FC2ブログ

「先生と迷い猫」 現在の日本の懐かしいような風景

出張のお供に、機内用にダウンロードしての鑑賞です。今回はLCCなので、楽しみはこれしかないという訳です。この映画は、2年前になりますが、日本にいた頃で予告編で何度も見ました。それを見ても、実際に見に行くには至らなかったのですが、たまたまiTuneの今週の100円レンタルだったので、気になって見てみたという訳です。実際に見てみると、予告編を見て思っていたイメージとはちょっと違いました。2015年の映画で、深川栄洋監督の作品です。

あらすじ
妻に先立たれて独り暮らしを送る元校長先生(イッセー尾形)は、偏屈な人柄のため、近所では浮いた存在だった。訪ねてくるのは、亡き妻が餌を与えて可愛がっていた三毛猫のミイくらい。ミイはどんなに追っ払っても毎日やってきて、妻の仏壇の前に座り続けていた。ところがある日突然、その姿が見えなくなる。そうなるとなぜか心配になり、探し始めたところ、自分の他にもミイを探している人たちがいたことが判明。彼らと関わってゆくうちに、頑なだった先生の心も変わってゆく…。



背筋を伸ばして、ジャケットを着て歩く校長先生は、あまりにも真面目で堅物なため、近所の人々からも、敬して遠ざけるような存在でした。ある日、パンの味が変わったとクレームにパン屋に行ったところ、これを汐にパン屋が廃業を宣言。校長先生は狐につままれた様な格好になります。校長先生は、晴耕雨読の生活で、教え子らしき人物から勧められた、ロシア文学を翻訳する毎日で、一方で、校長先生が取りだめた町の古い写真をスキャンさせています。そして、毎日現れるミィは、いつも仏壇の前に陣取っていますが、校長先生は亡き妻を思い出すと言う事で、これが嫌でたまらないようです。

ミィは、実は校長先生の家だけでなく、町のいろいろな人の家を時間通りに巡回していました。美容院から、雑貨屋、そして深夜のバス停で迎える高校生。それぞれがミィに思い思いの名前をつけて呼んでいて、彼らはミィに毎日癒されているのでした。ある日、猫が数匹いたずらで殺されたりするニュースが飛び交います。それでも、ミィは来ているのですが、なんとなく不安な空気が漂います。そして、町にはナイフで切られた猫も発見されたりします。

ところが、校長先生がミィの入ってくるのを拒んだ日から、ミィは街に現れなくなってしまいました。しばらくして街を行く校長先生は、猫を探すポスターを美容院に発見。その猫のことを尋ねると、どうやらミィと同じ猫で、そうと解ると気になって仕方がありません。やがてミィを知る人たちが集まって、皆で猫を探し始め、校長先生は老体に鞭打って、昼も夜も町中を探し回るのでした…。

先生と迷い猫

舞台となる町の、美しい風景というか、懐かしいような風景。画面に映る場面は、小さな坂道や渓流のある風景が多く、山間の町と言う感じで、例えば丹沢の麓のような印象を受けましたが。言葉や雰囲気で比較的東京に近い設定だろうとも思ったのですが、でも丹沢とはバスも違うようですし、そもそも漁港もあるという街なので、山と海と両方ある町なんですね。最後にエンドロールを見ていると、ここは下田だったのでしょうか?

予告編を見た印象では、もっとコミカルなコメディタッチの映画化と思っていました。実際は、静かなドラマだったのですね。一匹のネコにまつわる先生や、町の人々の想い。それぞれの人にとっての、それぞれの思いが猫に投影されて、それが猫につけられた名前の数だけあって、というところなど、なかなかいいお話だと思います。実際、見た印象以上に盛りだくさんだと思います。

あの山の中にいる少年の役割は何だったのでしょう。猫を助ける子供か、猫を傷つける子供か、あるいは猫の化身なのか?場面によって全く印象が異なっています。なかなか解釈が難しいところです。

先生を取り巻く人々の位置づけや性格も面白い。尊敬されているというところは多少はあるが、一方で揶揄されたり、怒られたりいろいろです。校長先生だったと言うブランドを見て話す人は、それなりの話し方をしますが、そうでもない人は結構きつい話し方もする。先生を通じて、登場人物の性格が見えて来ます。先生も先生ですが、ピエール瀧ももっと年長者を尊敬した話をしていただきたいものです。彼の切れ方は、凶悪を思い出しましたよ。

物静かな雰囲気と音楽も良かったです。最終的には、群像劇的とも言えますし、エピソードを積み重ねたような感じにもなる訳ですが、かといって何か物語の結論を示したという訳でもなく、映画は終わります。それぞれの人と登場人物から何を感じ取れるかは見る人にゆだねられている感じの映画でもありました。雰囲気が極めて日本的であり、現在の邦画の良い所がいろいろと現れていると思いました。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR