FC2ブログ

「アルカナ ARCANA」 なかなか気合の入ったB級ホラー?

休日の午後、何となく見てしまった「アルカナ」。和製B級ホラーかな?ということで普段はあまり見ないジャンルではありますが、土屋太鳳や谷村美月の名前につられて鑑賞しました。土屋太鳳は、朝ドラの「まれ」より前の作品。このころはロングヘアで、ちょっと雰囲気が違いますね。

あらすじ
連続殺人事件捜査担当の村上刑事(中河内雅貴)は、現場で少女・マキ(土屋太鳳)と出会う。マキの言動は不安定で、被害者である死者たちの声に導かれて現場にいたと主張するが、容疑者扱いをされていた。村上だけは、自分も幼い頃から霊が見えていた経験からマキの言葉を信じはじめた時、オカルトを研究し未解決事件を追う、通称お宮係りの者たちが、分裂したもう一人の分身が本体の人間を襲う現象が起きており、一連の事件には、この分身が関わっているらしいことを告げる。事件を追う村上ともう一人のマキの出現、そして、人間と分身の壮絶な戦いが始まった…。



冒頭から、凄惨な大量殺人事件の現場や、そこで心臓を持って立っている少女、そして出現する霊など、かなりグロい場面が連続します。これは先が大変だぞと覚悟をすることになります。結果的には、タイトルが出るまでのこのモザイクのように積み重ねられたエピソードが、全体の背景説明になっているようです。

村上たちはマキ(この時点では名前不詳)の少女を拘留しますが、現場に割って入ってきたのは、お宮係の橋(岸谷五朗)たち一行。なにやら怪しげな装置で霊の存在の探知をしているようで、おかしな雰囲気でした。

村上は、マキの尋問を続けるうちに、放棄された教習所跡に死体が埋まっているというマキの主張に導かれて、マキをつれてそこを訪ねると、別件の殺人犯グループを発見。銃撃戦の上確保しますが、容疑者をみだりに連れ出したということで、休暇を言い渡されました。その間にお宮係の部隊はマキのもう一人の分身長瀬サツキを発見し、警察に連れ戻っていました。

橋たちお宮係は、村上たちに拘留している他の分身たちを見せ、分身たちが一連の事件の犯人であり、マキを渡すように要求しますが、マキの優しい性格に彼女を信じ、守ろうとする行動をとり始めていた村上は拒否します。しかし、そこに人間に恨みを持ち、本体の心臓を食べてパワーアップした分身たちが集結。分身たちを奪いに現れ、警察署の中で壮絶な戦いが始まり、警察の面々に瀕死の重傷を負わせ、マキとサツキは分身たちに拉致されてしまいました。

そして、村上も動くのがやっとの重傷を負いましたが、署員に激励されマキの奪還と、悪意を持つ分身たちと決戦を行うべく、分身たちのアジトに向かいますが…。

アルカナ

B級ホラーと思って、心して見始めたのですが、けっこう役者さんが豪華でした。それに、冒頭の事件の場面が終われば、内容はグロくはなく、オカルト系で荒唐無稽な話ではあるものの、それなりに気合が入っています。まぁ、気合が入り過ぎて、おかしなことを大真面目に主張するところなど、笑ってしまいます。「人間は分裂してはいけないんだっ!」と力を込めて言う岸谷五朗とか最高なんですが。

人間が分裂する原因は、臨死体験をしたときに分裂してしまうというもので、性格も正反対になって現れるらしい。そういえば、冒頭でマキ(いやサツキ)の飛び降り自殺のシーンがありました。なるほどなるほど…。

話としては、意外と複雑で、分身もいろいろ出てくるのですが、それぞれの背景が語られていないので、行動の必然性がわかりにくい部分があります。村上の部下である田口がなぜマキに悶絶させられたのか?中林はなぜ分身にやられてしまったのか?などなど、最後まで見て回収されていない部分も、ままあったりと、最終的にはスッキリしない部分もいろいろとあるのが残念なところ。しかし、予想した以上に面白かったというのが印象でした。

さて、土屋太鳳さんなんですが、気にして見始めたのはそんなに昔ではないので、このころの印象があまりありません。見ていたとしたら、花子とアンくらい。最近は髪の毛が短くて、顔全体を出しているので、どうしても顔が大きく見えてしまうのですが、このころはちょっと雰囲気が違ったかなとう印象でした。で、ネットで土屋太鳳を検索していろいろな髪形のいろいろな時期のものを並べてみると、七変化みたいにそれぞれ印象がかなり違っていて、なんか、いろんな女優に似ているなぁと思いました。とりあえず思いついたのは、吉高由里子、三吉彩花(ちょっと小顔ですが)、髪形によっては広瀬すずに近いのもあったりして…。いや、あまり賛同は得られませんですかね…。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR