FC2ブログ

「団地妻 昼下りの誘惑」 狭い世界の誘惑のスパイラル。結末は…

久しぶりに日活ロマンポルノを見ようと思った訳ですが、まず第一優先は宮下順子様なのです。ネットからいろいろ選んだのは、「団地妻 昼下りの誘惑」。やはり、定番の団地妻シリーズは外せないのと、宮下順子らしい演技が見られるのは、これではないかと…。シリーズでもそこそこ評判のいい方と思うので、期待して見始めました。

あらすじ
団地妻の笛子(宮下順子)は、夫・賢三(石津康彦)が持っていた女性の定期入れに不審を抱き、興信所に調査を依頼する。ところが調査員・石井(坂本長利)の調べで、賢三はスリであることが判明。笛子は賢三を気遣い、自分も悪い女になろうとする。一方、団地では、痴漢の出没が話題となり、笛子の向いに住む望月恒子(絵沢萠子)も、ある夜痴漢に遭遇してしまう。数日後、賢三と石井が団地内で出会い、石井は、興信所の調査員でかつ痴漢であると告白し、一緒に痴漢とスリをやらないかと持ち掛ける。一方、悪い女になろうとした笛子は、売春グループに入り、モーテルで最初の男に会うと、何と恒子の夫・喜久男(浜口竜哉)だった。喜久男はこの日のことが忘れられず、出張先から笛子にテレホンセックスを申し込むまでになるが、笛子がそれに合わせて陶酔している時、ちょうどそこに訪ねてきた、ちり紙交換の青年・松崎(大江徹)とも関係を持ってしまった。そして、賢三と石井は計画していた痴漢とスリの共同作業を実行に移そうとするが…。



笛子は、平凡なサラリーマンを夫に持つ団地妻になることが夢でした。夫・賢三は製薬会社の営業マンでしたが、夫の持ち物から女ものの定期入れを見つけてしまい、ご近所の恒子といっしょに興信所に調査を依頼します。その頃団地のママさんコーラスグループでは、最近団地内に出没する痴漢の話題で持ちきりでした。笛子や恒子も練習の最中にその話題を交換し合っていました。

笛子の夫賢三は、サラリーマンを巧みに装っていましたが、実はスリを稼業としていました。一方で、賢三は笛子を大事にしていて、家庭を壊したくないと思っています。ある日、調査結果がでたとのことで興信所を訪れた笛子は、夫が実はスリだったことを知らされます。思い悩む笛子でしたが、夫との団地生活を守りたい笛子は、自分も悪い女になって夫と合わせようと思い、その夜自分は売春していたと嘘の告白をし、それを庇う賢三と燃え上がります。

団地内のトイレで、賢三は興信所の男と出会い、男から賢三がスリであることを笛子に報告した事、また男は痴漢であることを打ち明けられ、痴漢とスリを一緒にやらないかと持ち掛けられます。一方で、悪い女になる決心をした笛子は売春を決行しますが、最初の相手として現れたのは、恒子の夫でした。驚く2人でしたが、2人だけの秘密という事で燃え上がりました。恒子の夫は笛子が忘れられず、出張先からテレホンセックスを要求。これに笛子も捉え陶酔の境地に入りました。そこに、頼んでいたチリ紙交換の青年が現れ、笛子の悶える姿に興奮し、そのままセックスに突入します。

そして、その3ケ月後、笛子は妊娠を賢三に告げ、2人は幸せの絶頂にあるかのように見えました。しかし、賢三はここで興信所の男から持ち掛けられていた、痴漢とスリのコラボを決行、あえなく逮捕されてしまいました。団地からは笛子はいなくなり、噂だけが残っています。チリ紙交換の青年は何か嬉しそうに帰っていきます。そして、別の団地に帰宅した青年は、自宅のベルを押すと、出迎えたのは、お腹が大きくなった笛子でした。笛子はあの時に妊娠しており、実の父親と、今度は平凡なサラリーマンの妻として嬉々として団地で暮らしているのでした。

団地妻 昼下りの誘惑

やはり、宮下順子良かったです。団地妻の演技堂に入ったものでした。売春婦として、浜口竜哉と絡む場面とか、最高に色っぽいし、同じく浜口竜哉の指示で一人で燃え上がる場面とかもいいですね。ここは電話の指示で、服を1枚1枚脱いでいく。なかなか期待をそそる場面です。浜口竜哉とは共演も多いので、いつもの相手という感じですかね。また、「私は実は売春していたの」っていう嘘の告白の場面とかも良かったです。健気な女を演じきっています。それが、一転売春の現場で、「たまには奥さんともしなくちゃダメよ」なんて色っぽいセリフがでてくるこの落差もいいですね。

ストーリーも申し分ないし、細かなエピソードも無駄なくまとまっていました。そして、最後はオチまでつけてもらっています。当時の風物としては、もちろん団地の光景はありますが、「団地の平凡なサラリーマンの主婦になるのが夢」というのは一般的な話だったのでしょうか?そこは、一世代上の話です。京王6000系がちらりと見えます。まだ登場して数年です。痴漢の為に乗り込むのは5000系でした。そして新宿西口地下広場での捕物劇、また、ママさんコーラスで練習しているのは、童謡の「ピクニック」。この歌で発表会ですか…。

という訳で、久しぶりに日活ロマンポルノの中でも、団地妻シリーズという看板シリーズでした。まだまだ見ていない方がずっと多いので、これからの愉しみにしていきます。日活ロマンポルノには、団鬼六ものとか、その他たくさんの作品があるのですが、少しづつおさらいをしていきたいという感じです。そういえば、団鬼六○○地獄っていう作品群、学生時代によく見たのですが、最近ご無沙汰なので、ちょっと見てみようかな…。

【リスト】 ① 裸のエロスを見る作品

2018.10.6 FANZA(旧DMM18) から、HCMC自宅にてパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR