FC2ブログ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」 東京の孤独と恋

Gyao!の、キネ旬ベストテン作品特集からの鑑賞です。今回は、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」。2017年の映画で、監督は石井裕也。キネ旬1位作品です。原作は最果タヒによる詩集です。

あらすじ
美香(石橋静河)は看護師として働き、女子寮で一人暮らしでした。仕事が終わると、夜の街を自転車で移動し、アルバイト先のガールズバーに向かいます。建設現場で働く慎二(池松壮亮)は、アパートで一人暮らし。彼は左目がほとんど見えません。現場では年上の智之(松田龍平)、中年の岩下(田中哲司)、フィリピン人のアンドルス(ポール・マグサリン)たちと、つるんでいます。ある日3人は、ガールズバーに繰り出し、智之は美香のメールアドレスをゲットしました。その後、慎二と美香は渋谷の街で偶然の出会いを繰り返します。ある日、昼休みに智之は美香とメールでデートの約束をし、立ち上がった瞬間、倒れて亡くなってしまいます。葬儀には美香も喪服でやって来ました。

ある日、仕事中に慎二は怪我をしてしまいます。治療を受け、病院の廊下を歩いていると、制服を着た美香がいました。そして、喫煙所で、慎二は美香のメールアドレスを教えてもらいます。久しぶりに実家に帰った美香は、都会の生活で抑えていた孤独が抑えられなくなり、家の外で涙を流します。一方、一人暮らしの慎二も、会いたいと美香にメールを送ります。東京の夜を歩く二人。無口な慎二に変わって美香は喋り続けました。その頃岩下は、コンビニの店員に恋していて、これからデートだと走っていきます。慎二も美香にこれから走っていくと連絡し、慎二が到着すると美香は、「女子寮だから男の人は入れません」と言うと、慎二はがっかりして戻っていきますが、翌朝、美香が窓のカーテンを開けると、外に慎二が座っていました。

ある日、慎二は美香に髪飾りをプレゼントしました。美香は何度も礼を言わずにはいられませんでした。岩下は、現場もやめ、コンビニの女の子にも振られて、去っていきました。アンドルスもフィリピンに帰ってしまいました。慎二は美香の実家を訪れ、父親から「美香をよろしく」と言われます。東京に戻ると、美香は再び不安な気持ちになりますが、そんな時、耳なれたストリートミュージシャンのデビューの宣伝カーが通り、思わず顔を見合わせます。部屋に戻った二人は、「朝起きたらおはようって言おう、ご飯を食べるときはいただきますって言おう。」と、慎二は美香の頭にそっと手を置きます。そして、夜が明けると慎二は、小さな鉢植えの花が咲いることに気づき、美香と目を見合わせるのでした。



映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

詩集を映画化したという作品。詩集のイメージから翻案していった作品という事で、ストーリーはオリジナルに近いのではと思いました。舞台は東京。東京自体が映画化されたという雰囲気もあります。夜の渋谷や新宿の街に繰り広げられる若者たちの恋愛と悩みが描かれていました。主人公の二人とも、心になにがしか傷を持ちながら、日々を暮らしていました。二人とも孤独な生活で、常に周囲に死を感じています。美香は仕事柄ということもありますが、母の死が心に付きまとい、自分と重ね合わせているようでした。

ストリートミュージシャンの野嵜好美がいいですね。がんばーれーというのがやたら耳に残りますが、二人への応援歌のようで、これは石井監督自らの作詞との事でした。二人が恋人同士になると、アドトラックが出てきて祝福しているようでした。二人の仲は、最初は何となく付き合い始めた感じが、徐々に進展していく様子がとても良かったと思います。石橋静河が不思議な魅力を出していました。決して可愛い雰囲気ではなく、むしろ生活感があるくらいなのですが、惹きつけるようなオーラがありました。

閉ざしていた心から解放されたりとか、後ろ向きの態度から抜け出したりするという変化の瞬間をとらえた映画なのかもしれません。それが、この映画では二人の出会いであり、死に捉えられた二人がお互いを大事に思える瞬間が、少しづつ多くなっていつも相手のことを想うようになるもの。いままで斜めに見ていて気付かなかった美しさが、小さな花が咲いたのに突然気づくように、世界が変わっていきました。そして、東京はそんな人々がいつも希望と出会いを求めて生きていく町。象徴的ないい作品であったと思います。

2021.2.17 HCMC自宅にてGayo!よりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR