FC2ブログ

「パニック・ルーム」 緊張感で一気に見せる密室サスペンス

今日は、GYAO!の無料配信から、「パニック・ルーム」を鑑賞です。ディヴィッド・フィンチャー監督の映画ですが、「セブン」や「ゴーン・ガール」など、なかなか良かったので、これも期待しての鑑賞。ジョディー・フォスターの映画を見るのも久しぶりのような気がしますが、最初はニコール・キッドマンの予定だったらしいですね。

あらすじ
夫と離婚して間もないメグ(ジョディ・フォスター)は、娘・サラ(クリステン・スチュワート)と共にニューヨークの豪邸に引っ越してくる。その夜、メグ達が入居していることを知らずに、3人の男が侵入してくるが、彼らは空き家のつもりで、すでに2人が住んでいるのが計算外だった。彼らは、この屋敷の中にある前居住者の莫大な遺産を目当てに侵入してきたのだ。メグとサラは、すぐにパニック・ルームへと逃げ込むが、実は遺産の隠し場所はパニックルームの中だったのだ…。



ニューヨークの中心で空き家を探すメグは、不動産屋の案内で都心部のある豪邸を下見をします。その家はエレバーターもあれば、災害や強盗を想定した、外界から守られるパニック・ルームも存在するものでした。メグは、夫と離婚したばかり、メグとサラの関係もギスギスして、何となく落ち着かない雰囲気の様でした。そしてその日の夜、三人の強盗が侵入してきます。目的は、全居住者が遺した莫大な財産が屋敷の中に隠されており、次の居住者が入居する前に奪い取ってしまおうというもの。しかし、彼らにとってすでにメグとサラが入居していることは計算外なのでした。

強盗の侵入に驚いた二人はパニック・ルームに駆け込みます。ところが、その遺産もそのパニック・ルームの中にあることが解っており、強盗は、外からは決して入れないパニック・ルームの中から二人をおびき出そうとします。それに対して二人も中からあの手この手の抵抗を行い、パニック・ルームを巡っての攻防戦が始まったのでした。

実際の攻防戦などのストーリーは、3人の強盗を語ることによってご紹介。
ジュニア(ジャレッド・レト)…一味の首謀者。実は遺産相続人の一人。隠されている金額を過少に話して仲間に分け前の額を提示し、連れてきている。相続人の一人なので、隠し財産を公にすれば、一定比率の相続の権利もあったのだが、少しでも多くの分け前を取ろうと、今回の盗みを計画する。しかし、目算が狂い、自らも火傷を負い、仲間からも法外な分け前を要求されたことから、それなら公表して分配してもらったほうがマシ。と離脱をしようとして、ラウールに撃たれて死亡。
バーナム(フォレスト・ウィテカー)…パニック・ルームの数々の設計を手掛け、金庫の解錠もお手の物。3人の中では比較的良識のある人物て、アイデアを出しながら、ややもすると極端に走りがちな他の2人を止めに回る。目的は金だけで人を傷つけるのは良しとしない。本来ジュニアと二人で実行する予定であったが、凶悪なラウールを連れてきたことで、不満でもある。最終的に財産を手にして逃げているところで、切れたラウールに殺されそうになっているメグを助けるために、ラウールを撃ち殺す。しかし、逃げる時間を失ってしまい、警察に確保される。
ラウール(ドワイト・ヨーカム)…ジュニアが突然連れてきた人物。性格は凶暴で、手加減もなくすぐに切れる。目出し帽を終始被っており、拳銃も持ち込んできている。途中で乱闘になり、目出し帽と拳銃を失ってしまうと、急に慌てだる。顔を見られるのを極端に嫌うようである。最後に、メグともみあいになり、メグにハンマーを振り下ろそうとしたところを、メグの悲鳴で戻ってきたバーナムに撃ち殺される。

ということですので、メグたちが予定より早く入居(不動産屋のミス)していなくて、ジュニアとバーナムと二人で来ていれば、隠し財産はすんなり手に入っていたでしょうに…。というお話でした。

パニック・ルーム

どうしようもなくなった状況の中での双方の攻防戦が見どころです。犯人側はいつもの通り仲間割れ。パニック・ルームの中にいては、守勢に回るだけなのですが、いかに外界と連絡を取れるかがキーポイントというところでしょうか。緊張感を保ったまま、話がどんどん進んでいく展開は見事だと思います。

メグとサラはハンデがあり、メグは閉所恐怖症。しかし、そういっていられる場合ではなくなり、途中からは克服しているような感じです。サラは糖尿病で、定期的に注射を打たないと死に至る様子。今回もパニックルームの中で症状が悪化し、注射を取りにメグが外に出ざるを得なくらるのが、場面転換のキーポイントなのでした。

ということで、途中でも緩むことなく、最後まで面白く見られました。なかなか良くできた娯楽作品だと思います。あまり難しく考えず楽しみましょうという作品だと思います。で、結局ジョディー・フォスターを見るのはいつ以来だろうと思って調べてみたら、「おとなのけんか」以来でした。最近は監督とかされているようで、出演作は多くないようですね。次回作は「ホテル・アルテミス」(ソフィア・ブテラ主演)というのが、IMDbにありました。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR