FC2ブログ

「HOSTILE ホスティル」 至高のB級映画だと私は思いました

久しぶりの映画館での映画鑑賞です。やはり、音といい画面といい映画館は違いますね。当たり前ですが。やはり、これが本来の映画の愉しみだと、行くたびに思うのですが、どうしても、自宅でDVDというのが多くなりがちで…。今回の「Hostile」昨年、数々のファンタスティック映画祭でいろいろな賞を受賞し、好評だった映画。さて、どんなものが飛び出すのか楽しみです。

あらすじ
ジュリエット(ブリタニー・アシュワース)は、人類の大多数が死に絶えた後の、数少ない生存者であった。彼女は、生存者のコロニーの一員として、一人で食糧探索に出かけるが、事故により車が横転、足も骨折してしまい身動きが取れなくなる。基地になんとか連絡をとろうとするが、日の光を嫌い、夜間にのみ行動する邪悪な生物の跋扈する夜となってしまった。



人類が死に絶えた砂漠地帯を、SUVで走るジュリエットのシーンでスタートしました。この冒頭のシーンはなかなかカッコよくて、マッドマックスを思わせるような雰囲気を持っています。食糧のありそうな場所を探索しながら進みますが、なかなか思うに任せず、昼間は家の中などの暗闇に潜んでいるクリーチャーにも脅かされ、キャンプに戻る途中で、運転台に置いてあった恋人とのツーショットの写真が風で飛んでしまい、それにつられてバンドルを切り損ねてしまったジュリエットは、崖下の砂漠地帯に転落してしまいました。

画面は一転、まだ人類が普通に生活していたころの情景です。ジャック(グレゴリー・フィトゥーシ)の個展で出会ったジュリエットとジャックは意気投合しジャックの家まで行きますが、ジュリエットの機嫌を損ねてしまい逃げられてしまいます。あきらめきれないジャックはその後もジュリエットの前に現れますが、ジュリエットを射止めるまではいきませんでした。そんなある日、打ちひしがれたジュリエットは他に頼るところが無く、ジャックの元にやってきました。その後2人はすれ違いながらも、関係を深めていきます。

過去の回想シーンと横転した車中でのサバイバルシーンは、細かく交互に入れ替わりながら、話が進んでいきます。

砂漠で横転した現在のジュリエットは、足に複雑骨折を負っていましたが、ベースキャンプと連絡を取りつつ、夜になって現れるクリーチャーを撃退しながら車の中に籠城します。あの手この手で撃退しながらも、このままでは朝まで持たないと考え、ジュリエットは一気に攻勢に出るべく、武器をそろえ、砂漠の暗闇の中に飛び出していきますが…。

Hostile

見終わっての感想は、至高のB級映画を見させていただきました。というところでしょうか。導入部の元気なジュリエットの部分は、最高の映像で、なかなかカッコいいです。しかし、現在と過去が入れ替わり始めると、正直言って、過去の映像が鬱陶しい。そんなもの見せてどうするの?という感じになります。華やかなシーンも映しますが、なんか安っぽい華やかさが鼻につくような映像だなという感じ。と思ったら、ジュリエットの演じていたのも、ある意味見せかけの華やかさだったようでした。このあたりはもういいから砂漠の夜のシーンをもっと続けて見せてくれと言いたい感じです。

で、モヤモヤしたまま事件が展開していきます。過去の話の方は幸福の絶頂から不幸の奈落へとアップダウン。そして喧嘩の後の、お互いの愛の確認。現在の方は、ベースキャンプからの応援も難しいとわかり、車の周りにいるクリーチャーとの消耗戦がはじまり、ジュリエットは過去の思い出を回想しつつ、思い切った行動にでることになります。

ラストは、そういうのもありかなと思わせつつ、やはりマジにそう来られると、のけぞってしまうという、いわば衝撃のラストですが、館内は失笑の渦となりました。さすがにここではネタバレはしません。こちらは、複雑な気分で、笑っていいのか、感じ入っていいのか、放り出された感じで、最高のSFアクション的な導入部と、妙に安っぽい過去の回想と、そして、一つ一つの仕掛けがこのラストに向かっていたのか!と思わせるような見事なつくりと、いろいろあって、これは至高のB級映画だと思った次第です。いやまぁ、映画を見るのって面白いなぁと改めて思った次第。

2018.6.3. HCMC CGV Cinemas Parkson Đồng Khởi にて
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR