FC2ブログ

「幸せのバランス」 現実にどこにでもありそうな一コマを描く

今回は、GYAO!の無料配信にあった、イタリアのドラマを鑑賞です。2012年制作で、主演のヴァレリオ・マスタンドレアは、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を受賞。きっと見どころのある映画と期待して見てみます。

あらすじ
妻と二人の子どもと共に幸福な家庭を築いてきたジュリオ(ヴァレリオ・マスタンドレア)は、ある日、同僚と不倫を妻に知られてしまう。これを許せず思い悩む妻を見かねて、家を出るジュリオだったが、元々ギリギリの生活は、別居の費用まで支える余裕はなく、生活は困窮していくが…。



タイトルバックで、オフィスの資料室と思しきところで情交を交わすカップルが映り、その後ジュリオの家庭の様子へと進みます。その事件からは、しばらく時間が経過した様子。ジュリオの、娘のカミラ(ロザベル・ラウレンティ・セラーズ)や息子のルカ(Lupo De Matteo)を学校に送る光景は、ごく普通の幸せそうな父子の様子です。しかし、家に帰って見れば、妻のエレナ(バルボラ・ボブローバ)は不幸に苛まれているような様子で情緒不安定。はっきりと言葉には出ずとも、エレナはその事件を許すことが出来ず、一緒に暮らすこと自体に耐えられない様子。そして、それがジュリオを責めたてているようです。

そんな生活に耐え兼ねたジュリオは、一人家を出ることとします。しかし、出るとはいっても子供の送り迎えなどの家事を分担。家計には援助し、その残りで暮らしていくという生活でした。最初は友人の家に泊まりましたが、その家の事情から出ざるを得ず、安ホテルに宿泊。しかし、かさむ教育費や家のローンなどの出費で、ホテル代は払えなくなり、車の中で夜を過ごす生活に。昼間は市役所の職員として働き、夜は市場の作業員として働く生活を送りますがそれでも足りません。作業員の仕事が出来なくなると、福祉関係の援助措置などを申請しますが、今の状態では受給する権利が得られず、心が荒んでいく中で、家族との付き合いも避けるようになってきました。

娘のカミラはそんな父の姿を心配し、時々会って話をしようとしますが、それさえ拒否するようになり、連絡も断ってしまったジュリオ。エレナにとっては、未だに不倫した夫で、今でも外で何をしているか解らないという疑念の中にいますが、カミラはそんなジュリオの行動を追い、クリスマスの日に教会で施しを受けている父を見て、連れ帰らねばとエレナに連絡をして、一緒に父を探します。ちょうどその時、魔が差したジュリオは、市電に飛び込もうとしましたが、電車が急停止して難を逃れ、茫然としているところで家族からの救いの電話が入ってきたのでした。

幸せのバランス

ストーリーには大きな飛躍もなければ、ハプニングもあまりなく、いわばミニマルなお話でした。夫婦2人の関係と、子供。主にカミラとの関係。夫は、真面目だがけっこう意地っ張りというか、見栄っ張りというか、そういう性格。妻は、ちょっと付き合いにくいかも。両方ともあまり爆発せず、感情を押し込めてしまうタイプでしょうか?まぁ、教会で施しを受けてたのを目撃して、あわてて探しに来るくらいですから、基本的には大きな誤解があったのでしょう。そして、2人の性格がちょっと違えば、また異なる展開になったという状況だと思います。不倫相手に、家に泊まればと言われて、転がり込んでしまうような男だったら…。

この映画は、きっとイタリアの実態をある程度表現したものかと思います。でも、それを考えるにしても、この2人のこの状況から推測するのもちょっと無理があるような気がしますし、家もあって車もあってという状況なので、それが貧困なのかというと、文字通り貧困ということでもない。普通だけど、ちょっとずれてしまったという状況でしょうか?なんか、はっきりどうだと言いがたい、中途半端な状況。その中でもがく人々。その中でカミラはしっかりと現実に立っていますね。

そういうような、えもいわれぬ状況を演じている俳優さんたち。やはり、主役のヴァレリオ・マスタンドレアは、いい演技をしていると思います。微妙な性格、徐々に追い込まれて変わる心。譲れることと譲れないこと。見ていて飽きない演技でした。構成も細部まで練られていて、冒頭での自宅の歯磨きが、後半の公衆トイレでの歯磨きに変わり、まだしっかりしている時は、髭を手入れし、身だしなみを整える。周りのかかわる人たちも、出来ることはやっている。結局この映画は何だろうかと考えても、私にははっきりと表現できず、捉えどころのない現実を映し出してしまった映画。そんな感じがしました。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR