FC2ブログ

「赤い天使」 日本軍の戦争の日常、野戦病院、従軍慰安婦

GYAO!配信の「おとなの大映祭」もいよいよ最後となりました。今回は、若尾文子主演、増村保造監督による「赤い天使」です。1966年の映画で、白黒作品。これは当然期待しての鑑賞です。

あらすじ
西さくら(若尾文子)は従軍看護婦として天津の陸軍病院に赴任した。しかし、間もなく夜間巡回中に数人の患者に犯されてしまう。そして、二カ月後、深県分院に転属となった彼女は、軍医岡部(芦田伸介)の指揮の下で、次々とトラックで運ばれてくる傷病兵の対応に追われるようになる。精神をすりへらす仕事に、岡部軍医はモルヒネを常用するようになっていた。天津に戻ったさくらは両手を切断した、折原一等兵(川津祐介)に会う。折原のために、さくらはホテルの一室で全裸になりるが、翌日折原は遂げる。そして再び深県分院に戻ったさくらは、岡部とともに前線にいくことになるが…。



陸軍病院に勤務する、西さくらは従軍看護婦として天津に赴任しました。婦長(赤木蘭子)から訓示を受け、さっそく勤務に就きますが、巡回中に坂本一等兵(千波丈太郎)に犯されてしまいます。それを婦長に報告すると、坂本はすぐに前線行きとなってしまいました。二カ月後、深県分院に転属となった西は、戦闘があるたびに何台ものトラックで運ばれてくる傷病兵の対応で三日三晩の徹夜となります。傷病兵の中には坂本も交じっていました。軍医の岡部が助からないと見捨てましたが、西は自分が殺したも同じことになると、岡部に手当てをするよう懇願します。しかし、そのかいもなく坂本は息を引き取りました。

その夜、西は岡部の部屋に赴き、一夜を明かしますが、岡部は助かる病人も助けられない医師としての良心の呵責に、モルヒネを常用するようになっていたことを知りました。再び天津に戻ったさくらは、岡部が両手を切断したおかげで命が助かったという折原一等兵に会い、手が無いことから不自由していた折原のために、性的介護を行います。そして、外に連れ出し、ホテルの一室で折原とひと時を過ごしますが、翌日先行きを悲観した折原は投身自殺を遂げてしまいました。再び深県分院に戻ったさくらは、岡部と出会うと、前線に応急看護班を編成して行くこととなった彼に同行を懇願します。しかし、トラックは目的地の中隊に行きつかず、営林鎮で敵に包囲され身動きの取れなくなっている部隊に留まることとなりました。

極度に衛生状態の悪い部落では、中国軍の策略におち、慰安婦を発端としてコレラが蔓延。これが次々と兵士にも伝染し、次々と倒れていくことになります。そしてある夜、翌日には中隊の応援が来るという日、狼煙があがり、敵の総攻撃が予測されていました。兵士たち全員が守備に就く中で、岡部と西は、二人きりで部屋に閉じこもり、この世の別れと認識しながら、西は岡部にモルヒネを与えず、禁断症状で暴れる岡部を押さえつけ、岡部が正気に戻った時に男性機能が回復し、二人は激しい抱擁をくり返しました。しかし、間もなく、中国軍の攻撃が始まり、舞台は全滅。援軍が到着した時には、西がただ一人茫然と残っていました。

赤い天使

感想ですが、これは激しい映画でした。そして、感服しました。何がというと、まず野戦病院のシーンが凄まじいです。鋸でで容赦なく手足を切断する岡部医師。まるで材木を切断すよう。ギコギコギコギコ。切断した手足は、無造作にバケツに入れられている。最後に床の血をデッキブラシで流す。白黒で良かった…。というシーンが続きます。そして、コレラに侵された慰安婦の様子もなかなか真に迫っています。戦場の病院で起こる日常的なことが、ストレートに表現されていると言えます。

戦火の中、守備の為兵士が一晩中守りについている緊張感の中での、岡部と西の部屋。ここだけ、こんな世界でいいのでしょうか?という展開ですが、どういったシチュエーションであれ、愛は芽生え激しく燃える。明日が無い状況だからこそとも言えるのでしょうか。この外と中とのギャップが多い中で、これを良しとすれば、かなりの緊張感です。戦闘が始まるよりも、誰か部屋に入ってこないかというのが、むしろヒヤヒヤします。ラストシーンの喪失感も、なかなか良かったのではないかと思います。

やはり、この映画の制作は今の日本では難しいでしょう。戦場を実体験した人がいなくなりました。66年は戦後20年。まだまだ戦争の記憶が残っていた時代。戦争反対といいながらも、一方では人々の口からは軍歌など自然に懐かしげに出ていた時代です。今では、かつてあれほど使われていた、戦後何年という表現もあまり聞かれなくなりました。現在のでも、野火など戦争映画の秀作は時折ありますが、戦争のある部分を意思によって表現しようとしたスタイル。この映画のように、いろんなことが日常のように自然に描かれて、納得しているようなものは、難しいのではないでしょうか。従軍慰安婦など出てきますが、今ホットな話題なので嫌でも注目してしまいます。このような小さな所帯にも3人配置されていたのだなということですね。

おとなの大映祭の無料配信はこれで終了です。50年代から70年代にかけての、いろいろな作品を見させていただきました。当時の世相をしのぶ意味でも、なかなか良かったと思います。もちろん今回配信されなかった作品は、数限りなくありますので、今回の10作品を思い出しつつ、またいろいろと見ていきたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR