FC2ブログ

「ラ・ジュテ」 静止画像による古典的ストーリーのSF短編映画

GYAO!動画の中から見つけた短編映画です。モノクロ写真の静止画像を連続して映す手法で描かれた、いわゆるSF映画ということで、そこそこ有名な映画らしいのですが、初めて知りました。ということで、何か面白いものを期待して鑑賞です。1962年制作のフランス映画になります。

あらすじ
第3次世界大戦、地上は放射能で汚染され、廃墟と化したパリで、戦争を生き延びた勝者側の科学者たちは、過去と未来に救済を求め、捕虜を使って時間旅行を試みていた。少年時代の記憶に取り憑かれた男(ダヴォス・ハニッヒ)が実験台に選ばれ過去に行き、その執着の記憶の中の、オルリー空港で出会った女(エレーヌ・シャトラン)と何度も出会う。実験は成功とみなされ、彼は未来に送られ、世界を救うエネルギーを持ち帰るが…。



少年時代の男は、オルレー空港の送迎台で待つ一人の女と、その時起こった轟音とともに倒れる男の光景の記憶に執着していました。そして戦争が勃発し、人類は汚染された地上を避けて地下に住むことになりましたが、勝者は過去と未来に行き、その時代の物資を持ち帰ることによって人類存続の活路を見出そうと、捕虜を使い時間旅行の実験を開始します。しかし、それは過酷なもので、ほとんどの被験者は死ぬか精神異常をきたすかという結果となっていました。

男は過去への執着の強さから実験台に選ばれました。大変苦しい実験でしたが1回目に空港で見た彼女と会うことと成功、2回目からは言葉を交わすようになり、3回目にはさらに懇意になっていきます。実験は第2ステップに移り、進むにしたがって彼は狙った時間に過去と現在を行き来できるようになり、彼女の方も、突然現れては消えていく彼を受け入れるようになりました。しかし、最後の博物館のデートの後は、過去への実験は終了し再会することはありませんでした。

実験は未来への移動に移りました。過去へ行くよりも困難でしたが未来のパリに行くことに成功。街は再興され、未来人たちが活動していました。人類は滅亡しなかったのです。かれは未来人と交渉し、全産業を復活させるエネルギーを持ち帰ります。これで彼の役目は終了し、いずれ抹殺される身となりますが、彼の元に未来人が現れ、平和な未来に行き仲間にならないかと誘います。しかし、彼の執着は過去でした。あの日のオルレー空港に着いた彼は彼女の元に駆け寄ろうとしますが、追跡者の手によって撃たれます。あの時の幼少の記憶。撃たれたのは将来の彼自身だったのです。

ラ・ジュテ

いや、これは面白かったです。話は極めて古典的なタイムトラベル物のSFのストーリーでした。ストーリーだけみると、トワイライトゾーンの一話と言っても通じるかもしれません。実験的な映像と思っていたのですが、かなり効果的な映像ですんなりと見ることができました。いかにも1950年代のSF映像らしい写真が連続し、その背景にナレーションと20世紀的なクラシック音楽が流れている。静止画の連続ですがそれが効果的に配置され、前衛的な動画を見るように効果的で、素晴らしい雰囲気を出していると思いました。

場面として最も印象に残る一枚は、やはり最後の撃たれる場面でしょうか。この一枚はいつか見た戦場の写真のように強いイメージを出しています。あとは、まとまった組写真として、実験台の男と科学者、過去での女とのデート、そして未来人の姿などがセットになって使われています。実験台ではこの時代のSF映画的な雰囲気が出ており、女との場面では関係が進展していく様子が伺えます。未来人の描写は単純ではありますが、効果的だと思いました。

ラ・ジュテは突き出た桟橋の意味で、あの送迎台のことでしょうか。監督のマルケルは、フランスの作家、写真家、映画監督であり多様なメディアを駆使した作品を残し、後の映画にもいろいろと影響を与えた人ということです。多才な人でドキュメンタリー映画が多いらしいのですが、左岸派の代表としてフランスの映画史の中でも一定の位置を占める存在であるとのこと。こういった作品を見ると、映画の世界は広いよなと思ってしまいます。

2018.7.15 HCMC自宅にて GYAO!からのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR