FC2ブログ

「シェルブールの雨傘」 別離のシーンを究極の音楽と映像で描く

映画を見た本数というのは、2000本に満たないと思っているので、名だたる名作にも当然見たことの無い映画が沢山あるのは事実です。そんな中で、これもその一つ。たまたまBSで放送していたものを録画しておいたので、初めて見ることができました。「シェルブールの雨傘」は、1964年制作のフランスのミュージカルです。

あらすじ
ジェヌビエーブ(カトリーヌ・ドヌーヴ)はシェルブールの雨傘屋の娘。近くのガレージに勤める恋人ギイ(ニーノ・カステルヌオーボ)を、深く愛していた。ある日ギイに召集令状が来て、二年間の義務兵役に発つことになる。生活の苦しかったジェヌビエーブの家は、宝石商カサール氏(マルク・ミシェル)に助けられ、カサールはジェヌビエーブの美しさに魅せられ、求婚する。ギイからの便りも杜絶えがちになる中で、母(アンヌ・ヴェルノン)からの勧めにジェヌビエーブの心は揺れていく…。



第一部 旅立ち
港町シェルブールで、自動車整備工として働くギイは、ジェヌビエーブと将来を誓い合いデートを重ねていました。ギイは病身の伯母エリーズ(ミレーユ・ペレー)と、ジェヌビエーブは雨傘店を営む母エミリーと暮らしていましたが、母は、まだ若すぎると二人の結婚に反対です。ある日、雨傘店の経営に行き詰っていた母は、金策のため宝石を売りにジェヌビエーブと出かけますが、店との交渉はうまくいかず、たまたま居合わせた宝石商カサールが、ジェヌビエーブを見初め、その場でネックレスを購入してくれます。やがて、ギイに二年間の招集通知が届き、つかの間の別れとなってしまった二人。前夜二人は結ばれ、そして翌日シェルブールの駅でギイを見送るジェヌビエーブがいました。

第二部 不在
ある日、エミリー夫人はカサールと出会い、家に食事に招待しました。当時、妊娠していることに気づいたジェヌビエーブは、ギイからの杜絶えがちな手紙に不安を感じているところでした。カサールは家に招待された日、母にジェヌビエーブと結婚したいと打ち明けます。そして、決めるのはジェヌビエーブだと言い残し、再び行商に出ました。ギイを待ち続けていたジェヌビエーブですが、次第にカサールにも心を開くようになり、最終的には生まれてくる子どもを一緒に育てようともカサールに言われ、結婚を受け入れ、二人は母とともに、パリへと移住してしまいました。

第三部 帰還
除隊となって帰郷したギイは、雨傘店を訪ねましたが、すでに店はありませんでした。ジェヌビエーブの結婚を知ったギイは自棄になり、酒と娼婦に溺れる日々を送り始めます。そして、彼を愛してくれていた伯母エリーズ死の報せ。ギイは住み込みで伯母の世話を焼いてくれていた、行く当てのないマドレーヌ(エレン・ファルナー)に、一緒に住んでくれるように頼み、しばらく二人は同じ家に住むことにしました。そして、ギイは改心し、伯母の遺産でガソリンスタンドを始めることに決め、立ち直ったギイに、マドレーヌも心を開いていきます。

エピローグ
ガソリンスタンドも順調で、男の子も生まれて幸せ絶頂のギイとマドレーヌでしたが、ある雪の夜、マドレーヌと息子がクリスマスの買い物に出た時、町を出てから初めてシェルブールに通りかかったジェヌビエーブの車がガソリンスタンドに給油に訪れます。助手席にはギイとジェヌビエーブの間の女の子。フランソワーズというのもかつて二人で決めた名前でした。スタンドの事務所で短く言葉を交わす2人。ジェヌビエーブは娘に会ってみる?とギィに聞きますが、彼は無言で首を振ります。そして車は去り、入れ替わりにマドレーヌが息子と買い物を終えて帰ってきました。そして、雪の積もったガソリンスタンドで、ギィは息子の手を取って遊び始めました。

シェルブールの雨傘

冒頭から、センスのいいタイトルバックが流れ、いかにもフランス映画らしい美しさに期待しました。ただしこの映画の画像の感じは、なんとなく平板な感じがして、決して好きなタイプではありません。テレビドラマのような雰囲気で、人物のみに対象が当たったような撮影みたいな感じを受けます。そしていかにもという感じの吹替感。とりあえず、そういった印象で始まりました。

素晴らしいのは、衣装や雨傘店のセット。大変美しくて、惚れ惚れするようなものでした。ジェヌビエーブの衣装とか、いろいろ変わるのですが、そもそものカトリーヌ・ドヌーヴの美しさと相まって、相乗効果で言わば天上の美しさです。これには参りました。そして、有名な音楽が加わります。こう揃ってみれば、もう文句のつけようがありません。そして、エレン・ファルナーもなかなかいい雰囲気です。

そして、究極的には、雪の中のラストシーンは、映画史上屈指のものではないかと思います。フランソワーズに会わないと決意表明したギイですが、揺れる心の中で、この数年間のマドレーヌとの生活とギイの思いが現れていると思います。待ってくれなかったことを責める訳でもなく。そして寂しく去っていくジェヌビエーブの姿に、割り切れない思いを感じる結末です。今後一切再会しませんという形のきっぱりした結末でした。死別で別れを作るのは簡単ですが、意思で克服する別れは、また違った感動を呼びます。列車が出発する時のシーンとこのラストシーンの二つ。いつになっても見てみたくなるようなシーンです。まさに、別離を美しい音楽と映像で描いた至高のドラマだと思いました。

2018.7.28 自宅にてNHKBSプレミアムの録画から鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR