FC2ブログ

「青空娘」 なんという美しく清々しい映画なのでしょう

またまた、増村保造監督の大映作品です。今回は、1957年の映画で、「青空娘」。若尾文子主演の青春ストーリー。去年だったか、日本で若尾文子特集を、どこぞやでやっていた時のパンフレットが、この映画のワンカットだったと記憶しています。そういう意味では、彼女の代表作の一つなのでしょうか。

あらすじ
高校を卒業した小野有子(若尾文子)は、東京の父母(信欣三・沢村貞子)の許に帰ることになっていた。だが小さい頃から育ててくれたお婆さん(滝花久子)に臨終の際に、本当の母は他にいることを聞かされる。小野家につくと、待遇は女中扱い。妾の娘であることで、父親への分も含めて、一身に恨みを請け負うことになる。しかし、彼女は「青空のように明るく生きる」ことを教えてくれた二見先生(菅原謙二)の教えのもと、明るく過ごしていた。そんなある日、ついに小野家にいられなくなって田舎に帰って見ると、少し前に実の母(三宅邦子)が訪ねてきたことを知る…。



海のある田舎町で暮らす有子は、卒業後両親のいる東京で暮らすことになっていました。そんな時に、祖母が急死。息を引き取る前に、祖母は有子は父親と愛人の子どもだと伝えます。有子は一人海岸で佇み悩んでいましたが、慕っていた教師の二見が現れ、青空に希望を託し、別れの言葉を叫ぶのでした。上京した有子を待っていたのは、父母の家での女中扱いの生活でした。母、兄(品川隆二)、姉(穂高のり子)から疎外され、物置に住まわされ、先輩女中の八重(ミヤコ蝶々)と、有子の明るさに引かれた弟の弘志(岩垂幸彦)だけが味方でした。そんなある日、照子の婿選びパーティーが小野家で開催され、照子が思いを寄せる広岡(川崎敬三)の心を捕らえてしまいます。

出張から帰った父は、有子との再会に喜びながらも、妻の達子に有子の待遇の悪さを改善するよう要求しますが、達子は頑として受け入れません。仕方なく父は、有子を外に連れ出し、母町子の思い出を語ります。押し付けられた妻は最初から愛してはいない。本当に愛しているのは、有子の母の町子だと。有子は父から町子の写真をもらい受けました。しかしその写真は、姉の照子が盗み出し、広岡を有子に取られたことと、そして父まで有子に取られそうな事に腹を立て、母の写真を有子の目の前で破ってしまいます。怒った有子は照子を組み伏せ、家を出ざるを得なくなりました。

家を出た有子は、田舎に戻りますが、彼女を驚かせたのは、実母の町子が三日前に訪ねてきたという知らせでした。母は東京に住んでいるとのことで、母を探すため、再び上京を決意します。東京に戻った町子は、二見と広岡の協力を得て、母を探し始めます。一方小野家では、父の栄一が有子の家出が原因で病に臥してしまい、弘志が有子を見つけて呼びに来ますが、有子は達子以下の家族のことを思い、断っていました。その頃、二見と広岡は町子を見つけ出し、有子との再開をセットします。そこに弘志と女中の八重が父の重態を伝えに現れ、意を決して有子は小野家に向かい、父に対し今までの身勝手さについて、厳しい言葉を投げつけます。この言葉は、小野家の人々にも同時に影響を与えるものでした。そして、有子は小野家一人ひとりに挨拶を済ませ、二度と帰らないと言いおいて、母と広岡との新しい生活を始めようと、田舎の海岸の青空の下で誓うのでした。

青空娘

なんという美しい映画なのでしょう。ベタな感想ですが、こんな清々しい映画を見たのは久しぶりです。前の日に見た「盲獣」とは同じ監督と思えない作品。青空のような有子の姿が素晴らしいし、カラー映像も美しいです。その素直な有子の姿を見ているだけで感動します。大変美しくてかわいいだけに、怒った顔はすごく怖い。照子に掴みかかった時の顔は大変怖い。病床の父親を叱る場面は、厳しい言葉の中に優しさがあふれていました。

思えばこの9年後、「氷点」では全く逆の役を演じていました。純真な安田道代をいじめる若尾文子。あの安田道代と、この若尾文子の純真さがダブってきます。とは言っても、50年代から60年代にかけて夥しい作品に出演されているので、数々の名演技があるのではないかと思います。いまさらではございますが、もっとたくさんの若尾文子を見てみたいと思いました。

1950年代の邦画は、まだカラー映画の黎明期ですので、この年代の若尾文子が美しいカラー映像で見られるというのも大変有難いことだと思いました。青空の色と、青空娘の若尾文子と、幸せな組み合わせでした。そして、若干趣味的ではありますが、1950年代の東海道本線(と思いますが)の映像が何度かでてきます。電車も登場していた時代とは言え、カラーで見る旧型電気機関車の牽引する客車と東海道本線の取り合わせは、いち早く電車化が進んだ本線だけに、ちょっと楽しさを感じてしまいました。

という訳で、公衆電話の並ぶ列や、東京駅周辺や銀座の当時の光景など、いろんな意味で面白かったです。もっと、楽しい映画を見たいと思わせる、いい作品だったと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR