入で不審な男の声を聴いてから、自宅に毎日麻雀をしに来る浜崎が3年前の声の主とわかるまでの、雰囲気の盛り上げ方や、南田洋子の恐怖に怯える姿など、緊張感があって素晴らしいと思います。犯行現場は小平市と田端操車場。小平市の朝もやの中の田園風景などは、なかなかいい絵になっていました。

殺人事件が起こってからの謎解きは、主に警察の捜査からの観点ではなく、事件記者石川の調査で進んでいきます。後半は、石川の行動が主になっていく中で、石川とかつての同僚の朝子の関係が微妙に揺れていきます。もっとも朝子の方は常に夫の小谷のことを一心に思い続けていたようです。揺れているのは石川の方でした。記者仲間から、あなたの捜査は枕の匂いがするとまで言われているところからすると、こういう揺らぎは周りにも解ってしまうものなのですね。気を付けないといけません(笑)。謎解きは、最後に一気に語られるスタイルで、あれよあれよと解き明かされてしまい、しかも複雑で解りづらかったので、松本清張原作の謎解き自体は立派なのですが、映画としてはもっと工夫が欲しいと思いました。

出ている俳優さんは、子供の頃お茶の間のテレビでなじんだ人が多く、それが若いころの姿で出ているので不思議な感じです。テレビでは、ほぼ40代の姿になじんでいるので、彼らを一目見て誰かと言い当てることはできませんでした。宍戸錠南田洋子芦田伸介二谷英明、この辺りが良く見ていたテレビのスターかな?そして、野呂圭介は「どっきりカメラ」ですね!やはり、この映画の映像とはなかなか結び付きません。しかし、そういった部分もいろいろな楽しみがあったので、なかなか良かったと思います。

2018.11.10 HCMC 自宅にてパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR