FC2ブログ

「アパルーサの決闘」 レニーをめぐる一風変わった西部劇

今日のDVD鑑賞は、日本ではDVDスルーとなってしまった西部劇、「アパルーサの決闘」です。もちろん、このDVDを買ったのは、レニー・ゼルウィガーがお目当てということなのです。容姿や体型の移り変わりの激しい彼女ですが、ここではどんな姿を見せてくれるのでしょうか?そして、時折作られる最近の西部劇というのも、いろいろな趣向があって、それはそれで楽しみなのでした。2008年のアメリカ作品です。

あらすじ
アパルーサの町では、ブラッグ(ジェレミー・アイアンズ)とその一味が町の治安を脅かしていた。ある日、ブラッグの手下の逮捕に出向いた保安官が戻らなくなり、その調査及び後任としてヴァージル・コール(エド・ハリス)と相棒のエヴェレット・ヒッチ(ヴィゴ・モーテンセン)がやって来る。彼らが活動を始めた頃、二人の前にアリソン・フレンチ(レネー・ゼルウィガー)という女が現れ、ヴァージルはその虜になるが、一方でブラッグのしっぽをもつかみ、裁判にかけるべく拘束する。 そして、ついに有罪判決を得て、刑場まで護送するために、汽車に乗り込むが…。



冒頭は、ブラッグと手下のならず者の集まる牧場に、その中に紛れている殺人犯を逮捕にしに来た保安官と助手が、容赦なく撃ち殺されるところからスタートします。さすが、マカロニ以降の西部劇です。違和感ありません。そして、この物語の主役である、コールとヒッチが登場。ナレーションは、助手のヒッチの視点で語られていました。2人はアパルーサに到着し、自分が法になることを町の顔役たちに納得させ、アパルーサの保安官となりました。

就任後のある日、町にアリソンと名乗る女性が到着します。どうやらコールは一目で気に入った様子で鄭重にもてなし、宿泊するホテルや仕事を紹介します。コールは、保安官の仕事は感情抜きでやらねばならぬ、と言いつつも、どうやらアリソンに異常反応をしている様子です。そんなある日、コールはブラッグ牧場の若者の内部告発により、保安官殺しの証言を得てブラッグを逮捕してしまいました。裁判までの間のブラッグの保護などで忙しくなりますが、一方でコールはアリソンとの新居を建設も進めていました。忙しいコールに構ってもらえないアリソンは、なんとヒッチを誘惑しようとしますが、流石に断られました。

ブラッグの裁判で有罪判決が下り、コールたちは刑場まで汽車で護送することとなります。ところが、アリソンを人質にとった一味にブラッグを奪われてしまい、アリソンとブラッグを奪い返しに二人で追いかけますが、アリソンはブラッグ達とも裸で戯れている始末。アリソンは多情で常にボス馬に乗りたがる女だという風に解説されます。アリソン奪還には成功しますが、ブラッグはその後恩赦が下り、アパルーサの町に戻って財を成していくことになりました。町に一つのホテルも手中に収め、そのホテルで働くアリソンは、ブラッグの部屋にこっそりと通う始末です。すっかり合法的に町の実力者となり、逆らうものもいないブラッグに対し、ヒッチはもはやここは居場所ではないと、町を出て行く覚悟を固めます。一方コールはアリソンとの生活がある為、この町を離れられず、そして、ヒッチはコールがこの町で少しでも長く保安官を務められるよう、最後に一肌脱ぐのでした…。

アパルーサの決闘

もちろん、このDVDを買ったのは、レニー・ゼルウィガーがお目当てなわけで、そうでも無ければ目にも止まらなかった映画でした。容姿の移り変わりの激しい彼女をみるのに、この時期の映画はベストかと言われると、そうでもないと思います。でも、レニーなりの魅力はありました。最初は、なんとなく太ったおばさんっぽく登場しましたが、最後は淑女っぽくなっています。一本の映画の中でも微妙に雰囲気が変わるのも、まか、なんというかレニーらしいところです。

エド・ハリス監督、主演と言う事ですが、エド・ハリスの役と言えば確かに主人公でヒーローなのですが、アリソンを見初めて以来、すっかり絆されておかしくなった感じのガンマンです。時々、変に切れて見たりと異常性も発揮しています。一方で、ヒッチの方は、その雰囲気のおかしくなったコールに真摯に仕え、失敗しないよう諫めつつサポートし、ついに、コールの事務所とアパルーサの町は自分の居場所でないと見切りをつけると、最後にコールに最大の恩返しをして、去っていきます。これはなかなかカッコイイ。演じるのは、ヴィゴ・モーテンセンです。

アリソンも、またボスらしい男が現れたら、その場その場でちょっかいを出すのでしょうから、コールとの仲がいつまで続くのか分かったもんではありませんが、それを承知で自分の仕事をして去っていくヒッチ。それを見つめるコールとアリソンですが、アリソンはヒッチを追いたくなったのでは?とも思ってしまいます。実際にヒッチに少し歩み寄ったのは、ヒッチが一貫して付き合ってきた情婦(Ariadna Gil)ですが、そこは西部の掟とすっと振り切って去っていくのでした。

ということで、劇中でも語られますが、ブラッグとの抗争はストーリーとしてはあるものの、西部の女とは?であるとか、希少な、優雅で教養のある(ありそうに見える)女性に絆されてしまうガンマンといったところが、見所になっています。ちょっと変化球の西部劇です。

さて、レニーの昨年公開の最新作「Same Kind of Different as Me」は、日本ではDVDプレミア「奇跡の絆」となってしまったので、ちょっと残念ですが、DVD(あるいはネット配信)で見てみましょう…。

2018.5.27 HCMC自宅にてDVD鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR