FC2ブログ

「シグナル」 いったいどういう映画をみていたのだろう

久しぶりのDVDによる鑑賞。少し前に、あまりよく知らなかった映画のDVDを、適当に3本ほどゲットしてきたうちの1本です。この映画は全く予備知識はありませんので、ジャケットから宇宙もののSF映画だと思っていましたが、ちょっと違いました。たまにはこういう選択もいいかなと…。

あらすじ
MITの学生ニック(ブレントン・スウェイツ)とジョナス(ボー・ナップ)はある日、PCがノーマッドという謎の人物にハッキングされているのを見つける。ニックの恋人ヘイリー(オリヴィア・クック)を伴いGPSでノーマッドの居場所を追っていき辿りついた廃墟を捜索していたところ、何者かに襲撃されてしまった。気がつくと、彼らは政府の隔離施設に監禁され、施設の研究員(ローレンス・フィッシュバーン)によると、彼らは地球外生命体に接触し感染したため隔離されていると言われる。ニックは、昏睡状態のヘイリーとジョナスの3人で施設から逃げ出そうとしたが、ニックの身体には異変が起こっていた…。



スタートは、学生たちの部屋から始まりました。ニックとそのガールフレンドヘイリー、そして友人のジョナスの3人。ニックとジョナスは夜中に起きだして、ノーマッドというハッカーの所在を突き止めようとします。そして、ほぼ場所を特定し、3人はそこに突入することに。道中、3人の微妙な関係が語られますが、中でもニックとヘイリーの仲が危機を迎えているようです。

夜中に目的地に着いた彼らは、ヘイリーを車に残し、2人で真っ暗で荒れたあばら家に入りますが、特筆するものが発見できないうちに、外でヘイリーの叫び声。慌てて戻った彼らも、何者かによって捕捉され、連れ去られてしまいました。

何やら内装が真っ白な研究施設。ニックは車椅子に座り、防御服を着た研究員から質問を受けています。地球外生命体と接触し汚染された彼らを隔離する施設ということですが、何やら怪しい雰囲気です。ニックは、研究員にヘイリーやジョナスのことを尋ねますが、要領を得ません。ニックは研究施設内の移動中に、昏睡状態のヘイリーを発見。研究員に合わせてくれるように頼みますが、時が来たらという返事。

ニックは、ダクト越しに聞こえる声で、ジョナスの存在を確認、またやがてヘイリーとも出会いますが、ニックは自分の足が切断され、サイボーグのようになっているのを知って愕然とします。ニックはこの施設から脱出しようと、ストレッチャーに横たわったままのヘイリーを連れて施設を抜け出しますが、サイボーグと化した脚は、実は超人的な力が備わっていることを悟りました。そして、屋外に出て、街を目めざしますが、どこまでも変わらぬ風景に、強烈な違和感を感じ始めるのでした…。

シグナル

スタートは、普通の情景ですが、研究室に入ってから一気に異様な雰囲気になりました。真っ白な壁や床に、厳重な防護服を着た研究員たち。なかなか面白い画像です。囚われて以来、時折挿入される3人や、ニックとヘイリーの幸せそうな画像、かつての幸せだった日々と、今の状況との対比です。そして、ニックは脚を、ジョナスは腕をサイボーグ化されていますが、その超人的な力と破壊力は凄まじい。いろいろなSF映画の要素が入っていて、かつ画面が非常に凝っていて、この雰囲気は嫌いではありません。

ストーリーがしかし、もう少し何とかならなかったものか…。途中の緊迫感はなかなかのもので、面白い画像と相まって期待感は高まりますが、このラストはちょっと拍子抜けでした。今まで緊張を高めてきたものと、用意されたラストがずれているような気がして、「えっ、これで終わりなの?」という感じが残りました。最後に素晴らしい絵を見せた、それはわかるのですが、いやそれはストーリー展開としては、中盤に研究員のニックに対する質問と受け答えが、いかにも異星人が地球人を解析するようなものなので、ごく当たり前に受け入れられるけど、でもそれって物語の状況であって、物語そのものではないですよね?という感覚。話が終わった気がしない。緊張して見ていて、肩透かしを食った感じです。

ということで、プロモーションビデオを見ているような凝った画像に、いろんなSF映画の要素を散りばめ、ラブロマンスの画像もふんだんに挿入して見せた映像は、見ていて面白いし、緊張感も盛り上げてくれるので、見ている間は大変面白いのですが、見終わってみると、何だったんだろうかという感じでございました。
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR