FC2ブログ

「プロメテウス」 後から見たプロメテウスの圧倒的な映像

今回は、帰国中ということで、以前買っておいた「プロメテウス」のBDを見ていました。帰国中と言っても、雑事に追われて映画館に行く時間が取れそうもないので、せめてものBD鑑賞です。リドリー・スコット監督の2012年の映画です。

あらすじ
各地の古代遺跡の壁画から、共通するサインが見つかる。時代も場所も異なるこれらのサインを、考古学者のエリザベス(ノオミ・ラパス)は人類を創造した生命体からの招待状ではないかと分析する。謎を解くため、エリザベスや恋人ホロウェイ(ローガン・マーシャル=グリーン)、監督官ヴィッカーズ(シャーリーズ・セロン)、アンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)ら17名は巨大企業ウェイランド・コーポレーションの手によるプロメテウス号に乗り込み、2093年目的の惑星にたどり着いた。そこには、明らかに人の手により造られた遺跡があり、その奥へと足を踏み入れるが、そこでは異常な出来事が次々と起こり、脅威となって襲いかかる…。



冒頭はある惑星の滝で、エンジニアが落下する映像。そして、スコットランドの島で見つかった壁画から、エリザベスは知的生命体の影を確信します。そして、宇宙船プロメテウス号の中で、ひとり彷徨うアンドロイドのデヴィッド。やがて目標の惑星に到着し、彼らは、知的生命体の手になると思われる構造物を発見。その近くに着陸し、その構造物の中に侵入しました。

構造物の中は、呼吸できる無害な空気に満たされていて、彼らはヘルメットを外して行動します。奥に進んでいくと、首から上が切断された、知的生命体のものと思われる死体を発見。アンドロイドの解読によってドアを開けて部屋に侵入すると、首はその向こうにありました。しかし、死体を見た地質学者と生物学者はその場を離れたがリ、先に二人で帰ると離脱。残ったメンバーで、不思議な筒の並んだ部屋を探りますが、巨大砂嵐来襲との連絡に、首だけ持って急いで撤退します。首を調査したエリザベスたちは、そのDNAがなんと人類と同じであることを発見しました。

一方、先に帰ったはずの2人は道に迷い、構造物の中に取り残されていました。彼らは、宇宙船と交信しながら朝を待ちますが、その中で奇妙な生物に襲われてしまいます。一方、エリザベスとホロウェイは二人で一夜を過ごした後、ホロウェイは自分の目に小さい奇妙な生物がいることを発見します。そして、メンバーは再び構造物の中に残された二人を探しに行きますが、一人の奇妙な死体を発見、そしてホロウェイが発病し自決、エリザベスは接触があったことから隔離されました。そしてデヴィッドに妊娠3ヶ月の状態で、奇妙な生物が体内にいることを告げられてしまいます。

エリザベスは、自ら治療機械で体内の奇妙な生物を取り出し、苦痛に耐えながら船内と彷徨っていると、隠された船内の部屋の中で、密談が行われていることを発見しました。そして、そこには独自で調べた内容を報告しているデヴィッドの姿がありました。その相手とは…。

プロメテウス

迫力のある圧倒的な映像です。そして、冒頭の世界の美しさで魅了され、これは凄い映画だなという予感をスタートから持たせる映像でした。さすが、リドリー・スコットです。宇宙船の内部や、先端技術も素晴らしいし、こういった映像や小道具は文句なしです。これで、SF映画の醍醐味はほぼ達成されたと言えるでしょう。

一方で、隊員の危険予知不足はやはり目立ちます。二人だけで別行動して見たり、不用意にヘルメットを外したりというのは、高度な規律のとれた隊ではありえないでしょう。これは、コヴェナントでも目につきました。このシリーズの特徴ですかね。いくぶん、コヴェナントよりはマシな気がしますが…。

ストーリーの中でも語られていましたが、ノオミ・ラパスの生存能力がすごい。このシリーズには超人的な女性が出てきますね。シガニー・ウィーバーしかりです。そして、コヴェナントの話と繋げつつ、やはりこちらを先に見るべきだったかな?と改めて感じた次第。黄金時代のSFの雰囲気で、画像をは現在の技術を駆使し、壮大に仕上げた物語ですから、やはり順を追いたいものです。

ラストの方になると、それはどうかな?と思うような場面もないではなく、一本の通信連絡だけで体当たりを決行するとか、横に逃げればいいのに、ずっとまっすぐ走るの?とかあるのですが、まぁそれは、そうだったのでしょう。そういう所が見られるのもこのシリーズの特徴かも?あとは、感想としては、デヴィッドに関する謎はさすがアンドロイドものがお得意の、リドリー・スコットらしい設定。これがコヴェナントへと続いていきます。シャーリーズ・セロンが冷たかったり、可愛かったりするところも見どころ。タイミングによってちょっと印象が変わっています。劇中でも語られていましたが、エンジニアのいろいろな行動の理由が謎?そして、これが本編のポイントなのでしょうか。これを見たうえで、改めてコヴェナントを見てみましょう…。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR