FC2ブログ

「アトミック・ブロンド」 久々に繰り返しじっくり見たくなる映画に遭遇

今週こちら(ホーチミン市)でも公開された、シャーリーズ・セロン主演の「アトミック・ブロンド」(Atomic Blonde)。予告編を見て、けっこう期待していました。英語がかなり多そうなので、ストーリーの理解に不安がありますが、まずは見てみたいということで、さっそく映画館へと足を運びました。監督はデヴィッド・リーチで、2017年の映画です。

あらすじ
1989年、ベルリンの壁崩壊前夜のベルリン。イギリス秘密情報部MI6のトップレベルのスパイであるロレイン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)は、秘密情報部のエージェントを秘密裏に殺害したスパイ集団を倒すため、ベルリンに派遣される。ロレインは、ベルリン支局長のディヴィッド・パーシヴァル(ジェームズ・マカヴォイ)と連携するよう命じられ行動を共にしますが、二人は反発しあうことになる。しかし、タッグを組んだ仕事は確実に成果を上げ、西側諸国を脅かすスパイグループを倒していくが…。



まず、お断りしておきますが、ストーリーがディテールまで掴めていません。ひとえに乏しい英語力によるものです。でも、頑張って書いていきますので、ご容赦ください。再見して書き直したいと思います。

夜のベルリンで何者かに追われるように走っている男。塀を超え、柵を抜けたところで、乗用車に衝突され倒れたところを撃たれてしまう。そんなシーンからスタートです。そして、氷の沢山浮いた浴槽から顔を出すロレイン。浴槽から出ると、顔や体中に痣があり、激闘の跡が伺えます。MI6に出勤したロレインは、グレイ(トビー・ジョーンズ)たちの前で、任務の結果について審問を受けている様子です。起こったことに対して釈明をしていくロレイン。この場面は、実際起こった任務の映像の節目節目に戻ってきます。

ロレインの今回の任務は、ベルリンでエージェントが殺されたため、接近戦のプロとして敵対するスパイ集団をさぐり、対抗するというものでした。飛行場に降り立ったロレインは、迎えの車に乗車しますが、これが偽物とわかってまず車内で大暴れ。結果として車両は横転し、そこに車外に放り出されたロレインの靴を持って現れるのが、追跡していたディヴィッドでした。これは予告編でもおなじみのシーンです。

ロレインはMI6のメンバーと合流。活躍を始めます。そのミッションの一つが、東側にいるスパイグラス(エディ・マーサン)とその家族を西側へ脱出させるというもの。時はベルリンの壁崩壊の当日。果たしてミッションは成功するか?そして、エージェントを殺害したグループとは?

アトミック・ブロンド

とまぁ、こんな感じでごまかしておりますが、正直ディテイルを明確に書けるほど把握しておりません。現時点ではネタバレになってしまうので、このくらいでちょうどいいのではないかとも思います。

で、感想ですが、スタイリッシュで、カッコよくて、大変気に入りました。もう一度見てみたいと強く思った映画も久しぶりです。アクションシーンも満載で、シャーリーズ・セロンが大立ち回りを見せてくれます。マミーで主役?のソフィア・ブテラも魅力ある役で出ていました。そして当時の東西のベルリンの雰囲気も良かったです。

劇中の映画館で、タルコフスキーの「ストーカー」がかかっていました。1989年であれば、公開後10年目になりますね。そして、いろんな80年代の名曲がでてきます。すべて名前を列記できるわけではありませんが、かつて聞いた懐かしい曲もあり、また、いい場面で出てくる「LONDON CALLING」には、思わず心の中で拍手です。 懐かしい!!

是非、この映画のサントラをGETしたいと思います。

という訳で、久しぶりに繰り返し見たくなる映画に遭遇したので、これからじっくり楽しんでいきたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR