FC2ブログ

「ガーターベルトの夜」 1980年代パり風俗スポット巡り

今回は、買い置きDVDからの鑑賞です。といっても、このDVDは買ったことすら忘れているもので、きっと期間限定Tポイント消化のため、ヤフオクで適当に落としたものの一つと思われます。とはいえ、自分の趣味傾向は反映されておりますので、それなりに楽しみに見ました。ただし、このDVDは画質が良くなく、暗い場面も多い中で、そもそもフルスクリーンにならない画面サイズでDVDが製作されているため、ちょっと視聴にストレスがありました。1984年フランス作品です。

あらすじ
性に対して奔放なジュザベル(ジュザベル・カルピ)は、パーティの席で出会った年下の男性アリエル(アリエル・ジュネ)を自宅に誘い、経験の少ないアリエルに積極的に恋の手ほどきを始める。そして、夜の街に出た二人は、パリ中のあらゆる風俗スポットを巡ることとなるが…。



パリの街角で、ジュザベルはセックスに関する街頭アンケートをしています。内容的にはかなり露骨な物で、アンケートされる男性の方も、答えに窮したり、異常反応したりという物ばかり。それでも忠実にこなし、依頼主のフレデリック(ジャック・ドゥ・ゲンズブール)に報告します。フレデリックはジュザベルの元カレでもあったのです。そして、元カレと微妙な会話を交わしたのち、パーティーへ向かいました。

パーティーでは、年下少年のアリエルと知り合い、そのままベッドへ。経験の少ない彼にやさしく手ほどきのあと、二人は夜の街へ向かいました。彼らが向かった先は、風俗営業真っ盛りのエリア。ストリップバー、覗き部屋、ポルノショップ、ポルノ映画館、そして郊外の娼婦がたむろする森と、パリの風俗を総なめしていきます。そして、翌朝彼女のベッドで目覚めたアリエルは、昨日どこかで財布の中身をすべて掏られているのに気づきました。

困り果てているアリエルに小言を言いながらも、ジュザベルはアリエルに、元カレのフレデリックに抱かれてお金を貰うよう提案します。アリエルは素直に従えず、フレデリックを訪ねはしたものの目論見は失敗に終わりました。ジュザベルは手持ちの、アリエルが家に帰れるだけの小銭を渡し、その場を去ってしまうのでした。

ガーターベルトの夜

さて、冒頭にも書きました通り、画面が見づらかったこともありますが、ストーリーも捉えどころのない感じもあり、なかなか入り込めなかったかな?というのが実情です。導入部は、きっとジュザベルの現状や性格説明というイメージもあったと思いますが、フランスっぽいといいますか、ちょっとファッショナブルで、コミカルでという感じで、楽しい感じがしました。そして夜の街に出てからは、有象無象と入り乱れる訳ですが、画面も暗くなり、ちょっと捉えどころが無くなる感じもしました。

全体的には、1980年代のパリの風俗事情を、これまた1980年代の音楽に載せて散りばめた、一夜のアバンチュールということになると思います。同時代で見れば、現時点のパリの夜の事情を知ることになり、今見れば、当時のパリの夜はどうだったかという所が見られるので、そのあたりは興味深い映画になります。 それも、ジュザベルに案内されるので、余計にお洒落なのであります。

ラストはちょっと解りませんでしたが、きっと、アリエルは若すぎて、お金を無くしてウジウジしている姿に、彼女も面倒くさくなったということですかね。最後の男は着ている服が違うので、今まで会っていたアリエルではなく、新しい男ということですよね。ということは、新しい男が言い寄ってきて、また新しい一夜が始まる。それがジュザベルの生活ということでしょうか。

1980年代の世相や風俗事情を、コミカルに表現した映画と言えると思いますが、今の時代に見ると、遠い外国の話してもあるので、それほど感じ入ることもなく、当時の事情に興味が薄ければ、あとは、ジュザベル・カルピの美しい肢体が見ものということになります。エロスシーンは多くないのですが、ジュザベルが家で下着一枚で色んなポーズをとる場面は良かったです。但し、画面が暗いのがとても残念。実際、この映画の中のジュザベル・カルピは、なかなかの美人だと思ったので、そこは大変見たかいがあったということでした。


2018.5.25 HCMC自宅にてDVD鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR