FC2ブログ

「裸のキッス」 西部劇のような展開を思わせるサスペンス

サミュエル・フラー監督については、この映画を見るまで知らなかったのですが、内容が面白そうなので見てみました。1964年の映画になります。最近、久しぶりにGyao!を中心に見ていますが、こういった興味深い映画が増えたような感じがしています。
原題:The Naked Kiss (1964)

あらすじ
娼婦ケリー(コンスタンス・タワーズ)は、自分の髪をそり落としたうえ、ピンハネしていた売春の元締めを殴り倒して立ち去りました。そして、髪が元の長さに戻った頃、グラントビルという小さな町にやってきます。そして昔の商売をしようとしていたケリーは、刑事のグライフ(アンソニー・ビスリー)に声をかけられ、自分の管轄内では困ると、管轄外にあるキャンディの店を紹介されました。しかし、ケリーは障害児施設の記事を見て更生を考え、施設で看護師として働き始めます。ある日、町の有力者で富豪のグラント(マイケル・ダンテ)のパーティに招かれたケリーは、グラントに見初められ、やがてプロポーズされます。ケリーは売春婦だったことをグラントに告白しますが、グラントは過去は気にしないと言うので、ケリーは承諾しました。

結婚式を控え、グラントの屋敷を訪れたケリーは、少女が屋敷を出て行くところを目撃。そこにいたグラント見て、ケリーは彼が小児性愛者であることを知ります。見とがめられたグラントは、自分のパートナーは元娼婦が適役だと話し、ケリーは思わずグラントを撲殺してしまいます。逮捕されたケリーはグライフに釈明しますが元娼婦の言葉は信じてもらえず、窮地に陥ります。ところが、留置場の外で、あの時屋敷を出ていった少女を見つけ、グライフも証言を聞くうちに、ケリーが信用のおける人物と判りはじめ、ついに少女を探し出し、一連の子供がいたずらされた事件も、グラントの犯行だったことが判明します。ケリーは釈放され、功労者として町の人々も態度を一変させますが、その偽善的な様子に冷たい目を向けると、一人グラントビルの町を後にするのでした。



裸のキッス

サミュエル・フラー監督の映画、初めて見ます。とにかく、「映画は戦場だ!」というコメントが残されているように、熱い監督さんのようです。いいですね。さて、いきなりちょっと驚くような激しい場面でスタート。ヒロインのケリーが、売春の仲介役をボコボコにしていました。それだけであればありそうな映像なんですが、その映像がいわゆる主観映像みたいな感じで、音楽が濃いので迫力満点です。そして、ストーリーはテンポよく進むというほどでは無いのですが、役者のアップが多く、かつ濃厚な音楽で味付けされ、かなり特徴的な雰囲気で進んで行きました。

最後まで見て思ったのは、これって女性版の西部劇みたいな構造になっているということ。どこかから流れてきた元娼婦の女性が、刑事(保安官)と駆け引きしながら、町の女性が悪の道に入るのを防ぎ、女性の悪役(キャンディ)と決闘し、ついには町の顔役の巨悪を発見。殺してしまって逮捕されますが、困難を乗り越え無事放免されて、どこかの街に向けて去っていく…。流れ者のガンマンが、元娼婦に変わったという、典型的な西部劇展開を見せていると思います。そのヒロインのコンスタンス・タワーズが素晴らしいです。特に、あの子供たちに歌う歌声が素晴らしい。(本人ですよね、きっと)

その子供たちに歌う青い鳥で始まる歌が大変感動的でした。歌の内容もそうですが、黒人やネイティブアメリカンの子供たちが、均等に混じって、同列に参加しています。今でこそ当たり前で、むしろ要求されていることですが、この時代には珍しいのではないでしょうか。これも、フラー監督の特徴だと思います。人種問題に限らず、いろいろな社会問題を織り込んでいった先駆者でしょう。そして、アメリカの製作会社と決別し、ヨーロッパに拠点を移してしまいました。ちょっといろんな作品を見てみたいですね。一つ新しい課題が増えた感じです。

2021.2.12 HCMC自宅にてGayo!よりのパソコン鑑賞
スポンサーサイト



テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

torrent13

Author:torrent13
映画は見たり見なかったりの時を過ごしてきましたが、現状ベトナム在住で、時間があるので、主にネットで見ています。昔はSF映画と、ミニシアターが好きでしたが、その後は西部劇、そして、最近では邦画や古いハリウッド映画などにも見る範囲を広げてきました。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR