FC2ブログ

「いつか、きっと」 絶好調時のイザベルと、美しい映像、音楽を

今日は、フランス映画の鑑賞でした。いかにも、フランスらしい雰囲気をもったフランス映画ではないかと思います。主演は「イザベル・ユペール」その娘役に、モード・フォルジェ、そして道中のサポートで、パスカル・グレゴリー。大体この3人です。正直、イザベル・ユペールしか知りませんでした、これも、連日のDVD鑑賞です。2002年のフランス作品です。

あらすじ
南仏ニースで、中年の娼婦シルヴィア(イザベル・ユペール)は、客をとって生活の糧をえる日々を過ごしていた。シルヴィアには、14歳になる愛娘ロランス(モード・フォルジェ)がいたが、自分の姿をあまり見られたくないのか、故意に疎遠にしている様子だった。しかし、母の愛に飢えていたロランスは、ある夜シルヴィアのアパートに忍び込んでしまう。そこに、帰宅したシルヴィアと娼婦の元締めらしき男たちが喧嘩を始め、シルヴィアを打ちのめそうとするが、ナイフを持って止めに入ったロランスは、男の1人を刃物で刺してしまった。シルヴィアはとっさに娘を連れて部屋を出て、ここから二人の逃避行が始まった…。



シルヴィアが街娼として夜の町で盛んに客を誘っている光景、そしてロランスとの面会の日には冷たい仕打ちで互いに意思の疎通のない親子。そんな感じのスタートでした。一方で、映像とか、花言葉とか表現はちょっとおしゃれな感じです。そんなある日、母に会いたくなったロランスは、母の不在中に家に忍び込みますが、娼婦の元締めの男二人と帰ってきたシルヴィアは、金銭授受の問題で口論となり、一方的にシルヴィアが殴られたりしているところに、ロランスがナイフを持って割って入り、男を刺してしまいました。そして二人はすぐに支度をして、家を飛び出します。

最初に頼ったのは、元同業のサンドラ(Fabienne Babe)ですが、彼女は過去を消して一般家庭に納まっている様子。サンドラから、シルヴィアの前夫が会いたがっていると聞きます。シルヴィアの息子も8歳になっているとのことです。サンドラの元には長居はできず、シルヴィアとロランスは再び放浪します。目的地も何となく元夫のところに定まっていった様子です。金もない、泊まるところも無い旅で、道路わきの草原での野宿の日々ですが、シルヴィアとロランスは仲たがいをして別れ別れになってしまいました。

2人は、たまたま同じ男ジョシュア(パスカル・グレゴリー)の車に乗ったことから、やがて合流し3人で移動を始め、ついに元夫の元にたどり着き、出産以来会っていない息子と対面します。ジョシュアは二人をずっとサポートしてきましたが、彼自身出獄中に逃亡し、これからも逃亡を続けないといけない身分でした。元夫の家にはすでに後妻がいて、幸せな生活を営んでおり、すぐにそこを離れたシルヴィアは、将来息子とロランスと3人での家族生活を営むため、生活を立て直すことを誓うのでした…。

いつか、きっと

ストーリーとしては、街娼で生活を立てていたシルヴィアが事件をきっかけに旅に出て、旅先でのいろいろな出来事を通して生活の立て直しを誓う、というロードムービーでした。そして、花言葉や美しいフランスの内陸部の映像、そしてバッハなどの音楽などなど、沢山のアート要素も織り込まれていますので、美しいカルチャー雑誌的な雰囲気もあり、それだけでも飽きずに楽しめるものでした。

イザベル・ユペールは、この時49歳。2年続けて、カンヌ、ベルリンと賞に輝き、絶好調の時代です。すべてを投げ出したような、街娼の生活から、自分の過去を見つめなおし、それらを再訪して自らを修復していき、再起の誓いを立てる物語を、微妙な表情で演じています。ていうか、他の役者はおいといて、ほとんどイザベル・ユペールと、音楽・映像に注目という映画でした。イザベル・ユペールのメイクも街娼を離れてみれば、ほとんどすっぴんに近かったり、隈ができていたりと、美しく見せるメイクでなく、苦悩あるいは自堕落さを強調するようなメイクでした。

他の役者たちについては、まず登場機会の多いモード・フォルジェですが、この映画以外は短編やテレビが主体で、ショートストーリーの監督脚本も1本あるようです。なかなか渋い役どころのパスカル・グレゴリーは、出演作も多いようで、日本公開では、「キラー・セッション」(ワールド・エクストリーム・シネマ2017)など、いろんな役がはまるのではと思います。

という訳で、イザベル・ユペールの演技と、フランスの田舎の美しい情景と音楽にはまる、カルチャー的な映画を堪能させていただきました。雰囲気よく、穏やかに見られて良かったと思います。

2018.6.2 HCMC 自宅にてDVD鑑賞

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR