FC2ブログ

「レディ・バード」 JKから大人への女子の日常を普通に描く佳作

久しぶりの映画館での鑑賞。海外ですので英語での鑑賞です。この映画は、会話がかなり重要なウエイトを占めると思うので、英語だけで見るのは相当なハンデですが、頑張ってみます。2017年公開の中でも有名な作品だけに、その世界に少しでも触れておこうということです。CGVのゴールデンシートでのゆったりした贅沢なひと時でした。

あらすじ
閉塞感漂うサクラメントでカトリック系の女子高に通い、自らを「レディ・バード」と呼ぶ17歳のクリスティン(シアーシャ・ローナン)。彼女はこの町から抜け出し、東海岸の大学に通う事を夢見ていたが、両親からは厳しい反対にあっていた。そんな高校最後の年に起こる出来事を通じ、友人やボーイフレンド、家族との触れ合いと葛藤、そして自分の将来について悩んでいく様子を、ユーモアを交えて描いていく…。



母(ローリー・メトカーフ)が運転する車の中で、母と娘の会話からスタート。クリスティンは、今の生活に閉塞感を感じ、高校卒業後東海岸に進学したい様子でした。そして、母親との意見が対立し、走行中の車の助手席のドアを開けて飛び降りてしまいます。物語がここから始まります。

カトリック系の高校に通っていたクリスティンは、自分のことを「レディ・バード」と呼んでいました。レディ・バードか親友ジュリー(ビーニー・フェルドスタイン)とともに、授業の一環で演劇のオーディションを受け、そこでダニー(ルーカス・ヘッジズ)という名前の青年と出会います。レディ・バードとダニーは急速に親密になり、家族との交流も始めますが、演劇の発表会での打ち上げで、女子トイレが混んでいたために、ジュリーと共に男子トイレへ入ったところ、偶然ダニーがトイレの個室で男とキスをしている様子を目撃。レディ・バードは、すぐに別れを切り出します。そして、レディ・バードはコーヒーショップで働くことになり、そこで、彼女はミュージシャンのカイル(ティモシー・シャラメ)と知り合いました。

そんなある日、クラスメートのジェンナ(オデイア・ラッシュ)は、スカートの丈が短く、担任の修道女(サラ・ジョーン)から叱責されます。ジェンナはその仕返しに担任の自動車にいたずらをし、それにレディ・バードが加わったことがきっかけで、2人は仲良くなりました。逆にジュリーとは、ジェンナと仲良くするにつれて疎遠になっていきましたが、ジェンナに住所を尋ねられたレディ・バードは引け目を感じ、ダニーの祖母の住所を教えました。そんなこんなで、いつの間にか、演劇の授業にも出席しなくなったレディ・バードでした。

ある日、ダニーがレディ・バードの働くコーヒーショップに来て、ダニーから、自身が同性愛者であるがカミング・アウトできないことへの苦悩を聞かされます。その後、レディ・バードは「自分は童貞なんだ」と嘘をついたカイルを信じ、処女を捧げますが、騙されたレディ・バードはモヤモヤしたままで、さらにジェンナからも、嘘の住所を教えられたことを責められ、新しい友達ともなかなかうまくいかない状況に。プロムの日、ジェンナやカイルと一緒に車で向かっている時、レディ・バードは、自分はかつての親友のジュリーと行くべきだと悟り、車を降りてジュリーと仲直りをし、2人でプロムに参加しました。

しかし、東海岸の大学への入学手続きがついに母親に気づかれてしまい…。

レディ・バード

アカデミー賞も来週となりましたが、この作品はいろいろとノミネートされている作品の一つです。英語で鑑賞したので、残念ながらコメディ的な部分が大変よく解ったとは言えませんでした(とはいえ、こういう要素は英語がわかる人が見れば、訳を読むよりもストレートに伝わるものと思いますが…)。で、見た印象は、普通の日常の雰囲気で、しっかりとまとまっている、穴のない映画という印象。その普通感がとても心地よいというところでしょうか。

まずは、冒頭のレディ・バードが車から落ちた時の母の反応(悲鳴)から、ああ、普通の家庭の物語なんだなと、少し安心します。壊れた反応をしないので。ということです。これは、その後を見るにも非常に大切なことと思います。そして、比較的穏やかなカトリック系の学校の雰囲気と、17歳から18歳への一コマ。卒業までの日々で起こる、友達や父母との葛藤と、成長。周囲もみな、悩み多き世代で、再びレディ・バードからクリスティンへ戻って行く。まぁ、有り体に言えば青春グラフィティということで。

シアーシャ・ローナンを見るのは「ブルックリン」以来。あの時も、地方から都会へという役柄でしたが、今回も都会を夢見る役柄。何となくそういう雰囲気が会っているのですかね。そして、母親役のローリー・メトカーフも、なかなかの熱演でいい味を出しています。もう一人の主役ということで、助演女優賞候補にもなっていることから期待大です。ということで、駆け込み気味ながら候補作をいくつか前もって見ておくと、アカデミー賞の発表も楽しみというもの。来週を待ちましょう。

スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR