FC2ブログ

私の好きな100本の映画⑫ 世界地図を眺めながら

私の好きな100本の映画第12回

さて今回は、世界地図を眺めながらということで、日本でも欧米の映画の主要な制作国でもない国々の映画から、5本選択してみました。かといって、そうマイナーな地域でもなく、マイナーな映画でもないのですが。5本選んでみると、そのいくつかは世界各地で起こる紛争を題材にしたものが、入っています。そういった映画は強い印象を残すので、広く公開されたり、選択に入ってきてると思います。それではご笑覧ください。



56.少林サッカー (少林足球)
  2001年 香港 監督:チャウ・シンチー 出演:チャウ・シンチー ヴィッキー・チャオ

あまり普段見に行かないタイプの映画だったので、なぜ見に行ったかは記憶が定かでないのですが、一回見て大変気に入りました。バカバカしいと言えばそうでしょうが、とにかくノンストップで面白かったということでした。次々と現れるギャグが、テンポが良くて息つく暇もありませんという感じです。結局チャウ・シンチーはこれ以後もいろいろと作っていますけど、結局はこれしか見たことがありません。でも、これ一作で私にとっては強烈な印象が残っています。香港映画は見るといつも面白いと思うのですが、深く突っ込んでみたことが無いので、これからの課題です。



57.イノセント・ボイス 12歳の戦場 (Voces Inocentes)
  2004年 メキシコ 監督:ルイス・マンドーキ 出演:カルロス・パディジャ レオノア・ヴァレラ

こちらは地域の紛争を題材とした一本。強い印象を残す映画です。無防備に見るとトラウマになるくらいのものです。エルサルバドルは元々この地域を代表する工業国でありながら、長年の内戦が続いた国。日本とも関係が深いのですが、内戦にはアメリカなど諸国の思惑も入っていたと言われています。そして、この映画で描かれる内容は、政府軍とゲリラの戦いとその犠牲となる一般市民が描かれますが、それは小学生の子供たちも犠牲者となり、加害者ともされるものです。とてもこのような状況下では生きられないと思うような映画で、平和とは全くの対極にある状況が確かに実在したことが描かれています。



58.路 (Yol)
  1982年 トルコ 監督:シェリフ・ギュレン (ユルマズ・ギュネイ) 出演:タールク・アカン シェリフ・セゼル

これも地域紛争というより、地域のかかえる問題が忠実に描かれている映画でした。クルドに関する問題は今で続いていますが、これは当時のトルコにおける状況を描いたもの。クルドの人々が収容所から決められた日数の外出許可を与えられ、その間に遠く離れた故郷の家族に会いに行く群像劇です。彼らは、家族との再会を果たせたものもいますが、離れている間に残された家族の事情も過去とは変わってしまうことが多く、また厳しい戒律を守る人たちの中で、いろいろな問題が発生していることが忠実に描かれています。ユルマズ・ギュネイの多数の作品と同様に、獄中からの指示により制作した作品です。第35回カンヌのパルムドールです。

路



59.ドッグヴィル (Dogville)
  2003年 デンマーク 監督:ラース・フォン・トリアー 出演:ニコール・キッドマン ポール・ベタニー

ラース・フォン・トリアー監督はかなりメジャーな監督ですが、内容はかなり特異な映画を製作しています。どれも印象を強く残すもので、いろいろなところで評価され受賞しています。出演者もハリウッドスター級の俳優が多くなっています。彼の映画は過激であり、病的であり、性描写も多いものです。この映画は特異な表現手法を取っており、閉鎖社会の非寛容や、人間の本性とそれを隠そうとする道徳観念の無意味さを表現した作品となっています。かなり観念的な作品なので難しいのですが、一方でニコール・キッドマンがいっぱい見られるというのが、私にとってはポイントアップです。



60.尻に憑かれた男 (O Cheiro do Ralo)
  2007年 ブラジル 監督:エイトール・ダーリア 出演:ロウレンソ・ムタレリ パウラ・ブラウン

南米の映画は、ひところよく見たのですが、熱くて面白い映画が多いので結構好きでもありました。その中ででてきたこの映画は、まぁ変な映画です。らしいと言えばらしいのですが、これを南米代表というのはちょっと?という感じもしなくもないのですが…。まぁ面白いので。終始、ロウレンソ・ムタレリの変な役を見る羽目になるのですが、ここまで変な人も珍しいし、この骨董屋に集まる有象無象も、どれも性格が面白いので、ある意味徹底している映画だと思いました。ということで、好きな映画に入れております。ブラジルやアルゼンチンの映画って、情熱的だけど、一風変わった凝った映画が多く、見ていると楽しいと思います。



さて、私の好きな100本の映画。第12回の5本は、普段あまり見ない国々の映画を選んでみました。他にもタイ映画とか、特徴があって面白いのですが、また機会があればと思います。そんなに語れるほどの本数を見ている訳ではないので…。また、これから次回の5本を選びにかかります。100本は、見たことのある映画に対して数が多かったかな?とやはり感じていますが…。
スポンサーサイト



テーマ : お気に入り映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR