FC2ブログ

「メタル・トルネード」 B級SFパニック映画は定石通りで安心でした

時々思うのです。敢えて超B級映画を見てみたいと。後悔するかもしれませんし、腹立たしくなるかもしれません。でも、なんか90分程度のB級映画を見て、ちょっとだけ楽しめればいい。あまり深く物事を考えたくないという瞬間。そういう時は、たまたま目についた、いかにもという映画を選択。ジャンルは深く考えない。カナダ制作のTVMovieというのも、いかにもですし、IMDbの評価が3.3点というのも怖いもの見たさであります。

あらすじ
究極のクリーンエネルギーを目指すヘリオス計画は、太陽フレアのエネルギーを宇宙空間で捕捉し、地球に転送して貯蔵するというものだった。しかし、その装置に設計ミスが発覚。計画を推し進めるプロジェクトは、それを無視し推し進めようとするが、最初のトライアルですでに巨大な磁気竜巻が暴走し始めていた…。



アメリカのヘリオスワールド社が進めていたヘリオスプロジェクトは、太陽フレアを地球上で使用できるエネルギー化するという、画期的なものでした。しかし、設計者のウインタース博士(Todd Duckworth)は自宅での実験中に、そのシステムの欠陥を発見するとともに死亡してしまいます。プロジェクト担当のマイケル(Lou Diamond Phillips)は、再婚を計画している恋人のレベッカ(Nicole de Boer)と共に、システムをテスト起動。短時間のトラブルがありましたが、ほぼ成功したかに見えました。しかしマイケルたちは蓄積したはずのエネルギーの2%が消失していることに気づき、不安に駆られます。

そのころ、研究所からさほど遠くない山中で、伐採作業中の男がチェーンソーを何かに吸い取られて行ってしまう現象が発生し、さらには、ガソリンスタンドでは、竜巻のような被害にあい、金属のみが飛んで行ったという異常現象が発生したと言う事で、保安官から連絡を受けたマイケルとレベッカは、消失した2%のエネルギーが起こした磁気竜巻ではないかとの可能性を懸念し、会社に戻ると、次のフランスでのテストを止めるように社長(Greg Evigan)を説得。しかし、すでに成功し投資家たちと意気投合した社長は次のフランスでのテストを中止するつもりは全く無いようです。

発生した竜巻は、地下の鉄鉱脈に沿って進んでいることを解明。その先にはフィラデルフィアがありました。一方で、死亡した発明者の妻(Sophie Gendron)から情報提供を受けたマイケルは、システムの欠陥が竜巻を作ったことの証拠を得て、研究所に戻るとデータを解析し、関係機関に連絡して竜巻を止める手段を講じますが…。

メタル・トルネード

深く突っ込まず、普通にストーリーを楽しんでいくという前提であれば、普通に楽しめました。あまりいろいろと考えてはいけませんね。B級たる所以です。そういうものなんです。正義感の強い秀才科学者だが恋人に目がない父親。彼が後妻に迎えようとする才媛のレベッカ。彼女に反発する息子。そして、危機に対して全員一致で協力し、危機を乗り切る過程で息子とレベッカとの信頼関係が生まれていく。そういうストーリーです。メインの方ではありませんが。いかにも定石ですよね。

仕掛けは太陽フレアを人工衛星で集め地上に送るというものですが、その地味ですが破天荒な設定は危なすぎ。でも、ちょっと地味な感じでインパクト的には損をしているかも。その手のSF的仕掛けや、解決方法は非常にB級なのであまり深く考えない。特撮も地味であります。ホラー的要素もチラリ。チェーンソーでヘルメットが十字に切りつけられているとか、鋤が飛んでくるとか、ちょっと怖いですね。

ということで、私利に走る企業と、秀才家族が世界を救う物語でありました。ラストのオイオイと言いたくなるような能天気さは、さすがB級らしいとも言えます。まぁしかし、けっこう面白く90分楽しめるので、それはそれでちょっと楽しかったりするのであります。出演者も監督も全く知りません。監督のゴードン・ヤング氏は、香港生まれでGordon Yangというつづりですから、きっとヤングではなく「ヤン」さんではなかろうかと思います。ニコール・キッドマンの「誘う女」などの、location managerなんかに名を連ねています。地味です。でも、この作品は決して嫌いではありませんよ。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR