FC2ブログ

「音楽」 増村保造の世界と当時の世相を表出

前回に引き続き、増村保造監督の映画鑑賞です。この映画は、大映ではなく、大映解散後に独立したメンバーが設立した、行動社制作です。ということで低予算ながら自由な制作が出来ていると思うので、より増村保造も好きなことをしているのではないかと期待です。そして、「音楽」の音楽を担当したのは林光。1972年の映画で、行動社・ATG制作です。

あらすじ
都心に診療所を構える精神分析医の汐見(細川俊之)のもとに、美しい女性麗子(黒沢のり子)がやってきた。彼女は、音楽が聞こえない、と言い、それから身の上話を語り始める。話していくうちに彼女の本当の症状は、恋人の江上(森次浩司)とのセックスで感じることができず、江上との仲もうまくいかないというものであった。汐見は彼女の問題を解決すべく、治療を進めていく…



なかなか刺激的なタイトルバックから始まります。この既視感はなんだっけなぁ…。確か、タイトルバックだけ妖艶で、中身はそれほどでもなかったあの映画…。そのうち思い出すでしょう。さて、ストーリーですが、なかなか書くのが難しいし、書いてしまうと長くなりそうなので、なるべく簡単に。つまり、精神分析医汐見のもとに現れた麗子の不感症を治すために、いろいろと質問したりして、原因を突き止めていく話なんです。そのエピソードとは…

麗子は、音楽が聞こえないといいます。ラジオもセリフは聞こえるが音楽は聞こえないと。彼女は地方の出身で、東京に務めていて、江上という逞しい恋人がいます。少女時代、親の決めた婚約者俊二(三谷昇)に無理矢理犯されたとのことです。

汐見は、音楽が聞こえないというのは嘘であると看破します。麗子は、江上とのセックスで感じることができず、江上から愛想をつかされるのを恐れているのでした。汐見は、麗子の心に浮かぶことを自由に話させることにしました。そして彼女は、色紙を切る挟みと、切った紙の間から走り出すぺニスの角を持つ牛、自分の足が巨大な鋏になる様子、そして、美しい麗子の伯母が、一緒に泊まった旅館で、忍び込んできた黒シャツ・黒ズボンの若者とセックスしている様子などを話します。

汐見は、麗子の症状は、子供のころの異状なセックス経験に起因していると判断しました。

麗子は、少女時代に兄に愛撫されたこと、伯母とセックスしていたのは兄で、この後兄は家出してしまったこと、そして江上と初めて会った時、黒シャツ・黒ズボンで兄そっくりであったことを告白しました。

数日後、癌で危篤の俊二を見舞った麗子は、やせ細って瀕死の彼の手を胸に当て、恍惚の表情で「音楽が聞こえる」と叫び、俊二の死後も彼を抱きしめました。そして、その後旅に出た麗子は、不能を苦に自殺しようとしている青年(松川勉)を抱き、男をよみがえらせました。男から再度求められると、「私が感じるのは病人か不能の相手だけ」と突き放しました。

汐見は麗子の話の矛盾から、兄との最近の出来事が原因ではないかと問い詰めました。

麗子は、女子大に訪ねてきた兄(高橋長英)と恋人同士のように街で遊んでいました。ある日、兄のアパートで二人で話していると、兄の女(森秋子)が帰ってきて、酔った女は妹だと言っても信用せず、二人にセックスさせてしまいましたが、子供のころから兄が好きだった麗子は良心の呵責を超えて激しく抱き合ったことを告白しました。

汐見は、もう一度兄に会わなければならない、と言いきかせ、世帯じみた兄の部屋を一緒に訪ねます。そして、そこには赤ちゃんが泣いていました。麗子は茫然とし、汐見は理解しました。麗子の真の欲望は兄の子供を生むことだったと。そして、そのためには自分の子宮をいつも空けておかなければならないので、不能者や病人にだけ感じることができるということを。

兄の子供はもう生まれてしまっていたので、「これで貴方の病気は治りました」と汐見は宣言し、一週間後、汐見のもとに「オンガクオコル・オンガクタエルコトナシ」エガミという電報が届きました。

音楽

三島由紀夫の小説が原作と言う事で、文学的な解釈は多々あると思いますが、それは置いといて。ここでいう音楽は、きっとオルガズムということに置き換えられると思いますが、ある意味アバンギャルドな雰囲気を持つ作品だけに、もっといろいろと考えることもできるかも知れません。また、自由連想からくるハサミは何を表しているかとか、ハサミで色紙を切る行為は何を表しているか、いろいろあるのでしょう。そのあたりはちょっと難しいところがあります。そんな中で、映画としてはいろいろと解りやすく、ストレートに表現しているのではないでしょううか。

それで、作品としてはとても好きです。それは黒沢のり子の脱ぎっぷりがいいという以上に、作品の雰囲気がいいと思います。舞台劇を思わせるような大げさなセリフもよくフィットしていますし、ちょっと変わった女の歪んだ情念が十八番の増村保造ですから、面目躍如という所では無いでしょうか。「盲獣」の緑魔子をも思い出しました。あちらはSM的異常性愛ですが、こちらは近親相姦ですか。さすがに屍姦までは至らなかったんですが、正直やってしまうかと思った…。そういう意味では、なかなかアングラな映画でもあります。増村保造自身の著によると、人類のいろいろな種類のセックスを盛り込み、またタブーを破ることによる性の高揚をも表現しているとのこと。そのあたり成功しているのではないでしょうか。

この時代、すでに日活ロマンポルノもスタートしているので、こういった映画も受け入れられるようになった時代。その中で文学作品の映画化として発表した映画ということになります。世相は、高度成長や没個性化が進む中での、性の多様性やタブーを破ることを表現したこの映画は、ある意味時代の流れとそれに抗する人間性の追求とも見てとれますが、現在では多様性が声高に認められる一方で、さらに標準とは異なる物への排除の意識が進み、何か常識にマッチしない事があれば、一気に世論から糾弾をあびる時代です。そのような時代では、口ではいくら自由を認めても、こういった映画は逆に作りづらいのではないかとも思いました。

そうそう、思い出しました。冒頭のタイトルバックの既視感は、「地獄」(1960 中川信夫監督)でした。

【リスト】 ① 裸のエロスを見る作品

2018.7.13 HCMC自宅にてパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR