FC2ブログ

「ダンケルク」 (2017) 映像の迫力で迫る戦争の現実

久しぶりの、ホーチミン市での映画鑑賞。今回は最近封切られた「ダンケルク」です。最近見た中では、インターステラーが印象的な、クリストファー・ノーラン監督の作品で、セリフが極端に少なく、映像で勝負的な映画という予備知識です。そうであれば、英語で見ても何とかなるだろうという感じで見に行きました。予告編も迫力がありましたし…。 

あらすじ
1940年5月。フランス北端の港町ダンケルクに追いつめられた英仏40万の兵士たち。この兵士たちの救出のため、ドーバー海峡にいる船舶を軍艦、民間問わず総動員した撤退作戦が決行された。そこに撤退を阻止するべく、ドイツ空軍が襲い掛かる。兵士たちは、生還できるのか―。



静かな街並みに響く銃声。ドイツ軍に包囲されたダンケルクの街はひっそりと静まり返り、連合軍側の兵士トミー(フィオン・ホワイトヘッド)は、ほかの数人の兵士と共にドイツ軍に銃撃され、ただ一人ダンケルクのビーチにたどり着きました。そこには撤退を待つ大勢の兵士が列をなしていますが、そこにドイツ軍の戦闘機が容赦なく襲い掛かっていました。冒頭は、そういった容赦ないシーンで始まり、三つの脱出劇画並行して進みます。

1.冒頭のトミーの物語
ビーチで出会った兵士とともに、トミーは見つけた怪我人を担架に乗せて、すでに満員で出港間近の病院船に紛れ込もうとしますが、船から降ろされてしまい、二人は諦めず防波堤下の柱に隠れ、次の船を待つことにしました。すると、その病院船もドイツ空軍に沈没させられてしまいます。混乱の中で、別の輸送船になんとか乗り込めたのですが、これも夜間に魚雷攻撃にあい、あえなく撃沈。船から脱出した二人は、ボートに引かれて再びダンケルクのビーチに戻りますが…。

2.民間人のボートの物語
民間の船やボートに救助要請が出ると、ドーソン(マーク・ライランス)は息子とジョージ(バリー・コーガン)を乗せて、自らダンケルクに向けて救助に向かいます。ダンケルクに向かう途中で、憔悴した兵士を海から救助した彼らは、危険なので戻るように懇願されますが、ドーソンたちはダンケルクに向かうと告げると、兵士ともみあいになり、ジョージが転倒。昏睡状態に…。

3.イギリス空軍のパイロットたちの物語
イギリス空軍のスピットファイアー3機が脱出の援護の為にダンケルク上空に向かいますが、1機、2機と撃ち落されていきました。残ったファリアー(トム・ハーディ)は、燃料が底をつくリスクがある中で、一機でドイツ空軍に立ち向かうこととなりました…。

この3つのストーリーを軸にダンケルクの撤退が描かれていきました。

ダンケルク

冒頭から、終始緊張感をもった映像と音楽の連続でした。まさに、息詰まる緊張感という言葉がピッタリです。本当に息苦しくなるくらい。少し、人間ドラマ的な部分がそれぞれのエピソードに入っていますが、それほどウエイトは高くないと思います。とにかくセリフは少なく、生還の物語を映像を中心に押している感じです。

この映画では、輸送船や病院船はことごとく撃沈され、民間のボートが活躍した格好になっていますが、実際は40万人規模ですから、大型の軍艦もかなり撤退に参加していたはずです。この映画を見てると、大型船は次々とドイツ空軍の標的にされ、小型のボートが脱出の主役になったような感じを受けます。そのあたりは、多分に誇張があって、国民総出で兵士を救出したということがクローズアップされ、後の国威発揚に繋がり、語り継がれることになっていったのでしょう。

戦場にいる個々の登場人物には、戦い全体を俯瞰することは当然できませんので、それぞれの目線で、実際にどういうことであったのかが描かれているという形になっています。何が何でも脱出する、あるいはさせるという、強い意思で行動していることがよく描かれており、それを表現した、画面の迫力が素晴らしいと思いました。また、撤退している兵士は、攻撃している訳ではないので、命を落とす場合は、たまたま場所が悪かったといったような運次第になってしまいますが、そのような兵士が次々と斃されていくあたり、まさに、戦場の非情さを終始見せつけられるような映画になっていました。

最後に、セリフが少ないので英語で鑑賞してもなんとかなるだろう、というのはとんだ見当違いで、イギリス英語が英語でない外国語のように感じられ、ダンケルクという場所柄、英語以外の言語も入っている感じがして、頭の中がたいそう混乱した次第です。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR