FC2ブログ

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」 実話をそのまま真摯に辿る映画

飛行機の中での鑑賞の2本目。まぁ、こういう場合は、1作目が本命なので、2作目は軽くみられる作品を、という感じで見ることが多く、今回もそういった感じです。題名だけだと、スルーするかもしれないのですが、土屋太鳳主演と言う事で、見てみることにしました。

あらすじ
結婚を約束した尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。結婚式を間近に控え、幸せの絶頂のある日、麻衣が突然、原因不明の病気で倒れてしまう。意識が戻らず、いつ目が覚めるかわからない麻衣の様子から、彼女の両親からは「もう麻衣のことは忘れてほしい」と言われるが、尚志は諦めずに麻衣の傍で回復を祈り続けていた。長い年月を経て、ようやく目を覚ます麻衣、ところが、さらなる試練が2人を待ち受けていた…。



岡山が舞台の物語でした。
真面目な自動車整備工の尚志は、体調が悪い中友だちの誘いを断り切れず合コンに向かいます。会場でも気乗りしない風情で押し黙っている尚志を、麻衣はずっと気にしていました。そして先に帰ろうとした尚志を追いかけ、麻衣は尚志の行動を糾弾します。しかし、尚志の事情を知って納得、その後も二人は会い続けることとなりました。そして、ある日プロポーズ。結婚式の会場選びをする2人は、幸せいっぱいの中にいました。

ある日、麻衣が「抗NMDA受容体脳炎」という300万人に1人が発症するという、とても珍しい病気にかかってしまいます。そして、長い昏睡状態に陥ってしまいました。尚志は、麻衣の元に通い、麻衣が目覚めることを祈り続け、その間に起こったことを麻衣の携帯に動画にして送り続けます。しかし、意識の戻らいない娘と悲観し、いつまでも通い続ける尚志を見かねた麻衣の父母は、これ以上麻衣と会わないで欲しいと告げます。

それも、克服した尚志は、ずっと麻衣のもとに通い続け、そしてついに麻衣が目を覚ましました。しかし、麻衣は記憶障害により尚志の事を覚えていませんでした。尚志は大きなショックを受けながらも麻衣の元へと通い、リハビリのサポートをしますが、お互いが愛し合っていたことを全く覚えてない麻衣にとって、尚志とは恋人の関係になれないようでした。そんな麻衣の気持ちを悟った尚志は、麻衣の元を離れ、町も離れてしまいます。ある日、麻衣はかつて尚志と決めた結婚式場を通りかかると…。

8年越しの花嫁 奇跡の実話

題名がいまいちですね、というのが第一印象なんですが。そうなんですよ、そう、あからさまに説明しなくても、という感じです。ストーリーも、お約束通り。最後まで安心して見られるものでした。だって、奇跡の実話なんですから。伏線は、回収されるべく回収され、それも全く予想を裏切らない方向で。昏睡状態の麻衣を看病し続ける間、仕事はどうしてたのかな?と気になってしまいましたが、それも工場の人たちの暖かい応援があったからこそでしょう。

実話を映画化すると、すごい実話でもそう突飛な話にはならないので、そのあたりは奇跡といわれても、アメージングな期待をしてもダメかな?と思います。この映画を見た感じとして、サラっと見たいると、サラっと流れて行くのですが、よくよく背景とかいろいろと考えてしまうと、すごいことだなと思います。この奇跡の物語のテレビ放映が、実話としてYouTubeで見ることが出来ますが、そちらの方は凄く感動しました。映画と思ってみる時と、実話として見る時と、ちょっと感じ方が違うなと体感しました。思えば、この題名も、飾らず実話として、というコンセプトだったのかな、と納得した次第。

土屋太鳳さん、相変わらず顔が大きめの印象。熱演で、大変立派であります。映画は、全体的に緩い雰囲気で、ご当地映画かと思ってしまう程なのですが、でもそれよりは、よく締まっている感じです。母(薬師丸ひろ子)と、父(杉本哲太)の存在も、この映画がキリっと締まるのに一役かっているかなと思いました。全体的には語りすぎずに、程よい展開が良かったかなと思います。

実話として、身近に起これば大変な事なのですが、映画としてみるとちょっと普通になりますし、実話は空想以上に遥かに凄まじいこともあります。とか、言いつつ、この映画は見て良かったと思ったのでした。

2018..4.2 JAL機内(成田→ホーチミン)にて
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR