FC2ブログ

「怪談 蛇女」 怪談としての映像はいいのですが感情移入できず

ちょっと時間があったので、「怪談蛇女」を見てみました。1968年の映画で、東映製作。怪談物の巨匠中川信夫監督によるものです。東映と言えば、娯楽度が高い作品のイメージですが、どんな感じでしょうか?

あらすじ
明治初期、北陸の海外沿いの村に住む弥肋(西村晃)は、地主の大沼長兵衛(河津清三郎)へ畑を引き続き耕作させて欲しいと陳情中、馬車の事故で死亡。そして、弥助の家は取り壊され、妻のすえ(月丘千秋)、娘のあさ(桑原幸子)は長兵衛の家で働くことになる。あさを愛し将来を誓った捨松(村井国夫)も、なす術はなく、息子の武雄(山城新伍)があさを手籠めにしてしまう。ある日、大沼家の庭に現われた一匹の蛇を使用人たちの手から助けようとしたすえは、長兵衛に鞭打され、それがもとで死んでしまい、あさも、絶望して自害。この頃から、大沼一家は弥助一家の亡霊に悩まされるようになった…。



まずは、ナレーションで状況説明から始まります。明治の初め、北陸の海と絶壁に囲まれた村。耕作地も少なく、漁港も作れない中で、わずかな田畑にしがみつくように生活している彼らの上に、地主の大沼家が君臨しているという状況です。その中で、小作人弥肋は、多額の借金を抱え、大沼長兵衛から土地の没収を宣言されていましたが、弥助は長兵衛の馬車に縋り付き、土をかじってでも借金を返すから、土地を取り上げないでくれと懇願。しかし、弥助は馬車に撥ねられ死亡、妻と娘が残されました。程なく、彼らの家は取り壊され、二人は長兵衛の家で働くことになり、あさと将来を誓った捨松は、あさが奉公に出るにあたり、将来は何としても一緒になると誓います。

長兵衛や息子の武雄は、しきりにすえとあさを手籠めにしようとします。そんな中すえは、庭に現われた一匹の蛇を助けようとしますが、彼女はあさの為に炊事場から卵を盗んだりしたこともあり鞭打たれ、それが元で死んでしまいました。またあさも、武雄に犯されてしまい、これを知った捨松から、なぜ死んでも抵抗しなかったのかと詰め寄られ、悲惨な一家の運命に絶望して自害して果てました。そして怒り狂った捨松は、武雄の婚礼の席に殴り込みをかけ、追われて死んでしまいます。

長兵衛は、弥助が死んだ時から、弥助の亡霊を見始めていました。そして、一家が死んでいくたびに、長兵衛と武雄にもとに、亡くなった家族の亡霊が現れ、武雄の新婦の皮膚にも蛇のうろこが貼りついたような幻覚をしきりに見るようになります。その頻度も高まり、しきりに悩ますようになると、武雄は発狂して自ら命を絶ち、長兵衛も一家の亡霊に追い詰められ、つかいのものも全員解雇、誤って妻の政江も切り捨ててしまい、最後は蛇に襲われて刀を振り回しながら、自らの刀に果てたのでした。

怪談 蛇女

何というか、見終わっても何か明確な感想が残らない映画でした。蛇がたくさん出てくるのが気持ち悪い、という感じでしょうか。映像は、なかなか良かったと思います。幽霊なども雰囲気が出ていて、いいと思いました。でも、際立った感想は無し、という感じでした。なんで?というと、多分ストーリーが凡庸なのでしょう。弥助が執拗に嘆願して死亡するところから始まって、女性二人が屋敷へ行き、死んでしまうというプロットですが、それだけなのです。

やはり、映画には多少の感情移入というものが大切で、この映画にはそうさせる物が欠けているような気がします。怪談にするために、ストーリーを作っただけという感じで、物語の展開に何か必然性のようなものがことごとく欠けている上に、登場人物の背景や性格描写などを感じさせるものが無いのです。従って、単に怪談を見せられるだけ。これでは怨念もなく、怖くもなくという感じになってしまいました。

この映画で一番印象に残ったのは、西村晃の弥助の執拗な演技だったと思います。幽霊になっても、同じセリフを繰り返す弥助が、そのこと自体、彼の生きてきた境遇や性格を感じさせます。一番中途半端なのは、捨松です。いい役なのハズですが、どう見ても言動が中途半端で、いい男に思えない。その程度の奴という感じがしてしまうのも残念なところです。その為に死んでしまうあさが不憫ですし、その時に自殺をそそのかす母の亡霊もねぇ…。やはりどう見ても人の描き方が中途半端で、映像など細かいところは、とてもよくできているけど、ちょっと残念…という映画でした。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR