FC2ブログ

「オーバー・フェンス」 孤独な中で家族の大切さを際立たせる作品

キネ旬ベスト10を見る。今回は、2016年日本映画第9位の「オーバー・フェンス」です。この映画は、「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続く佐藤泰志の「函館3部作」と位置付けられているとのこと。最近、「そこのみにて光輝く」を見たばかりなので、その類似性等楽しみに見てみます。2016年の映画で、東京テアトルの配給。70周年記念作品となっています。監督は山下敦弘です。

あらすじ
妻に愛想をつかされた白岩(オダギリジョー)は、東京から故郷・函館に戻り、職業訓練校に通っていた。いつも訓練校とアパートを往復するだけの日々で、交友関係も持たず過ごしていた。ある日、同じく訓練校に通う代島(松田翔太)にスナックに連れていかれた彼は、聡(蒼井優)という名の変わったホステスと出会う。感情の起伏が激しく、危うい雰囲気の彼女に白岩は徐々に惹かれていくが…。



職業訓練校で、白岩は建築科に所属、日々大工仕事の授業を受けていました。仲間とは普通に会話をするものの、周囲とは距離を置いており、冷めた存在でした。故郷に帰ってから実家に顔を出すわけでもなく、あてのない日々を送る白岩は、ある日クラスの代島から飲みに誘われ、クラブの共同経営者にならないかと持ち掛けられます。それはやんわり断る白岩でしたが、クラブにいた一風変わったホステスの聡と出会い、車で送ってもらうことになりました。そして、体の関係も持ちましたが、聡は突如切れて暴れだしてしまい、聡とは一時疎遠になります。

聡のことが気になる白岩でしたが、しばらくして聡が会いたがっていると代島に言われ、アルバイト先を教えられます。それは動物園のある遊園地で、遊具の係をしている聡と再会。その後再び白岩は聡のいる店に一人で訪れ、さらに関係を深めていきました。ある日、白岩は別れた元妻と久しぶりに再会。時間を経てお互いのわだかまりの消えつつある中での出会いに、白岩は過去を思い出し嗚咽。しかし、それは遠くから聡に見られていました。白岩が再び聡の働く公園に行くと、この時のことを持ち出し、再び切れてしまいました。

職業訓練校のソフトボール大会。練習やメンバー決定の過程で、かなりすったもんだがあったのですが、クラスのメンバーはそれぞれ家族や友達を呼び、楽しく盛り上がっています。白岩も聡を呼んでいましたが、なかなか現れませんでした。試合も終盤に差し掛かり、チャンスで打順が回ってきた白岩。そこにやっと聡が到着。お互いを認めると白岩のバットは一閃、ボールはフェンスの向こうに向かって飛んでいくのでした。

オーバー・フェンス

ということで、主人公の白岩に関するストーリーを追ってみました。その他にも、訓練生やその家族などそれぞれのエピソードや、教官との確執なども語られていきます。一癖二癖ある人々ですので、一つ一つ興味深いのですが、あくまでも全体の雰囲気づくりのようで、中心のストーリーにはさほど関係が無いようです。それぞれに、いろいろと背負うものもあり、問題も抱えているという姿が描かれています。

聡の描写が、最も突飛で最も異様。家族と別に離れに住み、自分の居場所を求めつつもままならない中で、悲嘆にくれ切れてしまう。そんな女性を表現しています。そして、白岩に必死で自分の居場所を求める様子が伺えます。「そこのみにて…」がどん底の生活を描いていたのに比べると、この映画では、貧困の描写はそれほど顕著ではありませんでした。むしろ、一人一人が精神的にどこか壊れている雰囲気が前面に出ます。それは同情を買うようなタイプのものではなく、みんなどこか危ない人たちで、一つ間違える手前で踏みとどまっている。そんな人々に見えてしまいます。

生徒だけの訓練生の世界は、何か起こりそうな危険な雰囲気を常にたたえていました。しかし、ソフトボール大会の日、それは一転します。家族や友人が次々と訪れ、あいさつしあう。そこは、今まであった異様さは全くなく、普通の明るい世界でした。男だけの異質な世界から、家族や友人のいる普通の世界への転換と対比は素晴らしいと思います。この映画からは、そこに生きていくための一つの回答を見出すことが出来ます。そして、聡が現れ、幸せな雰囲気で幕を閉じました。「そこのみにて…」と比較してしまうと、小粒で内に籠った話なので、インパクトは弱いのですが、蒼井優の凄まじい演技もあり、キラリと光る作品だと思いました。

2018.7.23 HCMC自宅にて Huluからパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR