FC2ブログ

「フランケンシュタイン」(1910) 初期のホラー・SF映画

時間がなくて普通の長さの映画が見られないという言い訳を挟みつつ、今日も10分強の、素敵な映画。フランケンシュタインはいろいろと映像化され、皆様も自分のフランケンシュタイン体験をお持ちのことと思います。私にとってのフランケンシュタインは、なぜかメル・ブルックスの「ヤング・フランケンシュタイン」だったりするのですが、それはさておき、史上初のフランケンシュタイン映画。わずか12分ほどの作品です。1910年の映画で、監督は、J・サール・ドウリーです。

あらすじ
家を出て大学へ進み、生命の神秘の追及を志したフランケンシュタインは、ついに怪物を作ってしまう。それは、彼の悪魔の心が生み出した怪物。しかし、フランケンシュタインが幸せな結婚式を迎えるにあたり、彼の悪魔の心は消え去り、怪物も消滅してしまう。



という、12~3分ほどの映画です。これも、マッドサイエンティストものの、SF映画の元祖の一つ。そして、ホラー映画の元祖でもあります。これも、YouTubeで容易に見ることができますので、見たほうが早いと思いますが、とりあえず筋を辿っていきましょう。

まずは、フランケンシュタインは大学に行くために家を出ます。そして、2年後フランケンシュタインは生命の秘密を発見するのでした。そして、その実験の直前に恋人に、「生と死の秘密を発見した。すぐに、この世界で誰も知らなかったような完璧な人間を想像する。そして、この奇跡を成し遂げた暁には、君に求婚するつもりだ。」と手紙をしたためました。しかし、出来上がったのは完璧な存在などではなく、フランケンシュタインの邪悪な心が生んだ怪物なのでした。そして、フランケンシュタインは、自ら生んだ怪物に驚愕します。そして、自ら生んだ怪物の姿に気を失ってしまうのでした。

実家に帰ったフランケンシュタインは、恋人を大学に連れ帰りますが、彼の創造した怪物は、初めて鏡で自分の姿を見て驚き、恋人に嫉妬します。そして、結婚式の夜、フランケンシュタインの花嫁への愛によって人としての良心が、彼の心に湧き上がってきました。それは、フランケンシュタインの邪悪な心を追い払い、創造物をかき消す力を持っていました。そして、フランケンシュタインの邪悪なこころが生んだ怪物は、己の姿を鏡に映し、実体としては消滅。そして、フランケンシュタインの愛の力はその自らの邪悪な心が生んだ存在を、自分の心の中からも完全に打ち消してしまうのでした。

フランケンシュタイン(1910)

十数分と言いながらの、シェリー夫人の小説をその時間に凝縮した形になっていますので、一つ一つの場面に集中してじっくりと見ることになりました。フランケンシュタインといえば、その創造した怪物が暴れまわるホラーアクション的な先入観を持ってしまいがちですが、実際はその一方で、神をも恐れぬ悪魔的な所業をしてしまったマッドサイエンティストと、醜悪な姿で想像されてしまった怪物の苦悩もテーマになっており、この映画もその主題の方にそって作られています。従って、原作のような怪物とフランケンシュタインがお互いを追い詰めるような形にはなっていません。

フランケンシュタインといえば、様々な映画が作られ、それによって怪物はいろいろなイメージが定着しています。一番は、人造であることを強調したような、額に縫い目のある怪物ですが、この作品では薬品による化学合成みたいな形で、窯の中の反応によって作られたような画像になっています。それに、これは映像が古いせいもありますが、一見してあまり細部がはっきりしません。そもそもこのページを書きつつ何度も間違えたのですが、怪物は名前が無く、フランケンシュタインは創造者の名前なのです。ついつい、怪物のことをフランケンシュタインと書いてしまいます。

フランケンシュタインの小説を読んだのは、創元推理文庫出た時で、まだ学生の頃。その後もいろんな訳で色んな出版社から出ている名著です。SF小説の始まりと言われる、ジュール・ヴェルヌやH・G・ウェルズよりも前の存在。しかし、科学的に人造人間を作るという意味では、SFの先駆的存在でもあります。読んでみると、さすがに古典的文学であって、けっこう難渋した記憶が残っています。この映画もむしろ文学的、あるいは怪奇的側面を重視した作品と言えるのではないかと思いますが、やはりホラー映画でありかつ、SF映画の先達に加えてもいいのではないかと思います。わずか、十数分の作品なので気軽に見ておきましょう。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR